いつも当ニュースに話題を提供してくれている、大森山ゆうえんちアニパ(秋田県秋田市浜田潟端154/大森山動物園内)の隊長【エクル】が、またまたイベントに登場しました!

今回登場したのは、アニパのアトラクション利用者総数が100万人を突破したお祝いのサプライズイベント。

アニパとしてオープンしてから6年目となる、2013年4月14日(日)、記念すべき100万人目のお客様となったのは観覧車から降りてきた5歳の女の子。

02
<クス玉が開くと、【エクル】も大喜び>

観覧車を降りた途端に、エクルとスタッフにお出迎えされた女の子は、最初はびっくりして何が起こったのかわからないようでしたが、スタッフから説明を受けると嬉しそうな顔に。

ちょっと恥ずかしそうにしながらも、エクルとポーズをとってくれました。

01
<100万人目のお客様と一緒に、ハイポーズ!>

お母さんと一緒にアニパを楽しんでいた秋田市浜田に住むという女の子は、普段からアニパによく遊びに来るのだそうで、この日のサプライズイベントには一緒にいたお母さんも嬉しそうな様子でした。

アニパで隊長を務めるエクルも、100万人という数字に興奮を隠せない様子で
今までたくさんアニパののりものにのってくれてありがとう!100万人目のお友達に、アトラクション年間パスポートをプレゼントしたよ。今年も新しいアトラクションが登場したので、みんないっぱい遊びに来てねっ!
と元気いっぱいにコメントを寄せてくれました。

記念すべき100万人目となった女の子には、写真入りのアトラクション年間パスポート(2013年度有効)とアニパタオルがプレゼントされたのだとか。

今回、アトラクション利用者総数が100万人を突破したことを受け、併設先の大森山動物園(愛称:ミルヴェ)園長 小松氏も
大森山ゆうえんちアニパ(豊永産業株式会社)さんは 大森山動物園といっしょになって大森山公園全体そして秋田の元気にとって 大切なパートナーです。

新しいアトラクションも導入され、また、アトラクション利用者100万人目を達成、本当におめでとうございます。秋田の子どもたちだけでなく、遊園地のない近隣の人々への健全な楽しみを提供する施設として、これからも、ますます賑やかになることを期待しております。
と喜びのメッセージを寄せてくださっています。

この日は、併設先のミルヴェでもNLN(ニューリーダーズネットワーク)の企画による桜の植樹イベントが実施されていたこともあり、一日で2,841名のお客様が足を運んだのだそう。

今後、200万人・300万人の記念イベントへ向けてますます盛り上がりそうな、大森山ゆうえんちアニパ。
これからも、隊長エクルの活躍に注目していきたいと思います!

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 北島 要子