kigurumi_san-ぐるん2
(Photo by ぐるん

3月10日、松坂屋銀座店の屋上で『キャラクターたちの見た復興支援』という名のイベントが開催された。

このイベントは、自身が阪神大震災を経験したことから防災ヒーローとして啓蒙活動を行っているネクロマンの提案によって実現したもので、当日は松坂屋のマスコットキャラクター【さくらパンダ】、東京消防署のキャラクター【キュータ】、ダンボール箱をかぶった美女【やなな】、【戸越銀次郎】、【大崎一番太郎】、【ふなっしー】、【くもっくる】、【カパル】、【獣兵衛】、【竜宮戦士竜斗】などのご当地キャラが勢ぞろいした。

松坂屋銀座店は、建て替えのため今年の6月に一時閉店するが、関東大震災後、はじめて東京にオープンした百貨店であり、復興のシンボルでもあった。
 
さらに、今回参加した戸越銀次郎の地元である戸越銀座商店街には、関東大震災で崩れた銀座から瓦礫となったレンガを貰い受けて道路を整備したことから日本で最初に「○○銀座」と名乗ったのだという。

そんなエピソードを受け、会場には戸越銀座の路面に敷き詰められていたレンガが数年ぶりに里帰りし、震災復興をテーマにした写真展が行われた。

DSC06868

開会式では、松坂屋銀座店の店長によって銀座と震災復興の歴史が語られた。

DSC06882

関東大震災以来の里帰りをとげた戸越銀座のレンガ。

DSC07079

ヒーローショーでは、ゆるキャラたちも大活躍。ふなっしーは、ビームで敵をやっつけてネクロマンを救った。

DSC07008

松坂屋の閉店と共に姿を消してしまう屋上遊園では、キャラクターたちが子供といっしょに遊ぶ場面も。

杉元2
(Photo by杉元政光)
 
岐阜県柳瀬商店街の非公式キャラやななと、その美人秘書ゆっこちゃんが、松坂屋の過去の制服を着てファッションショー。

BFC-wJnCUAAzIkD
(Photo by きなこ) 
 
自身で貯めた『NAVERまとめ』の報奨金4万1000円を募金する大崎一番太郎。この日、義援金は総額191,191円集まったという。

DSC07204

ラストは「ゆるキャラソングの帝王」と呼ばれつつある石田洋介さんのライブ。

前日3月9日に埼玉県志木市で行われた『やなな卒業式in関東』のために作られたオリジナルソング『39877のテーマ』も披露された。



_SL500_AA300_Text by 犬山秋彦

ライター兼デザイナー。戸越銀次郎・大崎一番太郎など、ご当地キャラのマネージャーでもある。

近著:『ゆるキャラ論』(共著者:杉元政光)