2012年07月

えびな市民まつりでトライアングルキャラ交流(神奈川県)

2012年7月22日、海老名運動公園(神奈川県海老名市)にて夏の恒例行事「えびな市民まつり」が盛大に開催され、多くの市民で会場はごった返した。
 
1-IMG_3998-001

なかでも2011年から「トライアングル交流」を行なっている海老名市・宮城県白石市・北海道登別市からはそれぞれのご当地キャラ【えび〜にゃ】、【ポチ武者こじゅーろう】、【登夢くん】が登場。開会式の他、昼の部のハイライト「市民パレード」などで愛嬌を振りまいた。

1-IMG_4086

各キャラとも子供たちに大人気だったが、市民まつりの案内には「えび〜にゃも会場を盛り上げます」、白石市・登別市に関するイベントは「白石・登別の物産」とだけ記載。ポチ武者こじゅーろう、登夢くんの登場は当日会場でしか知ることができなかったのは残念。白石市ブースには「白石戦國武将隊 奥州片倉組」も登場したが、こちらは片倉組の公式ブログで登場がアナウンスされていたこともあり会場には市外からファンも多く駆けつけた。

次回もキャラクターの登場があるのなら是非事前の告知がほしいところ。市外からもゆるキャラファンの来場が見込めるだろう。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 波多野 仁
続きを読む

渋谷区がPRキャラクターを募集!採用者には100万円!きゃりーぱみゅぱみゅも選考に参加

26

東京都渋谷区は、区政施行80周年を記念して、2012年9月28日までPRキャラクターのデザインを募集しています。

応募は1人1点で区外在住者も応募が可能。誰からも親しまれ、愛着を持たれるデザインであり、着ぐるみ等の立体化した製品にも活用できるものが条件。

報道によると、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ氏、クリエイティブディレクターの箭内道彦氏、よしもとクリエイティブ・エージェンシー PRプロデューサーの永谷亜矢子氏らも選考に参加するという。

採用作品には賞金として100万円が支払われる。

詳細はこちら

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 後藤 卓也
続きを読む

わんこそばを全国に広めるぜ!「わんこきょうだい」がブーム!?(岩手県)

キャラ-そばっち

岩手県の名物と言えば「わんこそば」ですが、その「わんこそば」をモチーフにしたご当地キャラがあるのを知っていますか!?その名も、【わんこきょうだい】。

メインキャラクターは「わんこそば」と、生産量日本一を誇る漆を使った、岩手の「漆器」をかけあわせた「そばっち」。また、県内を5つのエリアに分け、それぞれのエリアを代表する食材を盛り付けたキャラクター「こくっち」「とふっち」「おもっち」「うにっち」の、全部で5人兄弟。

わんこきょうだい


NTTDocomoのiコンシェルサービス「ご当地マチキャラパスポート」のご当地マチキャラとしても【わんこきょうだい】が登場。岩手県を訪れると、「マチキャラ」としてダウンロードでき、岩手県の観光をサポートしてくれるという、とっても便利(!?)なキャラクターなのです。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 後藤 卓也
続きを読む

ゆるキャラまつりin彦根、今年は10月20・21日に開催!

20

ご当地キャラファンにはお馴染みの「ゆるキャラさみっと in 彦根」。

ひこにゃんのお膝元、滋賀県彦根市に多くのご当地キャラが集まり、楽しいイベントが毎年開催されています。

今年は、10月20日(土)、21日(日)の2日間。時間は午前9時〜午後3時までです。彦根市内中心地で行われます。 

昨年のゆるキャラさみっとでの経済効果は4億円以上、過去最高の78,000人が来場したので、今年はさらに盛り上がることが予想されます。

全国ご当地キャラニュース編集部でも、現地取材を行いますのでお楽しみに!

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 後藤 卓也
続きを読む

「ゆるキャラ後進県」の現状(静岡県)

「ゆるキャラ」もご当地キャラなどを示す言葉としてすっかり定着し、今やかわいいだけ・ゆるいだけでは埋もれてしまうということでいろいろな特徴をもたせたキャラクターが増えている。得意技を特訓したりダンスチームを組んだり、はたまたちょっとスキャンダラスな話題を演出して目立つキャラ… そんな「ゆるキャラ戦国時代」にある現在、はるかに遅れを取っている地域もまだまだ多い。

IMG_8367-001

富士宮市制70周年を記念して4月29日に誕生した【さくやちゃん】。6月2・3日に富士山本宮浅間大社で開催されたイベントに登場したのはいいのだが子供たちには殴られたり蹴られたり。子供たちには「キャラクター」としてみられていない、ふわふわ遊具やパンチボールと同様の扱いを受けていた。幸いにも足跡はすぐに落とすことはできた。もっともっとイベントや啓発活動に出してキャラクターの周知を徹底させればこういったことも起こることはなくなるだろうが…

IMG_4645-001

駿東郡小山町の【金太郎】。5月3日の「金太郎春まつり」に登場したのだが、メインのイベントがわんぱく相撲ということもあって記念撮影をするよりも相撲の練習相手に。挙句の果てには背中のファスナーに手をかける子まで。金太郎が昔ばなしのキャラクターそのままで神奈川県南足柄市の【よいしょの金太郎】や兵庫県川西市の【きんたくん】のように「ゆるキャラ」化していないということなのだろうか。子供たちにとっては「大人が金太郎の着ぐるみを着て遊んでくれている」という認識なのだろう。

IMG_9629-001

そんな静岡県でも西部地区に入ると状況は好転する。袋井市の【フッピー】市内のあらゆるところにフッピーのイラストが使われ、市民にもすっかり人気が定着。5月19日に開催された「B級グルメスタジアムinエコパ」会場に登場すると遠くから「フッピー!」と名前を呼んで駆け寄る子供がいっぱい。蹴ったりする子などもちろんいない。市役所売店で販売されているフッピーぬいぐるみも非常によい売れ行きで2回目の増産を行ったという。市では著作権や商品化に関するセミナーを受講するなど努力を惜しまない。

他にも西部地区では【出世大名家康くん】や【ハンバーグマのグーグー】、【えこまいくまー】など活発に活躍しているキャラが多く静岡におけるゆるキャラシーンは「西高東低」といったところか。今回静岡での具体例を紹介したが他の自治体でも起こりうること。キャラクターを作ったのならやはり親しまれるキャラであって欲しい。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 波多野 仁
続きを読む

コスプレもご当地キャラもローカルヒーローも!モリコロパークがキャラで溢れる(愛知県)

2012年6月3日、愛・地球博記念公園地球市民交流センター(愛知県長久手市)にて「キャラクターフェスティバルinモリコロパークvol.1」(まにあ道主催)が開催され、アニメやゲームなどのコスプレ、ご当地キャラ、ローカルヒーローが集結する大イベントとなった。

IMG_0132

集まったご当地キャラは【あさぴー】(尾張旭市)、【うながっぱ】(多治見市)、【せとくん】【こまちゃん】(瀬戸市・せと狛犬プロジェクト)、【せとちゃん】(瀬戸市)、【ねぎっちょ】(岐南町)、【はち丸】(名古屋市)、【ハンバーグマのグーグー】(静岡県・食べよう!ハンバーグの会)、【藤花ちゃん】(江南市)、【バラんまる】(可児市)、【ふなやん】(京都府伊根町)、【みかわ丸(みーちゃん)】(福岡市・るみすと)、【いちみん】(一宮市)、【いなっピー】(稲沢市)、【シロモチくん】【ゴーちゃん】(三重県津市)、【とっくりとっくん】(土岐市)、【あいさつ地蔵】(名古屋市・日本あいさつ検定協会)、【ぎせつ丸】(岐阜市・岐雪宅配サービス)、【窯之助】(瑞浪市)、【たけちゃん】【はなちゃん】(羽島市)、【獣兵衛】(千葉)。

また、ローカルヒーローは【相双神旗ディネード】(福島県相双地方)、【カスガイガー】(春日井市)、【森羅特捜シュラバスター】(尾張旭市)、【竜宮戦士竜斗】(武豊町)、【ツヨインジャー】(三重県津市)。

IMG_8823

ステージでは各キャラクターのPRステージの他、「相双神旗ディネード」上映会も開かれ、東日本大震災の被災地で頑張るヒーローの姿に釘付けとなった。

IMG_9240

また、コスプレとご当地キャラの融合イベントということでご当地キャラまでコスプレに挑戦!津市のゴーちゃんは「魔女の宅急便」のキキにすっかりなりきって会場を賑やかせた。

IMG_9539

一般のコスプレイヤーとご当地キャラが一緒に記念撮影しあったり、人気アニメのコスプレに来場した家族連れも一緒になって記念撮影するなどほのぼのとした一日となった。
まにあ道では今後も年1回のペースでこの規模のイベントを開催していく予定とのことで早くも次回開催が待ち遠しいところだ。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 波多野 仁
続きを読む
スポンサードリンク
follow me
feedly RSS twitter mixi
全国ご当地キャラニュースとは?
日本各地に点在する「ご当地キャラ」「ゆるキャラ(R)」「ローカルヒーロー」を愛情たっぷりに紹介する日本初のご当地キャラ専門ニュースサイト。情報提供はこちらまで。記者も募集中運営者情報

外部コンテンツ
YouTube動画
キャラクターイベントカレンダー
全国ご当地キャラマップ
ニュース配信先
livedoorニュース
マピオンニュース
Googleニュース
Bloglinesで閲読登録 ADD TO Hatena::RSS
Subscribe with livedoor Reader Add to Google
ニュース配信協力:メディア・エージェンシー有限責任事業組合
スポンサードリンク

キャラクター関係者の皆様へ

スポンサードリンク
トラベルメディア「Traicy」最新記事
ローカルeye47 最新記事
メディア掲載履歴
BB Watchに紹介されました(2009/10/16)
ポッドキャストジャーナルに紹介されました(2009/10/17)
遊都総研に紹介されました(2009/10/19)
JFN系FMラジオflowersに出演しました(2010/3/22)
日本列島ズラリ!ご当地キャラ大集合!!(笠倉出版社)に掲載されました(2010/5/1)
国際時事新聞で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/3)
ガジェット通信で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/16)

twinavi_banner_200_90
twinavi
に掲載されました。(2010/9/28)