2010年6月5日(土)〜7月11日(日)の期間、静岡県浜松市博物館において、テーマ展「はまきゃら・博〜はままつの公共のきゃらくたー達〜」が開催されました。

IMG_2977IMG_2998


浜松市博物館のイメージキャラクター【シジ丸】と【ナウミン】が昨年度に誕生したのを契機に、浜松市周辺の「公共のキャラクター」を中心とした展示が行われました。

IMG_2989


浜松市博物館のイメージキャラクターの一次選考を通過した作品も展示されていて、そのレベルの高さに感心させられます。

IMG_3029


テーマ展の期間のうち、最後の2日間となる7月10日(土)、11日(日)は、「きゃらと探検ミュージアム」という企画が行われました。

IMG_3080


キャラクターたちが出す様々な問題を、蜆塚遺跡や博物館に答えを探して歩くようになっており、楽しみながら自然と勉強になる内容で、小学生くらいの子どもたちから、家族連れ、大人のグループまで楽しめる仕組みとなっていました。

IMG_3078


謎を解きゴールすると、「シジ丸」と「ナウミン」のシールのプレゼントのほか、キャラクターと記念撮影ができ、プリントアウトされた写真もプレゼントもありました。

IMG_3064


このキャラクターとの記念撮影には、「シジ丸」と「ナウミン」のパネルのほか、はままつ福市長の「ウナギイヌ」、浜松モザイカルチャー世界博2009のキャラクター【モザイ】、食べよう!!ハンバーグの会の会長【ハンバーグマのグーグー】の3人が登場。

IMG_3070


参加の皆さんはキャラクターに囲まれての記念撮影を満喫されていました。
記念撮影の合間の時間には、「ウナギイヌ」、「モザイ」、「グーグー」の3人は、博物館の中をお散歩します。

IMG_3002

学芸員さんたちは、「モザイ」の指揮棒が展示物を破壊しないよう、細心の注意を払って誘導していました。
ご当地キャラクターが登場するイベントが少ないといわれる静岡県ですが、今後もこのようなイベントが企画されることを期待したいですね。

※編集部より:ご当地情報員の鳴瀬潤さん初の投稿記事です。今回のイベントは波多野仁さんからも、ほぼ同時に記事が届きました。後ほど公開しますのであわせてご覧下さい

【関連記事】静岡は「ゆるキャラ不毛地帯」じゃない!(静岡県)

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています! Twitterでもつぶやき中!

Text by 鳴瀬 潤