NEC_0043_20100308172303

ご当地キャラに対する愛情表現には色々な方法がありますが、この方の場合は卓越した折り紙の技術を用いています。折り紙むすび丸の誕生です。

折り紙を使って愛情たっぷりに【むすび丸】を表現しているのは、どりままさん。30代で激しく「折り紙」に目覚めた2児の母だそうです。どりままさんは自身のブログで折り紙むすび丸の作り方を公開してらっしゃいますので、紹介します。


NEC_0005_20100222171431
はて、これが本当にむすび丸?


NEC_0011_20100222171806
お! 口が見えてきました。


NEC_0017_20100222171917
これは角の部分。


NEC_0020
わーすごい! 折り紙むすび丸のできあがり!


思わず筆者は「似てる!」と声をあげてしまいました。これはすごい! どりままさんは他にも色んなむすび丸の折り紙を作っていらっしゃいます。

musubi_sports



NEC_0066

左がスポーツバージョン、右がどりままさんが作った折り紙+楽天バージョンのむすび丸


NEC_0072

むすび丸だけで野球チームも作れてしまいそうです。

いったいどうして、どりままさんはむすび丸の折り紙を作るようになったのか? 直接聞いてみました。
私が「むすび丸」を折り紙で作ろうと思ったきっかけは
やはり「宮城が好きだから」でしょうか。
 
仙台はとても良い土地です。
地元を愛するがゆえに、ご当地キャラにも愛着が湧きます。
 
全国の方が私のブログを見て、少しでも「宮城」に興味を持ってくれたら
とても嬉しいので地元キャラを折ってみようと始めました
それに「むすび丸」ってなかなか愛嬌があってかわいいでしょう?
彦根のひこにゃんには及ばずとも(笑)
 
自分のブログが「地元色」になっていくのもなかなか楽しいものですよ。
創作は「テーマ」があると燃えます
私の創作テーマに「地元」というジャンルがあるんです。
これからもどんどん折っていくつもりです
地元「宮城」への愛が、どりままさんの創作意欲の源泉にあるという事だったのです。地元愛がご当地キャラクターに向かったのは、ごく自然な流れだと思います。

どりままさんは他にも様々な作品を発表自身のブログで発表されています。むすび丸の折り方も、もっと詳しく丁寧に解説されています。ぜひアクセスして見て下さい。


【関連情報】ゆるゆる日記 ★おりがみでHappy Life★(どりままさんのBlog)
【関連情報】むすび丸の折り方


Text by 内田 勉