秋田県出身の人気モデル・佐々木希とのロッテフィッツガムでのCM出演、大人気声優であり紅白出場歌手の水樹奈々秋田公演ライブでの共演、大人気声優・茅原みのりとの交流など、有名人とのコラボレーションの多い、鹿角市観光イメージキャラクターの【たんぽ小町ちゃん】。
きりたんぽ発祥の地・秋田県鹿角市で生まれ、色白秋田美人でおしとやかな性格ながら、キレのあるダンスで大人気だ。

このたんぽ小町ちゃんの誕生日は、きりたんぽの形にちなんで、1並びの11月11日。
2012年11月11日(日)、鹿角観光ふるさと館あんとらあ(道の駅かづの)「2012きりたんぽ発祥まつり」にて、たんぽ小町ちゃんの誕生会が開催された。
きりたんぽ早食い大会、きりたんぽ手作り体験、各露店のきりたんぽ鍋の順位を決めるT-1グランプリなどが催され、晴天にも恵まれたおかげもあり、どの露店も長蛇の列。
秋田県の北東部、秋田県、青森県、岩手県の県境という立地にも関わらず、11日だけで来場者数10,000人と、地方のイベントでは大成功と言える入場者数であった。

このイベント内の誕生会に招かれたのは、たんぽ小町ちゃんと仲が良いという、秋田県秋田市の猫キャラ・にゃまはげ仮面ニャッパゲの【ニャジロウ】と、岩手県久慈市の北限の海女【アマリン】、そして地元保育園「わんぱくはうす」の子ども達だ。
たんぽ小町ちゃんの生まれた時間の11時11分になると、子ども達がたんぽ小町ちゃんのダンスと、バースデーソングをプレゼントをし、たんぽ小町ちゃん、ニャジロウ、アマリンも、そのリズムに乗り、心から楽しんでいた。
子ども達とご当地キャラのコラボレーションの可愛らしさに、訪れたお客さんも思わずニッコリ。
引率していた保母さんの話によると、去年からこの日には園児がダンスと歌を披露しており、たんぽ小町ちゃんのダンスは、普段から園でも踊っているという。

用意されたプレゼントには、きりたんぽをあしらったフラワーアレンジメント、ロウソクがきりたんぽのバースデーケーキ、1m11cm1mmの特大きりたんぽもステージに上げられ、たんぽ小町ちゃんが地元の人々に愛されているのが伺えた。
ニャジロウからも、グッズのプレゼントがあったという。

たんぽ小町ちゃんは、2004年に誕生し、今年で8歳となる。
誕生会を開催されるのは、今年で2回目。
お祝いに工夫を凝らし、地元の人々との交流を楽しんでいる。

このお誕生日会について、主役のたんぽ小町ちゃんは「今日はお誕生日会で幼稚園のお友達といっしょに踊ったり、ニャジロウ&アマリンも会場にかけつけてくれて、とーっても嬉しかったよ♪わたしもみんなをもっともっと笑顔にできるようにがんばるね♪」と元気いっぱいにコメントしている。

わんぱくはうす
「わんぱくはうす」の子ども達と記念撮影。


運ばれて来たプレゼント
お花とケーキのプレゼントに、たんぽ小町ちゃんもウキウキ。


ケーキとお花
ニャジロウが羨ましそうに覗き込んでいた。


巨大きりたんぽ
1m11cm1mmのきりたんぽ。あまりの大きさに崩れてしまうアクシデントも。このきりたんぽは、お昼の早食い競争に使用された。


アレンジメント
フラワーアレンジメントは、地元鹿角市のフラワーアーティスト・阿部純一さん作。数々の受賞歴があり、第59回全国植樹祭では天皇皇后両陛下のテーブル花装飾の担当も。地元が誇るアーティストの一人である。


好みの子
司会の石垣正和さんに、たんぽ小町ちゃん、アマリンのどちらが好みか聞かれるニャジロウ。選べないと言いながら、たんぽ小町ちゃんの手を握っていた。


キス写真
ニャジロウから、誕生日プレゼントのキス!?


アマリン
ステージ横で控えめなアマリン。久慈市はNHK朝ドラの舞台にも決定し、これから益々アマリンの活躍に期待出来そうだ。


午後は、たんぽ小町ちゃんとニャジロウによる記念撮影会が行われ、100円でカレンダーに印刷してもらえるサービスは、全てのお客さんを捌ききれない程の人気であった。
たんぽ小町ちゃんのお誕生日というので、家族で駆けつけた地元の花輪小学校3年生の女の子も、1年生の弟と一緒に撮影会を楽しみ、「小町ちゃんおめでとう!」と話していた。


撮影会の様子
親子連れに大人気。たんぽ小町ちゃんの人気が伺える。


花輪小学校
撮影して出来たカレンダー。会場のきりたんぽ鍋も美味しかったとか。


鹿角市役所観光交流課の高杉賢吾さんは、「きりたんぽをはじめ、鹿角市のおいしい食べ物や魅力をたくさん知ってもらい、みんなを笑顔にしたい!」と、これからの活動にも意欲的だ。
11月17日〜18日に東京都四つ木地区で開催される「食の交流まつり」や、1月に東京ドームで開かれる「ふるさとまつり東京2013」に、たんぽ小町ちゃんのお出かけがあるとの事。
今後も、たんぽ小町ちゃんの活動に注目していきたい。


きりたんぽください
撮影会を終え、きりたんぽ鍋を食べに露店に出掛けた二人だが、既に売り切れ続出で食べられなかったという…

【関連情報】発祥の地鹿角 きりたんぽ協議会


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 近藤 玲子