秋田のゆるキャラを代表する一キャラ、『にゃまはげ仮面 ニャッパゲ』。

000
<にゃまはげ仮面 ニャッパゲ 公式サイトより>
(C)
ネコヤナギ

一般的なキャラクター達が「キャラや設定ありき」でスタートしているものが多い中、「実在する猫ありき」で主要キャラクター陣を構成している『ニャッパゲ』は、正にご当地キャラのあるべき姿の一つといえるのではないでしょうか。

そんな、『ニャッパゲ』の世界観を彩る登場猫(動?)物達に、当ニュースではスポットを当ててみたいと思います。今回、記者が突撃したのは、秋田が誇る“いかさま手品師”ブラボー中谷氏宅の【タマボー】ちゃん。

00
<これがウワサの【タマボー】ちゃんです>
(C)
ネコヤナギ

作中では、毛足の長い風貌に隻眼というニヒルな雰囲気で表現されている【タマボー】ちゃんですが、実際はどうなのでしょうか?!

『ニャッパゲ』の作者であり、主人公【ニャジロウ(享年9才)】の飼い主でもあったやなぎはら ともみ先生と共にブラボー氏宅を訪れたのは、とある晴天の日。

ブラボー氏につれてこられた【タマボー】ちゃんは、モサモサの毛で覆われたネコちゃんでした。

02
<写真の方(人間)が、秋田の誇る“いかさま手品師”ブラボー中谷氏です>

ご機嫌を損ねるのではとビクビクしながら実際に触らせていただくと、ゴロゴロと喉をならして喜んでくれるではないですか。なんとフレンドリーな!

01
<とても人懐こい、フレンドリーな【タマボー】ちゃんに、記者も萌え萌え>

イラストからはクールな印象をうける【タマボー】ちゃんでしたが、実物は人なつこい甘えん坊のフレンドリーボーイだったようです。

訳ありでペットショップに引き取られたところを、縁あってブラボー氏に引き取られたという【タマボー】ちゃん。産まれつきの隻眼のせいか引き取り手が決まらなかったそうですが、見る限りは何一つ不自由そうなところは見えません。

ただ一つ不自由だとすれば、やはりこのモサモサ毛が夏場は暑すぎる、というところでしょうか。
とにかく【タマボー】ちゃん、毛が多いために毛玉が出来やすいのだそう。この日もモフモフとした手触りの中に時折、フェルトのような毛の固まりの感触がありました。

03
<こんな感じで、夏は毛刈り式?を行うのだそうです。刈った毛は、羊の毛よりもふわっふわでした>

あまり暑くなると、すっかり毛刈りされてまったくの別猫になってしまうという【タマボー】ちゃんですが、安心しきってゴロゴロとおなかを見せる様子は本当に可愛らしかったです。

現在7才の【タマボー】ちゃん。
今年は猛暑酷暑の夏と言われていますので夏バテが心配ですが、しっかり毛刈りをしてこれからも元気に長生きしてくださいね!

さて、今回おじゃましたブラボー氏と同行してくれたやなぎはら氏のご厚意で、当ニュース読者を対象に特別コラボサイン色紙を1名様限定でプレゼント致します。

shikishi
<世界にたった一枚しかない超激レアなコラボ色紙!一体どなたの手に?!>

応募の方法は、ご当地キャラニュースの情報提供フォーム題名に「ニャッパゲ特別コラボ色紙希望」、本文に住所、氏名を明記して応募して下さい。締め切りは2011年7月22日23時59分です。

次回のキャラクターは・・・まだ未定ですが、今後も、『ニャッパゲ』に登場するキャラクターにスポットを当てていきたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね!

【関連記事】今度は【ニャッパゲ】がせんべいに?!“なう部せんべい”に新バージョンが登場!(秋田県)
【関連記事】青森と秋田のゆるキャラ(R)パパママ対談が実現!(青森県)
【関連記事】ニャッパゲのモデル「ニャジロウ」が虹の橋へ(秋田県)

【関連情報】ニャッパゲ【公式】お尻フリフリで変身ニャ!
【関連情報】ブラボーだよ〜〜〜〜ん(ブラボー中谷氏公式サイト)

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by 北島 要子