大阪・太子町の叡福寺で2011年4月11日と12日の2日間、聖徳太子の命日にちなんだ「大乗会式」が今年も行われた。そして、この大乗会式の12日には【たいしくん】も登場した。

taishikun_1
 
別名「太子まいり」と呼ばれて親しまれている大乗会式には毎年、遠方からもたくさんの参拝客が訪れることで知られる。たいしくんは、聖徳太子をモチーフにしたキャラクター。そして、叡福寺は、聖徳太子の墓を守護するために推古天皇によって建立され、奈良時代に聖武天皇が大伽藍を整備したと伝わる由緒あるお寺だ。


taishikun_2
 
たいしくんは、境内に並ぶ出店のまわりを歩きながら「がんばろう!東北・関東」と書かれた義援金の募金箱を首から下げ、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)で被災した人々のために募金活動を行った。


taishikun_3
 
また、毎年恒例の餅まきは今年は“餅配り”に。それでも大勢の参拝客が長い列を作る中、たいしくんも餅を配るのを最後まで手伝った。


taishikun_4
 
この日、叡福寺の桜も美しく咲き誇って満開。天気にも恵まれた日となった。なお、たいしくんは4月17日、叡福寺の横にある太子和みの広場で開かれる「たいし聖徳市」にも登場する予定だ。


taishikun_5
 
【関連情報】太子町ホームページ


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by Aki Shikama