スギッチ_small

2004年秋田わか杉国体・わか杉大会のマスコットとして誕生した【スギッチ】は、秋田杉と国体選手がてっぺんを目指す矢印がモチーフ。元気、本気、根気の三つの気=木を意味する三段重ねのデザインです。

ここに載せているのは、着ぐるみの写真ですが、マスコットデザインには基本パターンの他に160ものパターンがあるそうです。さすが本気と根気のスギッチです。

2006年にはTVチャンピオンの「ゆるキャラ選手権」で、優勝したという経歴の持ち主。

2007年に秋田わか杉国体、わか杉大会が終わった後、県民からの強い要望により、「県のマスコット」としてなんと秋田県職員として採用され、情報公開センターに勤務。県民の元気を応援するという大切な仕事をしているそうです。

任期は『人気が続く限り』という成果主義のようですが、2008年にはなんと主任に昇任。現在は、県民を応援するだけでなく、全国各地で秋田をPRするために働いているそうです。