10月1日の「乳がん検診の日」に合わせ、2011年9月30日、奈良・葛城市の【蓮花ちゃん】が、乳がん検診を啓発する『ピンクリボン運動』を行った。

pinkribon_1
ピンクリボンは、1980年代に米国で始まった世界的な乳がん啓発運動のシンボルマーク。乳がん検診の受診率は、欧米で70%を超えているものの、日本では30%未満にとどまっている。しかも、乳がんにかかる人は増加傾向にある一方、確実な予防法はないとされているが、早期発見・早期治療をすれば90%以上の人が治るともいわれている。

蓮花ちゃんは、以前から交流がある乳がんの闘病生活をブログにつづる「のんまま」さん宅で、市内の「菓子工房かくれんぼ」からプレゼントされたピンクリボンケーキをのんまな、のんちゃんと味わった。

pinkribon_2
その後、近鉄奈良駅前にある行基広場で「乳がんの早期発見のため乳がん検診を受けましょう」とチラシを配布。さらに10月は「乳がん早期発見強化月間」。蓮花ちゃんはこの運動を応援するため、10月はピンクのリボンで活動する。乳がん患者会「あけぼの奈良」から「応援いただき感謝しています」との声も寄せられている。
情報提供:葛城市役所


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by Aki Shikama