大阪で「和菓子親善大使」として活躍する太子町の【たいしくん】。2011年10月28日、大阪市にある老舗和菓子店の浪芳庵本店に登場した。

wagashi_1
1858年(安政5年)創業の浪芳庵。今回、本店が現在の場所に移転して丸2年を迎えたのを機に「感謝祭」を開くことになり、おおさか和菓子親善大使のたいしくんが駆けつけた。


wagashi_2
店にやってきたたいしくんは、人気商品「炙りみたらし」の実演からいきなり目が離せない様子。好きな食べ物で「スウィーツ」と公言するだけあって、やはり気になって仕方がないようだった。


wagashi_3
また、ほかにもどら焼きやサブレ、わらび餅など美味しそうな和菓子が店内にズラリと並んでいた。食欲をそそられながらも、店の和菓子をアピールする仕事を頑張るたいしくん。


wagashi_4
ちなみに今回、お店では、たいしくんと一緒に写真を撮って缶バッチを作るサービスを実施。早速、子どもたちが早速、缶バッチを作ってもらってとても喜んでいた。


wagashi_5
たいしくんは、翌29日もお店を訪れてお手伝い。店の外で囲炉裏を囲みながら炭火で焼き上がっていく餅をとても美味しそうに眺めていた。



全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by Aki Shikama