11月11日は「チーズの日」。奈良・葛城市で乳製品の生産販売を営む「ラッテ・たかまつ」の高松久仁子さんが、同市の華表保育園にモッツアレラチーズをプレゼント。園児164人が、給食でチーズライスとピザトーストを味わい、同市のマスコットキャラクター【蓮花ちゃん】も参加した。

cheese_1
この「チーズの日」は、朝廷が古代のチーズ「酥(そ)」の製造を命じたといわれる記録にちなみ、日本輸入チーズ普及協会とチーズ普及協議会が1992年に制定。高松さんは、地元産の味をもっと知ってもらいたいと、2006年から同園にチーズを贈る活動を行なっている。

cheese_2
この日、同園の5歳児26人がチーズを使ってピザトーストを作りに挑戦。チーズが“とろ〜り”と焼けた頃、蓮花ちゃんが登場した途端、園児らは「蓮花ちゃ〜ん!!!」と大はしゃぎ。園児の1人は「蓮花ちゃんと一緒にチーズを食べれてうれしかった。また来てほしい」ととても喜んでいた。


情報提供:葛城市役所


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by Aki Shikama