大阪のご当地検定「なにわなんでも大阪検定」(大阪検定)の受験会場となった大阪府立大学に、ご当地キャラクターたちが集まった。東大阪・石切参道商店街の【いしきりん】、大阪・太子町の【たいしくん】、そして大阪・箕面市の【滝の道ゆずるくん】。

keitei_1
ご当地キャラたちは、試験と同時開催された「まるかじりフェア」の会場に登場。同フェアには大阪発のお菓子、地ビール、野菜などの“大阪名物”を取り扱う団体などが数多く出店した。


keitei_2
滝の道ゆずるくんは、本拠地の箕面市が大阪府北部に位置しているため、会場となった同大学のある大阪府南部に来るのは珍しい。ブースに並ぶ箕面の地ビールや地サイダーなどのご当地名物をしっかりPRしていた。


keitei_3
また、いしきりんは今回初めて大阪検定のポスターに登場。しかもこの日の3級の問題にも出題されたとあって、受験生らの知名度抜群。早速、試験を終えた受験生らがいしきりんのまわりに続々と集まる人気ぶりだった。


keitei_4
そして、たいしくんもブースをこまめに回ったり、子どもや若者たちと写真撮影に気軽に応じたり。朝から強い日差しが照りつけたこの日、しかもフェアの会場は野外だったため、ご当地キャラたちもスタッフも、普段よりさらにがんばっていた姿が印象的だった。


keitei_5


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by Aki Shikama