http://www.london2012.com/mascots

2012年開催のロンドンオリンピックのマスコットが発表され、「かわいくない」と話題になっているようです。なんともかわいそうな紹介のされかたですね。一体、どのようなキャラクターなのでしょうか?

今回発表になったのはロンドンオリンピックのキャラクター【ウェンロック】とパラリンピックのキャラクター【マンデビル】です。

時事通信(2010年5月20日付)によると、
ともに目が一つで、カメラの役割を果たし、頭にはロンドン名物のタクシー(ブラックキャブ)の黄色のライトが付いている。
五輪スタジアム建設に使われた鉄骨のしずくから、定年退職した作業員が孫のために作ったというストーリー設定。英国の地名にちなみ、19世紀に近代五輪の先駆けとなった大会が開かれたマッチウェンロックと、最初の身体障害者国際競技会が開かれたストークマンデビルから名付けた
と、なかなか凝った設定です。そして「かわいくない」との評を伝えているのは毎日新聞(2010年5月20日)です。
見出し:ロンドン五輪:マスコット発表…「かわいくない」の評も
本文(一部):目がカメラのため一つだけの現代的な姿を、英メディアは「かわいらしさがない」などと伝えている。
という事なのですが、実はこの記事、共同通信が配信した記事を元にしていて、見出しは毎日新聞がつけたものです。共同通信の見出しは、
五輪マスコットは目が一つ ロンドン、現代的なデザイン
とストレートニュース扱いだったのです。TV朝日も毎日同様に、
ロンドン五輪のマスコット発表 「可愛くない」とも
と、こちらはCNNの映像を使いながら、やはり「可愛くない」を強調した見出しになっています。可愛くないと話題になって最終的に人気に火がついたせんとくんの例もありますが、ここまでくると、ちょっとかわいそうな気も……。

試しにロンドンオリンピックのサイトに行ってみると、マスコットのためのページが作られています。さらにオリジナルムービーもふんだんにあるではありませんか! そこで今回は、キャラクターが生まれるまでの様子を描いたムービーを紹介します。このムービーをみると、「ウェンロック」と「マンデビル」が好きになると思いますよ!

http://www.youtube.com/user/london2012
http://www.youtube.com/user/london2012


【関連情報】ロンドン五輪マスコットのページ

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています!
Text by 内田 勉