南の島『アイランド・オブ・アニパ(アニパ島)』の仲間たちの助けにより2008年にリニューアルオープンし、今年で五周年を迎える秋田市内にある大森山ゆうえんち『アニパ』。

併設先の大森山動物園(愛称:ミルヴェ)が2012年3月17日に通常開園をスタートしたのに続き、4月1日から通常開園をスタートさせていますが、今年の通常開園ではなんと五周年を記念したオリジナルアトラクションも登場しています。

ani-01
<こちらが完成したばかりの新アトラクションです>

秋田市内の小学生からの公募により命名された新アトラクションは、ライド型の『アニパ!水てっぽうのぼうけん隊』。

こちらは、最大二名が乗車できるライド四台に取り付けられた水鉄砲を使って、中央にある的を狙うというアトラクション。17日のミルヴェの通常開園に併せて関係者及びプレス関係へ向けた試乗が行なわれたので、早速記者も体験してきました!

ani-02-3
<新アトラクションには、アニパ島の仲間たちがいっぱい!>

一周が2分ほどという同アトラクションの中央部分は四面に区切られ、ちょっと仕掛けが施された的が複数配置され、我々が的に当てるのを楽しそうに見守るかのようにアニパ島の面々が描かれています。その周りを回る各ライドには二基の水鉄砲が取り付けられており、ボタンを押すごとに勢い良く水が飛び出す仕掛け。

ani-03-4
<的から外れると、アニパ島の仲間たちに当たっちゃうことも>

残念ながら的に当たっても点数は表示されませんが、的に取り付けられたベルが鳴ったり、回転した的が別の表情をのぞかせたりと、シンプルな分誰にでも楽しめる内容で対象年齢制限もナシ(ただし、小さいお子さんは親御さんと同乗してくださいね)。
実際に体験してみた感想としては、子どもも楽しいとは思うのですが、それ以上に大人が楽しめそうなアトラクションです。かくいう記者も、ついつい熱中してしまいあっという間の2分間でした。

ani-06
<ミルヴェの園長 小松氏も思わず童心に・・・?>

この日はアニパの隊長【エクル】の試乗はもちろん、アトラクションの命名者である地元小学校五年生のご家族のほか、併設先のミルヴェで園長を務める小松氏も試乗し、全国、いえいえ世界初となる『アニパ』のオリジナルアトラクションを楽しんでいました。

ani-08
<エクル隊長も「行ってきまーす」とやる気満々>

ani-07
<「えいっ!どうだっ!」と思わず熱が入っていたようでした>

暑さにうだる日々はもう目の前へと迫っていますが、このアトラクションで是非楽しく涼しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?そして、水鉄砲を楽しみながら、新アトラクションに登場しているアニパ島の仲間たちの名前当てにもチャレンジしてみてくださいね。

☆大森山ゆうえんちアニパ/平成24年度営業時間☆
期 間:4月1日〜12月2日
平 日:10:00〜16:30
土日祝:9:00〜16:30

公式サイト:
http://www.anipa.jp/index.html
※チケットの販売は16:15まで
※アトラクションはすべて300円均一
※他詳細については公式サイト(http://www.anipa.jp/index.html)参照