画像suica

今回、首都圏や、新潟、仙台など、計30駅で発売された、記念「Suica」カード。前回前々回の記事にアクセスが集中したことからも、注目の高さが伺えます。
 
各情報を総合すると、今回は、割り当て枚数が前回より増えた、浦和と錦糸町が穴場となったようです。また、上野や東京など、山手線沿線が、前回より発行枚数が減少したことを受け、販売枚数が減ったことから、買えない人がいたとのことです。

一方、混雑が見込まれていた、高崎は、避ける人が多かったことからか、並ばずに買えたという情報もあります。

筆者はというと、油断していたら寝坊してしまい、最寄の上野駅に到着したのが8時半。東京駅に行くか悩みましたが、上野駅で並ぶことにしました。9時40分頃にGETし、2回目に並んでいたところ、途中で完売。東京駅に行ってみましたが、10時半頃には完売してしまい、結局3枚しか買えませんでした。東京駅に並んだ友人も、3枚しか買えなかったとのことで、都心駅で2回買えた人は、徹夜や始発到着したごく一部の人だけのようです。

de8mile-img396x242-1268421257kdgaap21981
手に入れてみると、キャラクターの数が、最初の記事で4体とお伝えしていたのですが、実は5体だったということが判明しました。SUGOCAのキャラクター、カエルくんの上に、時計くんがいたのです。

ちなみに、カエルくんと時計くんは、プレイステーションソフト「パラッパラッパー」のキャラクターの生みの親、ロドニー・A・グリーンブラット氏がデザインしたんだそうです。 
 
mixiなどでは、手に入れたSuicaと、各地で発売されたSUGOCAや、はやかけんとの交換も盛んに行われているようです。余分に手に入れたSuicaがある人は、参加してみてはいかが?

【関連情報】「Suica・SUGOCA・nimoca・はやかけん電子マネー相互利用記念カード」がスゴイ!
【関連情報】明日発売!「Suica・SUGOCA・nimoca・はやかけん電子マネー相互利用記念Suica」はここが穴場だ!

Text by 後藤 卓也