2011年1月8日〜10日の期間、大森山ゆうえんち『アニパ』の【エクル隊長】が特別に大森山動物園『ミルヴェ』入園者へお年玉をくれちゃうそうです。


02
<この日は寒かったのですが、元気に登場してました>

1月8日から土日祝日限定で『雪の動物園』としてオープンスタートしている秋田市内にある大森山動物園『ミルヴェ』。そのミルヴェに併設されているのがエクル隊長がいる大森山ゆうえんち『アニパ』なのですが、残念ながら冬期間は営業を休止しています。

普段ならこの期間エクル隊長には中々会うことはできないのですが、今期は8日〜10日の三日間だけ実施される、アニパの乗り物券が当たる『エクルからのお年玉抽選会』のイベントに登場しているのです。


03
<お相撲をとろうとしてるわけじゃないですよ?これから抽選会がスタートです>

0405
<箱の中から一桁の数字が書かれたボールを一つずつとって、当選番号を決定!>

写真の様に、当選番号を決めるプレゼンテーターとして登場したエクル隊長。
大きな体を一生懸命かがませながらボールをつかんでいました。この日は初日ということもあって、1等(3,000円券/実質3,600円分ののりもの券)〜4等(300円券/同額面ののりもの券)・参加賞(アニパオリジナルステッカー)のほか、総額5,000円ののりもの券(実質5,900円)がゲットできる『エクル賞』も登場。
総額5,000円ののりもの券とは、さすがエクルの名を冠しただけあって太っ腹ですね!

9日10日は1等〜4等・参加賞のみとなりますが、これをゲットできれば春のアニパ開園が益々待ち遠しくなること請け合いです。是非皆さん、チャレンジして見てください。

抽選番号が書かれた券の配布は、ミルヴェの開園(10時〜)と共に入場ゲートで配布されるとのこと。先着100名様限定なのですが、記者が取材した8日はものの15分ほどで配り終わっていました。


01
<アニパのスタッフさんが手渡しで抽選券を渡していました>

抽選は、ミルヴェ入場ゲートを入って左手にある『アニパショップ・にごうてん』店内で11時から行われ、各賞品との引換えはその日1日限り(ミルヴェが閉園する15時まで)ということなので、チャレンジする方はお気をつけくださいね。

06
<ちなみに、イラスト版エクルはこんな感じです>

■エクルからのお年玉抽選会!
のりもの券が合計130名様に当たる!■


<先着100名様、3日合計300名様に動物園ゲートにて抽選券を配布し11時より、エクルによる抽選会を行います。>

・1等/3000円券2名様×3日(計6名様)
・2等/2000円券4名様×3日(計12名様)
・3等/1000円券7名様×3日(計21名様)
・4等/300円券30名様×3日(計90名様)

※当選者には当選金額分ののりもの券をプレゼント
※初日のみエクル賞有/3000円券+2000円券(1名様)
※当選者以外の方には参加賞有/アニパオリジナルステッカー(3日間合計170名様)

※記事中ののりもの券の表現を一部分かりやすく訂正いたしました。ご迷惑をお掛けし申し訳ありません。(1月9日10:30)

【関連記事】ミルヴェの『さよなら感謝祭』にエクルも参列(秋田県)
【関連記事】あの【エクル隊長】の秘蔵映像「エクルダンス」を公開!(秋田県)
【関連記事】エクル隊長&ニャッパゲ握手撮影会(秋田県)
【関連記事】トボけたオスライオン『エクル』って?(秋田県)

【関連情報】大森山ゆうえんちアニパ


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by 北島 要子