http://www.ryoutan.co.jp/news/2010/09/01/002609.html

今日は楽しい写真記事を2つ紹介します。

1つ目は、たんぼアートになった【まゆまろ】。両丹日日新聞(2010年9月1日付)が伝えています。地元の山登り愛好者でつくる居母山クラブ(飯尾恒洋会長)が古代米など5色の稲を植えて作ったそうです。
まゆまろの着物を赤米と白米、帯とぞうりの鼻緒を黒米、足袋を白米などで色分けした。今年は盆過ぎから色付き始め、同クラブが高台の地元公民館に据え付けた貨車(展望台)からよく見える。

9月初めから中旬にかけてが、一番の見ごろだそうです。



http://www.asahi.com/national/update/0828/OSK201008280100.html

2つ目は砂像になった【せんとくん】。こちらは朝日新聞(2010年8月29日付)が伝えました。

こちらはなんと、インド東部プリーの海岸に作られたそうです。制作を依頼したのはNPO法人インド日本友の会(奈良県大和郡山市)だそうで、顔はどことなくインド人風だとか。せんとくん、ついに国境を越えましたね。

どちらの記事も写真がメインなので、リンク先の記事をぜひ見てみて下さい。



全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉