今月最終回を迎える予定の、NHK総合テレビで放送されている連続テレビ小説『てっぱん(第83シリーズ)』。

前作『ゲゲゲの女房』から一転、恋愛や複雑な人間関係が描かれる現代ドラマなのですが、こちらのOPになんとあの【つゆヤキソバン】が登場していました。登場したのは、2011年3月5日放送の第133回のOP。

tuyu01
<つゆヤキソバンのツイッターより>

同テレビ小説では「てっぱんダンス」というのがあり、そちらのダンスを踊っているビデオを一般公募しOPムービーの一部として流しているのですが、どうやらそれに応募をしたのだとか。早速、ご本人にお話をうかがってみました。

tuyu00
<永遠の18歳、ちょっとナルシストなつゆヤキソバンです>

−今回、「てっぱんダンス」に応募したきっかけは?−
インターネットでOPのてっぱんダンスを踊るチームを募集していたのがきっかけックス。黒石市をPRする良いチャンスと思ったのックス。

−練習にはどのくらい時間をかけましたか?−
1ヶ月ほどの猶予を得て本番に挑んだックスよ。中途半端に覚えて行うのでは不採用に成りかねなかったので、メンバーには本気で覚えてもらったックスよ。


tuyu02
<日本の道百選として有名な「こみせ通り」での撮影の様子だそうです

tuyu03
<こちらは、「かくじ広場」での撮影の様子だそうです

※ブログ「KUROISIXのKUROISIX 〜くろいし活性化への道〜」より
※黒石やきそば応援団ブラスト 団長はれぢ様より許可を得て転載しております


−国民的放送局のOPへ一瞬といえど登場したご感想は?−
2秒しかじゃなく、1つの目標を達成したことへの喜びの方が大きいックスよ。応募しなければきっと指をくわえてみていたことを考えると、2秒も採用されたのは嬉しいックス!チームKUROISIXのメンバーも今春卒業を迎えるので、最後の良いプレゼントにもなったと思うのックス!!

−今回に引き続き、目論んでいることがあればぜひ!−
つねに目論んでるックスよ!ゆるキャラ(R)サスペンス劇場(仮名)なんてどうックスか?昨年は紅白歌合戦へのチャンスを逃したので、今年は狙うックスよ!!でも、初心を忘れぬよう、黒石市へ1人でも多くの方が来てくれるような活動を心がけたいックス!!

野望は高く、しかし初心は忘れずに、というところですね。
さすがは『ふるさと☆戦隊 KUROISIX』のフロントマン。少しナルシストとはいいつつも、内面は熱く燃え盛っているようです。

記者も実際に登場していたOPを視聴しましたが、2秒とはいえあの端にどどーんと写っていた【つゆヤキソバン】の存在感は中々でした。

4月には福知山でイベントへ、5月は東北B-1グランプリinAOMORIへ、10月には全国B-1グランプリin姫路へと多忙の【つゆヤキソバン】ですが、10月に黒石市で開催される『全国やきそばサミット』に先立ち、8月には、「エッチャホー、エッチャホー」の掛け声で有名な「黒石よされ」に【つゆヤキソバン】を筆頭として他のゆるキャラ(R)たちも参加する予定なのだとか。こちらは一般参加者も募集しているそうですよ。

今後も目が離せない【つゆヤキソバン】ですが、記者も今後の野望として、一度彼に「to you」という言葉とともに「つゆやきそば」を食べさせて欲しいことを挙げておきます。

※2011.3.11:文末の表現に一部紛らわしい部分がありましたので修正いたしました。

【関連記事】ゆるキャラさみっと in 羽生 〜イベント開始〜(埼玉県)
【関連情報】つゆヤキソバンon Twitter
【関連情報】KUROISIXのKUROISIX 〜くろいし活性化への道〜

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by 北島 要子