東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市。

大津波の被害で、景勝地「高田松原」に一本だけ残った「高田の一本松」が復興のシンボルとしてニュースなどで注目されたことは記憶に新しい。

そんな復興を目指す陸前高田市で「夢☆キャラプロジェクト」が始動。

「夢☆キャラ」というのは、いわゆる「ゆるキャラ」のことですが、陸前高田市では「キラキラ輝く夢や希望を実現する子供達の応援団長」という位置付けで「夢☆キャラ」という呼び方をします。

「夢☆キャラ」は全国の応募の中から小中学生が選考し、子供達の成長と復興の過程と平行して「夢☆キャラ」も成長して行き、誕生から10年を経て完成形になるという「進化型ゆるキャラ」なのです。

この「夢☆キャラプロジェクト」の案内役してくれるのが【メテメテちゃん】。

メテメテちゃん

メテメテちゃんはプロジェクトの案内役なので、「夢☆キャラ」ではありません。

メテメテちゃんが地球に降り立ったのは1850年6月13日。この日は、江戸時代、陸前高田市の長圓寺前に落下した隕石(気仙隕石)に因んだもの。

陸前高田市の新しいキャラクター「夢☆キャラ」が誕生するまで、このメテメテちゃんが案内してくれます。

「夢☆キャラ」のデザインの応募期間は平成23年9月18日(日)〜11月17日(木)まで。「夢☆キャラ」の応募方法や応募作品に関する著作権の取り扱いなどの詳しい情報はこちら

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 佐々木 勇夫