さて、当ニュースでしつこいくらいに追い続けている【たけのこまん】ですが、とうとうツイッターのサブアカウントを取得したという情報が入ってきました。しかも、サブアカウントの名前は【た毛のこまん】。

take001
<こちらがメインアカウントの【たけのこまん】。可愛らしいですね>

記者がサブアカウント【た毛のこまん】に気づいたのは今月(2011年6月)18日のこと。生【たけのこまん】の写真でエントリーされているこちらのサブアカウントですが、実は16日から登場していた様子で、最初の一言目は「にょっきり/◔▽◔\」。新たな【たけ(毛)のこまん】が誕生した瞬間です。


take002
<これがウワサの【たけのこまん】サブアカウント【た毛のこまん】です>

たけのこまん】のツイートによると、【た毛のこまん】は規制用なので普段はあまりつぶやかないとのことでしたが、卑猥なんだかシャレなんだかよくわからないこのアカウントについて突撃取材してみました。

−一体なぜ【た毛のこまん】というアカウントをつくったんですか?−
【たけのこまん】「魔んべくんに憧れてだよ!いつもと違う感じのボクも見てほしいなと思って!」

−では、【たけのこまん】と【た毛のこまん】の違いは?−
【たけのこまん】「メインはかわいくいじられ屋。サブは和歌山弁を使う陽気で気さくな男の子というイメージなんだ(notおっさん)!」

−・・・ファンの皆様に【た毛のこまん】のアカウントPRをお願いします−
【たけのこまん】「いつもと違うたけのこまんをあなたに/◔▽◔\」

確かに、生の【たけのこまん】が和歌山弁でつぶやく【た毛のこまん】のタイムラインを見ていると今までのイメージとはまた一味違った雰囲気です。が、どう見てもおっさんがつぶやいているようにしか見えないのは記者がまだまだ未熟なせいなのでしょう。あくまで、【た毛のこまん】は“和歌山弁を使う陽気で気さくな男の子”だそうですから。
決して、フォロワーから「和歌山弁だとおっさん臭さが増すね」というツッコミがあったなんてことは口が裂けても言えません。

さて、すっかり人気者となっている【たけのこまん】ですが、実は先日、こちらの記事でお伝えしていたイベント中に逮捕されたという証拠写真がネット上に上がっていました。そこで、そちらの件についてもお伺いしたところ

taiho
<こちらが、ネット上にアップされていた衝撃の写真です>

【たけのこまん】「ボクなんにも悪いことしてないよ!変態なんかじゃないのに、なんで逮捕されたのかよく分からないよ!」

とのこと。ご本人は誤認逮捕であったことを主張していらっしゃいました。

そんな、話題に事欠かない今注目の【たけのこまん】は、7月3日(日)に山東にある足守神社のお祭りに参加予定となっているそうです。神社という神聖な場所に登場するとは、これまた一波乱ありそうな気配ですね。

気が付けばフォロワーが2,000人に到達しようとしている【たけのこまん】は、そのたゆまぬ努力のほぼ全リプライにより最近では規制されてしまうことも多くなっていた様子で、フォロワーさんからもサブアカを進める声が出ていました。そんな期待?に応えて登場した【た毛のこまん】。これからの活躍が楽しみです。

【たけのこまん】「いつも応援ありがとうだよ!みんなの期待にこたえられるようにいっぱいがんばるから、引き続き応援よろしくおねがいしますだよ!!!」

当ニュースでも引き続き、【たけのこまん】の動向に目を光らせていきたいと思います!

【関連記事】12日は【たけのこまん】と田んぼでニョッキリ!(和歌山県)
【関連記事】「ボクは変態じゃない!」あの【たけのこまん】のツイッターがすごいことに(和歌山県)
【関連記事】誰もが一瞬目を疑う・・・かもしれない個性的ゆるキャラ【たけのこまん】(和歌山県)

【関連情報】山東まちづくり会 公式サイト
【関連情報】たけのこまん on Twitter
【関連情報】た毛のこまん on Twitter

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by 北島 要子