奈良・大淀町が、町制施行90周年を迎えたのを記念して2011年11月3日、大淀町文化会館にて、町のさらなる発展を誓い、町のマスコットキャラクター【よどりちゃん】を発表した。


oyodo_1

よどりちゃんは、町の特産品である「梨」をモチーフにデザイン。「おおよど」の「よど」に、梨の音読み「り」を組み合わせて名付けられた。町のホームページには「よどりのお部屋」もあり、プロフィールや登場スケジュール、日記も読むことができる。

そして早速、よどりちゃんの元に、県内から葛城市の【蓮花ちゃん】、奈良県の【せんとくん】、下市町の【ごんたくん】からメッセージ届き、とても喜んだ様子だったという。

ちなみに、せんとくんからのメッセージには「本日はみなさんにお披露目ということで、かわいくポーズを決めるんだよ!僕も早くよどりちゃんと遊びたいな!会えるのを楽しみにしているよ!」などと書かれていたとのこと。

oyodo_2

このせんとくんのメッセージを知ったのか、蓮花ちゃんのブログには「蓮花、ちょっと心配、せんとくんはみんなにやさしいはず」などと、よどりちゃんをちょっと“ライバル視”するような内容が書かれていた。

情報提供:葛城市役所

【関連情報】大淀町ホームページ

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by Aki Shikama