最近、幅広い活躍ぶりで人気急上昇中の大阪・太子町の【たいしくん】。現在はこのほど新たに任命された「おおさか和菓子親善大使」として頑張る、とても忙しい毎日を送っている。

taishi_1

たいしくんは、大阪府内で生菓子を取り扱う大阪府生菓子協同組合の青年部「大阪生菓子青年クラブ」から、先の5月15日、大阪和菓子親善大使の任命を受けた。同クラブは今年2011年に生誕50周年を迎えるにあたり、大阪の和菓子を盛り上げるべく、たいしくんに白羽の矢を立てた格好だ。ちなみに、同クラブでは若い世代に和菓子を知ってもらうコンテスト「和菓子甲子園」を開催している。

taishi_2

そして、たいしくんは今、「和菓子甲子園」のたすきを掛け、いつものいもこねこではなく、昨年の和菓子甲子園で生まれたうさぎの形をしたおはぎ「うはぎ」をモチーフにしたマスコットと一緒に、大阪府内にある同クラブの加盟店を順番に回っている。


taishi_3

先日、東大阪市にある店舗「河内乃国菓房 白穂(しらほ)」を訪れた際、地元の若江保育園の年中・年長の園児ら30人あまりの歓迎を受けた。店のそばで園児らとジャンケン大会をし、勝ち残った園児にはたいしくんからのプレゼントもあって、集まった園児らもとても喜んでいた。


taishi_4

最後は、園児らの見送りもしつつ、店頭に立っておおさか和菓子親善大使の任務をしっかりこなしたたいしくん。5月からスタートしたたいしくんの和菓子店への訪問は、6月から7月にかけても続き、府内にある111店舗すべてを訪れる予定という。


【関連情報】 太子町ホームページ

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by Aki Shikama