P1040626_ひこにゃん立ってる
旅フェアでファンに囲まれる、ひこにゃん(2010年5月30日撮影)


インターネットが普及する前、スターの情報を手に入れるのに一番確実な方法が芸能雑誌。その次が、ファンクラブに入る事でした。現在では携帯サイトやブログがファンクラブの代わりになっている事も多いと思いますが、昔はちょっとしたスターなら誰でもファンクラブを持っていて当たり前、という時代がありました。

そして現在。そんじょそこらのアイドル以上に人気があるキャラクター【ひこにゃん】にファンクラブができるそうです。しかも、実にうまい運営方法を考えているようなのです。

tm_img06

滋賀県彦根市は2010年10月をメドに、ひこにゃんのファンクラブを発足させます。会員には会員証の発行や会員限定グッズなどの特典があるそうです。

どうやって入会するかというと、2008年10月から彦根市で開始した「ふるさと納税」の「みんなのひこにゃん応援事業」に5000円以上寄付した人が対象になるという事です。過去に寄付した人も対象になります。彦根市に住んでいない人も、5000円以上寄付すればもちろん会員になる事ができます。

ふるさと納税制度というのは、正確には「納税」ではなく各自治体への「寄付」なのですが、寄付した金額とほぼ同じ額が個人の所得税から控除されます。今回のひこにゃんファンクラブでは、ファンクラブの会員になると税金が安くなるという、ファンにとって嬉しい仕組みといえるのではないでしょうか。この仕組みを考えた関係者の方々に脱帽です。


【関連情報】ひこにゃん公式サイト



全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉