記事紹介

2月20日(金)〜3月14日(土)のブログ更新情報

7742e533

こんばんは、ピックアップブログの時間です。

今回は、2月20日(金)〜3月14日(土)までの更新情報をまとめてお送りします!

3月といえば“ひな祭り”に“ホワイトデー”と、先月同様ご当地キャラたちが盛り上がりそうな二大イベントがありましたが、もちろん、キャラによってイベントの楽しみ方や感じ方は異なるもの。ご当地キャラたちはどんな反応を見せてくれているのでしょうか。

ということで、今回は【みっけ】【モーリー】【ニャジロウ】のブログからピックアップして情報をお伝えしましょう!

●みっけ

Image 4

まずは、大阪府枚方市の樟葉宮表参道商店会キャラクターのみっけ(ちゃん)。

かわいらしい猫姿のご当地キャラで、大きく開いた口と語尾に「にゃん」をつけるのが特徴のみっけ(ちゃん)は、枚方市の交野天神社で 11/3(いいもの、みっけ。名前の由来)に拾ってもらった恩返しに、同神社の巫女さんとしてお手伝いしているご当地キャラ。

3月3日(火)にはたくさんのご当地キャラたちとひな祭りを楽しんていたようで、ブログには衝撃の写真もアップされていました。ほかにも、みっけ(ちゃん)の顔がデザインされた雛ケーキ画像に喜ぶようすも。こちらはファンの方が作ってアップしたのだとか。

6日(金)には山口県庁【ちょるる】の元へ。7日(土)には長崎県の佐世保駅にて行われた『ご当地キャラクターパーティー2015』へ参加、さらに翌8日(日)には大阪府にある箕面市みのおキューズモールにて開催された『関西ご当地キャラクター 交通安全ショー』に登場と、とても忙しい日々を送っていました。

あまり頑張りすぎて体調を崩さないか心配ですが、様々なイベントで会うことができるのはファンにとっても嬉しい事ですね。

ほかにも、みっけ(ちゃん)は色々なイベントへ登場するので、ぜひブログやFB・Twitterなどをチェックしてみてください!
※(ちゃん)は、みっけ(ちゃん)を呼び捨てに出来なかった記者の心の声です。キャラクター名称にはふくまれませんのでご注意ください。

みっけ 公式サイト〜枚方市樟葉のゆるキャラ「みっけ」
みっけ(枚方市くずは) 公式FB
みっけ 公式Twitter

●モーリー

Image 5

次は、青い森鉄道のイメージキャラクターであるモーリー。

緑の森の中で、突然に生まれた青い色の木。周りのみんなと色が違うことに思い悩んでいたものの、青い森鉄道の車掌と出会い「色が違っても自分は自分だよ」と教えられて自信を持てるようになった恩返しに、鉄道の仕事をたまに手伝っているとか。ちなみにモーリーは男の子で、人間の年齢だと、なんとまだ5歳だそうです。

そんなモーリー、最近はバスケットボール観戦にハマっているようで、地元チームである『青森ワッツ』の試合応援によく訪れている様子。

応援をしつつもさり気なく「ぜひ青い森鉄道でお出かけ下さいモーリー」とPRするなど、どんなときでも青い森鉄道のPRを忘れない姿勢には脱帽です。

2月27日には東京スカイツリー近くの『いすみ鉄道 元祖ローカル線本舗』へ。日本各地の鉄道会社グッズを見て回ったそうで、たくさんのラインナップの中に自分のグッズも見つけてとても嬉しそうでした。他にも、青い森鉄道の「沿線ガイド vol.2」の紹介やご当地のお店の紹介なども。

ちなみに、3月3日の桃の節句ですが「モーリーは男の子だから」と、そちら方面の話題はお付きのアテンダントさんにお任せしたようす。なんだか、ほんの少しだけ寂しそうに見えてしまうのは気のせいでしょうか……?

そして注目の3月14日はモーリーにとってはもっと大切なことがあったようです。はたしてその内容とは……!?詳細はぜひブログを直接チェックしてみてくださいね。


元気!モーリー♪モーリー♪ 青い森鉄道キャラクター☆モーリーのつぶやきブログ

●ニャジロウ

Image 1

最後は、当ブログでもすっかりおなじみの『にゃまはげ仮面ニャッパゲ』のニャジロウ。

2月22日、通称『猫の日』には大はしゃぎ。同日には秋田県動物管理センターの一日所長も務めるなど、非常に充実した一日を送っていたようです。
当日のレポートはこちら

あいかわらず、お友達のご当地キャラやファンの皆さんからのリプライにはおもしろおかしくも和んでしまう反応をしており、活発なようすを見せてくれています。

先日公開された映画『幕が上がる』を見たり、ルーが緑色の抹茶カレーライスを食べたり、自身の絵描き歌を制作したり……。さらにはふなっしーランドオープンのお祝いにサプライズで駆けつけるなど、先月に続いて3月の頭からはりきっていました。

そしてなんと、ご当地キャラクターとコラボしたアクセサリーが話題の大崎一番ジュエリーと、とうとうニャジロウもコラボへ。現在はニャジロウの顔と肉球をデザインしたリングが発売中とのこと。

ちなみに今月13日は金曜日だったのですが、それにちなんだネタをTwitterで披露していました。気になった方はぜひTwitterでの呟きも要チェック!

ニャジロウぶろぐ〜ニャッパゲ公式〜
ニャジロウ 公式Twitter

以上、今回のピックアップブログでした! 次回の更新もお楽しみに!

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。また、記事を執筆するご当地情報員ヘッダーバナーもゆる〜く募集しています。
Text by 八郎 二朗
続きを読む

あゆコロちゃんも登場!第24回『ご当地キャラ放送局』を紹介

2015年3月4日(水)、WEB番組『ご当地キャラ放送局』第24回目の放送が行われた。

Image 3
YouTube第24回『ご当地キャラ放送局』より>

日本ご当地キャラクター協会が運営しているポータルサイト『ご当地キャラ情報局』により提供されているこちらの番組は、毎月第一水曜日の20時からUstreamで放送されている。

毎回、各地のご当地キャラをピックアップして紹介したり、全国のご当地キャラたちの関連情報・イベントの模様などを放送しているため、同じご当地キャラクターを扱っている当メディアとしても見逃せない番組の1つ。

今日は、先日放送された第24回の放送についてご紹介しよう。

同回のピックアップキャラクターは、大阪府古書籍商業協同組合マスコットキャラ【メ〜探偵コショタン】、東京都八王子市公認ご当地キャラクター【たき坊】、三重県松阪市マスコットキャラクター【ちゃちゃも】の3体。

加えて、神奈川県厚木市のPRキャラクター【あゆコロちゃん】が、番組ゲストとしてスカイプ中継に登場。

番組恒例となっているゲストキャラへの質問に対し、身振り手振りで答えるあゆコロちゃんの愛らしい姿が見られるので、癒やしを求めている人は必見だ。

イベントレポートコーナーでは、『2月生まれのキャラクターのお誕生日イベント全て』の特集を行った。
有名なあのご当地キャラから、まだ生まれたばかりのマイナーなキャラまで意外な顔ぶれが出揃っているので、ぜひともチェックしてみてほしい。

放送は毎月第一水曜日の20時。「ご当地キャラに興味がある」「リアルタイム視聴やTwitterの写真投稿などに参加してみたい」という人はもちろん、後からアーカイブでじっくり見てみたいという人も、これから毎月チェックしてみることを強くオススメする。

なお、次回(第25回)は4月1日(水)の20時から放送される予定。

ご当地キャラが好きという人は、ぜひリアルタイムで視聴し参加してみては?

●関連情報
ご当地キャラ情報局 公式サイト
ご当地キャラ情報局 公式Twitter
ご当地キャラ放送局 Ustream(生放送)
ご当地キャラ放送局 Youtube公式チャンネル(放送アーカイブ)

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。また、記事を執筆するご当地情報員ヘッダーバナーもゆる〜く募集しています。
Text by 八郎 二朗
続きを読む

2月1日(日)〜2月19日(木)のブログ更新情報



こんにちは、久々のピックアップブログの時間です。

今回は、2月1日(日)〜2月19日(木)までの更新情報を一挙まとめてお送りします!

今月の目玉イベントは、やはりなんと言っても「節分」に「バレンタインデー」!
「鬼退治のために自宅で豆や落花生をまいたり、恵方巻きを食べた」「チョコを作ったり渡したり渡されたり……」と、年に一度のイベントを楽しんだ方も多かったのではないでしょうか?

それはご当地キャラたちも同じだったようです。本日は、【ぼっくりん】【ササダンゴン】【ニャジロウ】【ミヤリー】のブログからピックアップした情報をお伝えします!

●ぼっくりん

boku

兵庫県高砂市のマスコットキャラクターのぼっくりん。

節分にちなんだ動画がYoutubeに投稿されているほか、同じ『ぼっくりん隊』のおいのんから、何やらプレゼントを受け取った様子。その中身を知りたいという方は、今すぐ動画をチェック!

ブログによると、2月10日、参加していたパレード中に体調を崩してしまったようですが、翌日に行われた凧揚げ大会では元気に走り回っていたとのこと。無事に復帰できて本当に良かったです!

また、17日にはサントリー高砂工場へ、18日には高砂市小学校区対抗駅伝競走大会と神戸市立須磨海浜水族園を訪れるなど、幅広く活動していた様子。

高砂市ゆるキャラ ぼっくりんのブログ
ぼっくりん 公式Twitter

●ササダンゴン

sasa

『新潟名物笹だんごの怪獣』こと、新潟県のご当地キャラであるササダンゴン。

毎年毎年豆まきには失敗してしまうようで、今年は恵方巻きを食べることに挑戦することにしたようです。その様子が描かれた可愛らしい四コマ漫画が公開されているので、こちらもチェックをお忘れなく。

その後は数日間にわたって新潟県十日町の様々なお店を巡り、お腹いっぱいになるまでご当地グルメを満喫。

週末には『南魚沼市雪まつり』に参加し相変わらずおいしいものを食べたり、デカダンゴンに変身して雪遊びをしたり、地元の人たちと触れ合ったりと、お祭りを大いに楽しんでいたようです。

……今のところバレンタインに関する記述がないのですが、もしかしてササダンゴンはチョコをもらえなかったんでしょうか……?

ササダンゴンの新潟日和
ササダンゴン 公式Twitter

●ニャジロウ

nya

おなじみ秋田発のニャーヒーローのニャジロウも、恵方巻きを丸かぶりするなどして節分を大いに満喫していたようす。

Twitterのリプライツイートやファンからの質問にも積極的に答えており、まだ寒さが残る現在でも“こたつで丸く”はならず、元気に活動しているようです。

バレンタインデーにはたくさんの人たちからチョコレート画像を受け取っており、とても喜んでいるようすが伺えました。

また、『新幹線こまち』に乗って秋葉原にあるガンダムカフェに行ったり、『BARお猿のくぅ』のプレオープンに出向くなど、地元秋田を飛び出して遠方でもイベントや食べ物を堪能していたようです。

ニャジロウぶろぐ〜ニャッパゲ公式〜
ニャジロウ 公式Twitter

●ミヤリー

miya

最後は、栃木県宇都宮市の特別PR担当マスコットキャラクター・ミヤリー。

「綺麗な花にはトゲがある」という言葉がありますが、お花の妖精である彼女ならではなのでしょうか……自身のブログでも、随所にちょこっとだけ「毒」や「ダジャレ」を含んだコメントを披露していました(どうやら本人も自覚しているとのこと)。

そんなミヤリーですが、2月の頭から『とちぎ路駅伝』の応援に駆けつけたり、『ろまんちっく村』をウロウロしたり、ひな祭りイベントの宣伝に図書館のお手伝いにと、とても忙しそうなスケジュールだったようです。

さらに19日には10名限定の少人数バレンタインイベントを開催し、ゆっくりしたひとときを過ごせたとのこと。

ミヤリー日記|宇都宮のマスコット「ミヤリー」の公式ブログ
ミヤリー 公式Twitter

いかがでしたか?

最近では、ブログよりもFacebookやTwitterなどのSNSを活用するキャラクターが増えていますが、ブログでキャラクターたちの近況を知るというのも面白いものです。

以上、今回のピックアップブログでした! 次回の更新もお楽しみに!


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。また、記事を執筆するご当地情報員ヘッダーバナーもゆる〜く募集しています。
Text by 八郎 二朗
続きを読む

もうみた?第22回『ご当地キャラ放送局』はピカリャ〜がゲスト

2015年1月7日(水)、WEB番組『ご当地キャラ放送局』第22回目の放送が行われた。

gototi
YouTube第22回『ご当地キャラ放送局』より> 

日本ご当地キャラクター協会が運営しているポータルサイト『ご当地キャラ情報局』により提供されているこちらの番組は、毎月第一水曜日の20時からUstreamで放送されている。

毎回、各地のご当地キャラをピックアップして紹介したり、全国のご当地キャラたちの関連情報・イベントの模様などを放送しているため、同じご当地キャラクターを扱っている当メディアとしても見逃せない番組の1つ。

今日は、先月放送された第22回の放送についてご紹介しよう。

同回のピックアップキャラクターは、北海道札幌市南区・定山渓温泉公式キャラクター【かっぽん】、京都府南丹市日吉町・道の駅スプリングスひよしマスコットキャラクター【ゆっぴ〜】、山口県山口市・湯田温泉PRキャラクター【ゆう太くん&ゆう子ちゃん】の4体。

さらに、番組には沖縄県竹富町マスコットキャラクター【ピカリャ〜】がゲストとして登場している。

視聴者から寄せられた質問に答えるピカリャ〜の愛らしい姿は必見だ。

はじめてピカリャ〜を見るという人も、以前からよく知っているという人も、意外な一面に驚いてしまうこと間違いなし!?

イベントレポートコーナーでは、去年に行われたクリスマス関連イベントに密着。Twitterのハッシュタグ“#ご当地キャラ情報局”で呟かれた、クリスマスに関連したご当地キャラたちの写真を見ながらイベントの模様を振り返っている。

放送は毎月第一水曜日の20時。「ご当地キャラに興味がある」「リアルタイム視聴やTwitterの写真投稿などに参加してみたい」という人はもちろん、後からアーカイブでじっくり見てみたいという人も、これから毎月チェックしてみることを強くオススメする。

なお、次回(第23回)は2月4日(水)の20時から放送される予定。

放送後にはこちらでもご紹介する予定だが、せっかくの月に一度の『ご当地キャラたちの祭典』だ。

ご当地キャラが好きという人は、ぜひリアルタイムで視聴し参加してみては?


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。また、記事を執筆するご当地情報員ヘッダーバナーもゆる〜く募集しています。
Text by 八郎 二朗
続きを読む

くまモン、夏目漱石のお墓参りに。縁の地へも足を運ぶ(東京都)

くまモン】が、夏目漱石の命日である12月9日に、漱石の小説「三四郎」の主役に扮した学帽・学生服姿で墓参りや縁の地を巡った。

main

この日、くまモンが巡ったのは、漱石のお墓がある雑司ヶ谷霊園や、漱石揮毫の看板がある岩波書店、漱石が文芸欄の編集などに携わっていた朝日新聞社文化くらし報道部の3箇所。

朝日新聞デジタルサイト内にて、この日の様子が記事とともに動画で紹介されている。

sub1

くまもんが営業部長を務める熊本県では、夏目漱石が来熊してから2016年で120周年、さらに翌年2月で生誕150周年を迎えるのを記念し、現在「プロジェクト“SOHSEKI”2016熊本」を展開中だ。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。また、記事を執筆するご当地情報員ヘッダーバナーもゆる〜く募集しています
Text by 北島 要子
続きを読む

「2.5じげんネ申祭」1万超えの盛況に。当日は県ゆかりのキャラクターも登場したぞ(神奈川県)

2014年11月24日(月・祝)に開催された「2.5じげんネ申祭り」、皆さんは足を運んでいただろうか?

国の有形文化財に登録されている、神奈川県本庁舎を会場としたことでも話題となっていた同イベントだが、当日は1万432人が来場したという。

2-5
2.5じげんネ申祭り公式サイトより>

同イベントでは、スペシャルアニソンライブや声優トークショーのほか、リアル推理ゲームや痛車展示会などなど盛りだくさんの内容が盛り込まれており、ゲスト陣の中にはご当地キャラクターも。

2-5-02
<写真はプレスリリースより>

この日登場していたのは、県民局NPO協働推進課の【かにゃお】や県営水道の広報部長【カッピー】、県のFB担当【キンタロウ】、県の水源環境保全・再生イメージキャラクター【しずくちゃん】、県警察本部警務課採用係【ピーガルくん】、ダム・発電キャラクター【ダムエレキくん】といった神奈川県ゆかりのキャラクターに加え、Twitter上でカレンダーイラストの募集をおこなって話題となっている警視庁犯罪抑止対策本部の【テワタサナイーヌ】、ZAQケーブルテレビのインターネットZAQ【ざっくぅ】だ。

今後、更に進化していく予定という「2.5じげんネ申祭り」。次回の開催がいまから楽しみだ。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。また、記事を執筆するご当地情報員ヘッダーバナーもゆる〜く募集しています
Text by 北島 要子
続きを読む

ゆるキャラまつりの経済効果は4億3000万円(滋賀県)

滋賀県彦根市で2011年10月22,23日に行われた「ゆるキャラまつりin彦根 〜キグるミさみっと2011〜」の経済効果は4億3000万円だったそうです。

http://mainichi.jp/area/shiga/news/20111025ddlk25040523000c.html

これは毎日新聞(10月25日付)が伝えているもので、昨年とほぼ同じ。2009年の4億5000万円を少し下回る額だったそうです。ゆるキャラまつりの実行委員会が発表したという事です。

また彦根を訪れた観光客は前回を3000人上回り、これまでの4回で最高の約7万8000人だったそうです。

不況&大雨予報(実際には晴れました)の中でこれだけの数字が出てきたという事は、ゆるキャラ人気がすっかり定着したという事でしょうか。

筆者が取材した感覚では大雨の予報があったせいか、初日は昨年と比べ多少人出が少なくて、ちょうど良いぐらいの混み具合だったように感じました(去年は混みすぎという印象)。なんとなく筆者の感覚とは違う印象ですが、でも、去年は2日目の最後に雨が降ったのでその分今年は沢山の人が訪れたのかもしれません。


P1080904_入口の人ごみ
2011年10月22日(初日)午前11時43分撮影。大雨の予報が出ていたにもかかわらず、この人出でした。


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 facebookやTwitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by 内田 勉
続きを読む

まんべくんのTwitterが炎上するのは是か非か?(北海道)

北海道長万部町のご当地キャラ【まんべくん】のTwitterが炎上状態になっています。


P1040998_まんべくん

事の発端は、まんべくんが「さて、明日は終戦記念日だからまんべくん戦争の勉強するねッ!」「どう見ても日本の侵略戦争が全てのはじまりです。ありがとうございました。」などとと発言し多くの人がリツイートした事。(Togetterにまとめがあります)

これがネット上で問題となり、
15日から同町(長万部町)には「今回の発言は町の公式見解なのか」などと苦情や問い合わせの電話が殺到した。(2011年8月16日付 産経新聞)
そうです。
8月16日現在、長万部町のWebサイトにアクセスすると、

長万部町HP
アクセスが集中しているため、サービスを一時的に休止しています。

と表示され、かなりの人がこの問題に関心がある事がうかがえます。


そもそも、まんべくんは2003年に「長万部町開礎130年町制施行60年」の記念事業として行われたイメージキャラクターの公募がきっかけとなって誕生したキャラクターで、特徴は、地元の名産品が全部入った「全部入り(髪はアイリスの花、耳はホタテ、体はカニ)」という取り立てて目立つ所のないキャラクターでした。


P1050394_まんべくん女子高生

筆者が初めてまんべくんに出会ったのは、2010年6月に札幌で行われたYOSAKOIソーランのゆるキャラマルシェでした。その頃はごく普通の「ご当地キャラ」で、見た目は面白いものの、ネット上の情報などはほとんどなく、今のような綺麗な公式ページはなくHTMLを手打ちしたようなサイトで細々と紹介されているだけでした。

そんなまんべくんに転機が訪れたのは2010年の秋、まんべくんがTwitterを始め、その「切れキャラ」がニュースサイトで取り上げられるなどして話題になってからでした。実はその頃、まんべくんの運営が実質的に長万部町の手を離れ、とある企業に移っています。その辺の事情はnorthstyleの記事が詳しいです。


http://www.northstyle.jp/features/detail.asp?id=138
http://www.northstyle.jp/features/detail.asp?id=138


まんべくんの人気が出たのは、そういう「裏事情」があったのです。恐らく、町が運営しているままだとしたら、ここまで人気が出る事はなかったでしょう。

--------------------------------------------------------------------------

さて、ここからが本題です。町の手を実質的に離れ、一企業が「切れキャラ」として運営する事によって人気爆発したまんべくんにとって、今回の炎上は「あり」か「なし」か。

筆者は現時点では「あり」だと思います。

そもそもが「目立ちたがり屋、ドジでおっちょこちょい」の男の子という設定のキャラですし、地方のゆるキャラの発言にイチイチ目くじらを立てるのは「大人気ない」と思うのです。Twitter上の発言なので「子供が真似して困る」という事もないと思います。

産経新聞の記事にあった「今回の発言は町の公式見解なのか」という問い合わせも、「町の公式見解をゆるキャラがTwitterで発表するのか?」冷静に考えれば「あり得ない」という事が分かります。どんな人が問い合わせたのか分かりませんがその人の「常識の無さ」に逆に驚いてしまいます(念のため、確認したかっただけなのかもしれませんが)。

人口約6000人の長万部町にあって、まんべくんのフォロワーは9万3000人。今や長万部町の貴重な財産です。
同町は書き込みを委託していた業者に注意したといい、「今後の対応については検討していきたい」としている。(産経新聞)
そうですが、筆者としてはこれからも萎縮しないでのびのび活動して欲しいなぁと思います。


【関連記事】まんべくん、秋葉原ミニまんべ会のチケットがなんと30分で売り切れ(東京都)
【関連記事】【ゆるキャラまつり2010】2日目のBステージ付近の散策です!(福岡-7)
【関連記事】ゆるキャラ(R)演舞フォトリポート(2)(北海道)
【関連記事】速報! ゆるキャラ(R)マルシェ・フォトレポート(2)(北海道)
【関連記事】速報! ゆるキャラ(R)マルシェ・フォトレポート(1)(北海道)


全国ご当地キャラニュースでは、地震で被災した地域を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。

また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by 内田 勉
続きを読む

これはポケモンじゃなくてパチモン!? 宇部市の「エコハちゃん」がピカチュウに似すぎと物議をかもす(山口県)

http://www.j-cast.com/2011/08/03103437.html?p=all

「どうしてこうなってしまったのか…」としか言いようのない出来事が起きてしまったようです。

山口県宇部市のエコキャラクター【エコハちゃん】がの着ぐるみがアニメ「ポケットモンスター」の「ピカチュウ」に似ている、いや似過ぎていると議論を呼んでいます。

宇部市のWebサイトによると、エコハちゃんは2010年10月31日に開催された「エコフェア 2010 in UBE」で初お披露目されたキャラクターで、当日、会場で相性が募集され、170点の中から、河野紗季さんが命名した「エコハちゃん」に愛称が決定。

2011年1月に宇部全日空ホテルで行われた新年互礼会では、【チョーコクン】、【ちょるる】、といったご当地キャラクターと共にエコハちゃんも登場し、お祝いムードを盛り上げるなど、地味に活動を続けていたようです。

元のイラストは葉っぱをモチーフにしたかわいらしいキャラクターなのですが、着ぐるみになった途端、なぜかピカチュウそっくりになってしまったのです。

J-CASTニュースによると、
宇部市の担当者によると、着ぐるみはエコハちゃんのイラストを元に業者が制作したもので、「市が発注したわけではなく、民間から寄付してもらったもの」。10年10月のイベントで初登場した時点から、いくつか似ているとの指摘があったというが、「着ぐるみは胴体のバランスなど、オリジナルのイラストとかなり違う部分があり、それらが原因で似ているように見える可能性がある。オリジナルのイラストについては似ていないので問題ないと考えている」

という事で、特に市側は問題にしていない様子。それにしても、着ぐるみが寄付だったとはちょっと驚きです。

また共同通信によると、
ブランドマネジメント会社「ポケモン」の担当者は「今後情報収集を進めた上で、どのような対応が可能か検討したい」と話している。

という事で、ポケモン側の対応はまだ決まっていないようです。

筆者は「確かに似ているけれどもパクリではない」と思います。そもそも元のイラストはピカチュウとは別物ですし、エコハちゃんがピカチュウをパクる理由がないからです。色も全然違いますし。

音楽の「パクリ疑惑」の時に「音のコード進行のパターンは有限だから、どこかで似たような曲が生まれてしまうのは仕方ない」という説明をされる事がありますが、キャラクターの場合も同じで、「丸っぽい子供にも受けるキャラクターを作ると、どうしても似てしまう部分が出てくるのはある程度仕方ない」と思います。

むしろそんな事よりも、これを機に、エコハちゃんの設定や動きをより進化させて立派なオリジナルキャラクターとして認知されるように努力するのが健全だと思います。【ひこにゃん】や【せんとくん】などの例をみれば分かる通り、「人気が出るご当地キャラクターは物議をかもしたキャラクター」という法則が現在のところ成り立っています。エコハちゃんの関係者には、今回の事でめげたりせずに良い宣伝の機会ととらえ、さらなる飛躍を期待したいと思います。

 
全国ご当地キャラニュースでは、地震で被災した地域を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。

また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by 内田 勉
続きを読む

“まんとくん”の“中の人”は江口寿史だった!?

http://www.acer.co.jp/sp/


キャラクターの中に人が入っているのか、いないのかは人によってそれぞれ考え方に違いがあると思いますが、これを観てしまった後では、【まんとくん】の中に入っているのは、人気漫画家の江口寿史さんとしか思えなくなってしまうような動画があります。


http://www.youtube.com/watch?v=mbv-oCDoA1s

イラストを描いている まんとくん、どうみてもその作風が江口寿史さんそのものなんです。
そして「中の人、変わった?」というキャッチコピー。こ、これって……。

実は、acerというパソコン会社のCMなんですが、このシリーズにはもう1本、御薗橋801商店街の【やおいちゃん】のバージョンもありまして、こちらは凄いスピードでやおいちゃんが走っていって(全力坂風)、最後に「中の人、変わった?」というキャッチコピーが……。まさに「ギリギリ」なCMです。


http://www.youtube.com/watch?v=jwbBBGkw8ZQ

元々ガジェット通信さんでとりあげていたネタなのですが、やおいちゃんバージョンの方が取り上げられていなかったので、ご当地キャラニュースとしては両方とりあげてみました。


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by 内田 勉

続きを読む

ひこにゃん、1万1770通の返事を書くも「体力限界…」(滋賀県)

http://mytown.asahi.com/areanews/shiga/OSK201101240159.html

ひこにゃん】がファンから届いた1万1770通の年賀状への返事を出し終えたそうです。朝日新聞には、年賀状の写真も紹介されています。

以前「年賀状の返事だけで”50万円超”」と当ニュースでも伝え、とても多くの年賀状が届いていたように思えますが、数だけいえば、前年割れしそうなのだとか。

6日の中間集計では、昨年同時期の約8割増の1万163通も来て、2万通は確実と見られていたが、「返事を出すかは未定」と報道された途端に勢いが止まった。 朝日新聞2011年1月25日付

 

ひこにゃんの人気が下がった、というよりは、報道の影響という感じがしますね。一方、読売新聞(2011年1月25日付)には、彦根市の話として「体力はすでに限界。25日以降に届く分には返事は書けません」というコメントが紹介されています。そりゃあ、千代の富士じゃなくても体力の限界になりますよね。

 

ひこにゃん、お疲れ様。でも、来年もがんばって欲しいなぁ。

 

【関連記事】年賀状の返事だけで”50万円超” ひこにゃんは年賀状を返せるのか?(滋賀県)

 


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉
続きを読む

くまモン、吉本入り?新喜劇に出演!(熊本県)

http://kumanichi.com/news/local/main/20110105002.shtml
熊本日日新聞によると2010年1月22日から大阪環状線に【くまモン】の描かれたラッピング広告電車を走らせるほか、24日から30日までなんばグランド花月での吉本新喜劇で熊本の話題を取り入れた舞台を上演。そこにくまモンが連日出演すると報じられた。現在脚本を制作中で、熊本の食のPRを中心とした内容になるよう要請している。

29日の公演ではテレビの収録も行われ、関西や中京を中心にお茶の間でもくまモンの登場シーンを見られそう。地元熊本でも3月頃の放送を予定している。

_MG_0508

並みいる芸人さんひしめく舞台でくまモンがどんなサプライズを見せてくれるか見ものである。

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 波多野 仁
続きを読む

みつやくんの運営会社が存続のピンチ!(三重県)

http://mainichi.jp/area/mie/news/20100918ddlk24050174000c.html

先日、パパたこ運営会社が存亡のピンチ!という事をお伝えしたばかりですが、今日もまた暗いニュースが入ってきました。松坂エビ太郎改め【みつやくん】の運営会社が存続のピンチだそうです。

プロ野球・独立リーグ、ジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)の三重スリーアローズのマスコットキャラクター、みつやくん。独立リーグとしては後発にあたるJFBLは現在2チームと非常に少ない球団数で運営されていますが、そのうちの1つ、大阪ゴールドビリケーンズが野球賭博問題を発端に経営難に陥り、来季のJFBLリーグ戦の休止が決まりました

となると、どこかのリーグにチームごと移籍して存続するか、それともチーム廃止のどちらかになるわけですが、もともとチーム運営は非常に厳しい状態にあったようです。
球団によると、三重主催の1試合平均の観客動員数は500人弱と伸び悩み、当初見込んでいた2000人にはほど遠く、チームスポンサーは12社にとどまっている。壁矢代表は「ファンクラブ、後援会、スポンサーは非常に伸び悩んだ」と説明する一方、「試合をやるごとにファンクラブや観客動員は日に日に伸びている。わずかながら光は見たという思い」と述べた。(毎日新聞2010年9月18日付)

みつやくん命名

リーグ休止に伴い、三重スリーアローズでは、次のような声明を発表しています。
ジャパン・フューチャーベースボールリーグ2011年度一時休止が決定し今後は各球団が早急に方針を決定していくことになりました。つきましては三重スリーアローズと致しましても早急に今後の方針を決定していきます。(同社Webサイトより)

独立リーグの事情については、筆者もよく分からないのですが、朝日新聞によると、以下のような事情があるそうです。
三重はもともと、関西独立リーグへの参入を表明して発足した。しかし経営難に陥った同リーグと選手の待遇を巡って対立し、三重の壁矢慶一郎代表は新たにJFBLを立ち上げた。三重は今後、四国・九州ILや北信越のBCリーグへの参入を視野に、早急に対応を検討するという。(朝日新聞2010年9月18日付)

この様子だと、関西独立リーグへの加盟にはややハードルがありそうです。みつやくんは誕生からずっと受難が続いていますが、いろいろ活動を頑張っているキャラだっただけに、なんとかチームが続いてくれないかと願うばかりです。

ちなみに、大阪ゴールドビリケーンズにも【ちびけ〜ん】というキャラクターがいるようです。こちらも、どうなってしまうのか心配です。


【関連記事】松坂エビ太郎改め、みつやくんです。よろしくね!(三重県)

※写真は球団提供のもの


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉
続きを読む

高速値下げの影響で、パパたこ運営会社が存亡のピンチ!(兵庫県)

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100903-OYO1T00735.htm

ちょっと心配なニュースが飛び込んできました。愛くるしいキャラでおなじみの【パパたこ】の会社が存亡の危機に立たされているというのです。

これは新聞各紙が伝えたもので、パパたこを管理運営している明石淡路フェリー株式会社(通称たこフェリー)の親会社、ツネイシホールディングス株式会社が経営難を理由に航路廃止と会社清算を打診しているという事です。
明石淡路フェリーによると、昨年3月から明石海峡大橋を含む高速道路料金が値下げされた影響で、2009年度の料金収入は07年度に比べ半分以下になった。明石市によると、ツネイシは8月30日に同市や淡路市など出資する自治体に連絡してきた。共同通信(2010年9月3日付)
料金収入が半分以下になったという事ですから、そのままでは会社の存続が難しい状態です。しかし、公共交通を担う明石淡路フェリー株式会社は明石市などが出資する第3セクターの会社で、純粋な民間会社とは違い赤字だから廃止する、という単純な話にはならないようです。
航路廃止などを決める場合、株主の3分の2の賛成が必要で、計34%の株を保有する明石、淡路、南あわじ、洲本の4市が反対した場合、決議は成立しない。

17%を持つ明石市は存続を希望しており、北口寛人・明石市長は3日、市役所で記者会見し、「早期に新スポンサーを見つけるのが航路存続のカギ」と話し、明石―淡路島間で高速船を運航する淡路ジェノバライン(淡路市)に統合を打診したことを明らかにした。読売新聞(2010年9月3日付)
単体での生き残りが難しいため、別会社と合併させて生き残らせよう、という作戦のようです。

ちなみに親会社のツネイシホールディングス株式会社はプレスリリースによると、2008年度12月期の連結決算(2008年1月〜12月)は、売上高2,862億円(前年対比24%増)、経常利益171億円(前年対比20%増)と、かなりの大会社・かつ順調な決算内容のようです。その豊富な資金力でなんとか存続の道を探って欲しいものですが……。

ちなみに9月11日にゆるキャラ(R) in たこフェリーというイベントが行われ、そこでパパたこほか13キャラも集まる予定になっています。近くにお住まいの方は、パパたこを励ましに行ってみませんか?

内容
明石港乗り場に、県内外のゆるキャラが集合し、ゲームやクルーズなど一緒に楽しい1日を過ごす

参加キャラクター
パパたこ、でんのすけ、サカエル&みそさかい、あわじい、キララちゃん、わたる、にんじゃえもん、ゴーヤ先生、やちにゃん、丹波竜のちーたん、いが☆グリオ、いたやどかりちゃん、はばタン

問い合わせ先
たこフェリークルーズ事務局 電話 078-911-2622(平日10時〜17時 土曜10時〜正午)


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉
続きを読む

たんぼに「まゆまろ」、砂浜に「せんとくん」

http://www.ryoutan.co.jp/news/2010/09/01/002609.html

今日は楽しい写真記事を2つ紹介します。

1つ目は、たんぼアートになった【まゆまろ】。両丹日日新聞(2010年9月1日付)が伝えています。地元の山登り愛好者でつくる居母山クラブ(飯尾恒洋会長)が古代米など5色の稲を植えて作ったそうです。
まゆまろの着物を赤米と白米、帯とぞうりの鼻緒を黒米、足袋を白米などで色分けした。今年は盆過ぎから色付き始め、同クラブが高台の地元公民館に据え付けた貨車(展望台)からよく見える。

9月初めから中旬にかけてが、一番の見ごろだそうです。



http://www.asahi.com/national/update/0828/OSK201008280100.html

2つ目は砂像になった【せんとくん】。こちらは朝日新聞(2010年8月29日付)が伝えました。

こちらはなんと、インド東部プリーの海岸に作られたそうです。制作を依頼したのはNPO法人インド日本友の会(奈良県大和郡山市)だそうで、顔はどことなくインド人風だとか。せんとくん、ついに国境を越えましたね。

どちらの記事も写真がメインなので、リンク先の記事をぜひ見てみて下さい。



全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉
続きを読む

ひこにゃん商標使用有料化でグッズ激減。業者の反応は?(滋賀県)

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100823/lcl1008231422003-n1.htm

以前、当ニュースでも「ひこにゃん」7月から有料! ほかのキャラも続々有料化?(滋賀県)という記事で、ひこにゃんグッズ類の販売の際に商標使用料が請求されるようになる事をお伝えしましたが、実際に有料化が始まってみたら、グッズの販売申請件数が激減してしまったそうなのです。

産経新聞(2010年8月23日付)によると、去年のひこにゃんグッズの売上は推定8億円。使用料は売上の3%なので、2400万円の使用料が市に入ってくる計算だったそうですが、有料化前は約280件あった使用申請が、約100件にとどまっていて、商品数も約1030点から約570点と半分近く減ってしまったそうなのです。

たった3%でそんなに減ってしまうものなのかな? と疑問に思ったら、別のところに要因があったようです。
使用料は、業者が市に申請してから2週間以内に徴収するため、担当の市総務課は「販売が軌道に乗るまで業者の負担が大きくなり、慎重になっているのではないか。昨年同様の売り上げは難しいだろう」と分析。負担増に悲鳴を上げた業者が生産をやめたり、商品を値上げしたりする動きも出ているという。(同紙)
彦根市のWebサイトなども参考にすると、要するに商品を製造する段階で使用料を徴収されるため、実際に商品が売れて入金されるよりもかなり前の段階で市に使用料を納めるのがネックになっているようなのです。3%といえども、キャッシュフローに影響が出てしまうわけですね。

P1060404_ひこにゃん縫いぐるみ


この件に関しては、テレビ朝日系列の情報番組「スーパーモーニング」(2010年8月25日放送)でも取り上げていて、ひこにゃんグッズを販売する業者も取材していました。

同番組によると、株式会社ベースワンでは「去年のグッズの売上は約1億5千万円。小売価格の3%はキツイが、有償化で競合が減り助かる」と、有償化を歓迎する意向。1億5千万円の3%だと、450万円になりますので、小さくはない金額ですね。

もう1社トラヤ商事株式会社の方は「市が有償化を決めたなら受け入れる。これからも新しいひこにゃん製品を開発し続ける」という答えでした。

個人的には3%の使用料で撤退してしまうのだったら「ブームにただ乗りしていた」と言われてもしかたないような気がします。みなさんはこの騒動、どう思いますか?


【関連タグ】ひこにゃん

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉
続きを読む

奈良県はゆるキャラ過密地帯!? 去年より10体以上増加し40体に(奈良県)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100824-OYT1T00222.htm?from=y10&from=yoltop

読売新聞(2010年8月25日付)によると、奈良県には「少なくとも27市町村の自治体や商工団体などに約40体あり、昨年以降、10体以上増えた(同紙より)」そうです。奈良県は12市15町12村と39自治体なので、自治体の数よりもキャラクターの数の方が上回っている状態です。

急増した背景には平城遷都1300年祭の公式マスコット【せんとくん】の人気などもありそうです。記事によれば奈良だけに「地域の歴史、文化を生かしたキャラが多い(同紙)」そうで、その気があればいくらでもキャラクターを作れるのではないかと思ってしまいます。

自治体系のキャラでは大体着ぐるみが制作されますが、
古代豪族・葛城氏の首長とその娘をモチーフにした「そつひこくん」「いわのちゃん」のキャラを抱える御所市観光協会は「着ぐるみを作りたいけど、先立つものがない」。曽爾村のマスコット「そーちゃん」「にーちゃん」も着ぐるみはなく、村の担当者も「ポスターに印刷するぐらい」と活用できていない。(同紙)
と、作りはしたもののキャラクターが活用されず放置されかねない状況もうまれてきています。一方、大和郡山市は、
古事記編さんに貢献した語り部・稗田阿礼(ひえだのあれ)にちなんだ「アレイちゃん」の着ぐるみを職員らが手作りして制作費を抑え、注文品にはない“ゆるさ”を醸し出している。(同紙)
という手作りキャラを登場させているそうです。どんなキャラなのか分からなかったのですが、沢山の着ぐるみキャラクターがあふれている現在、手作り系キャラの方がかえって注目を浴びるかもしれませんね。



全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉
続きを読む

どんどん数が増えていく県警マスコット「きしゅう君」(和歌山県)

http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/wakayama/100818/wky1008180326001-n1.htm

紀州犬をモチーフにした和歌山県警のマスコットキャラクター【きしゅう君】の着ぐるみの数が、大幅に増えるそうです。いったいどういう事なのでしょうか?

産経新聞(2010年8月18日付)が伝えたところによると、現在きしゅう君の着ぐるみは計4体あり、
広報室に2体、交通企画課と田辺署交通課にそれぞれ1体の計4体が待機。要請に応じて防犯や交通安全などの啓発イベントで愛嬌を振りまいている(同紙)
ということなのですが、去年は約200回出動し今年は更に忙しくなっているという事で、9月以降に新たに4体が追加され8体態勢になるそうです。

しかし、計画ではもっと大幅に数を増やす予定だったようなのです。
県警は22年度予算で、きしゅう君の着ぐるみ人形を県内14署に大小1体ずつ配備することを要求していた。4体の購入が認められ、9月中には紀北、和歌山市内、紀中、紀南の4ブロックごとに配備する方針。1体の価格は約42万円という(同紙)
和歌山県には全部で14の警察署があるようなので、14署というとすべての警察署に着ぐるみを配置しようと計画していたようですね。それはいくらなんでも多すぎなのでは…とご当地キャラニュース編集部でさえ思ってしまいますが、和歌山県も同じ気持ちだったようで、最終的に14体→4体に減らされてしまったという事でしょうか。

ちなみに去年の着ぐるみ4体で約200回の出動というと、単純計算では1体あたり年50回です。という事はつまり週1回の出動という計算になるわけで、「そんなに多いかなぁ?」というのが筆者の偽らざる気持ちなのですが、キャラクター関係者のみなさん、どう思いますか?

ご意見や感想をお待ちしています。Twitter( @yurui_jp )か情報提供フォームでお願いします。


【関連情報】県警キャラ「きしゅう君」着ぐるみ人気 新たに4体増え8体へ 和歌山


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉
続きを読む

子供達が衝撃! ゆるキャラ11体が熱中症で搬送、熱中症対策はどうしてる?

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100817/trd1008172026013-n1.htm

暑い日が続いていますが、子供たちは夏休みということもあり、各地でイベントが開かれていて、キャラクターは引っ張りだこ状態です。

といっても、外の気温は40度近いうえに、着ぐるみを着てるわけですから、キャラクターの笑顔の裏で、汗だくになって必死にパフォーマンスしているんでしょうね。

8月17日付の産經新聞「ゆるキャラも暑い! 保冷剤に出演時間短縮 あれこれ熱中症対策」で、キャラクターの熱中症対策について詳しくまとめられています。
「ゆるキャラさみっと協会」(滋賀県彦根市)は今年初めて、ゆるキャラの熱中症対策として、頭や首に直接巻き付けるタイプの保冷剤を使用するようイベント主催団体などに呼びかけた。関係者からは「保冷剤を使うと全然違う」と好評だ。同協会は「暑い夏は屋外での安全な出演時間の目安は15〜20分程度だ」として、例年、十分な水分補給をすることや、30分を超える活動では出演時間の短縮を勧めてきた。(同紙)
キャラクターの中では、保冷剤を巻き付けてがんばっているのですね。でも、15〜20分では、ひこにゃんクラスの人気者だと、握手攻めに遭っているとあっという間にすぎてしまうような気がします。
18年に兵庫県で行われた国体では、6月の開幕100日前イベントでマスコットキャラクター「はばタン」43体のうち11体が熱中症で搬送され、目撃した子供がショックを受ける非常事態が発生した。(同紙) 
かわいいキャラクター達が搬送されてしまうなんて、子供達はショックでしょうね。

夏も残すところあとわずかですが、キャラクターの皆さんには、熱中症対策を万全にして活動してほしいですね。 


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 後藤 卓也
続きを読む

前代未聞! 名前が不評で改名を余儀なくされたキャラ(三重県)

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100721k0000e040064000c.html

キャラクター誕生ラッシュに沸いていた三重県津市周辺ですが、とんだところでエラーが出てしまいました。

「命名大不評」と報じされているのは、野球の独立リーグ、ジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)の三重スリーアローズ(津市)のマスコットキャラクター【松坂エビ太郎】。

毎日新聞(2010年7月21日付)によると、壁矢慶一郎球団代表がフジテレビ系の番組「笑っていいとも」に出演し、マスコットの命名を依頼したそうです。その場でお笑いタレントに提案してもらった名前7案の中から「松坂エビ太郎」に即決してきまったそうなのですが、
球団にはファンから「センスがない」と批判する電話やメールが数十件寄せられたほか、選手からも「めちゃくちゃな命名。ホームが津なのに、なぜ松阪と伊勢なのか。戦う気が起きない」との声が上がった。結局、「松坂エビ太郎」は不採用にし、番組側に伝えたという。(同紙)
というから、かなりの不評だったようです。個人的には「松坂エビ太郎」という名前自体はインパクトがあって悪くないと思いますが、まったく野球と関係なかったのが残念だったというところでしょうか。

球団では改めて名前を募集する事になったのですが、募集のWebサイトを見ると締切は今日までとなっています。急いで応募すれば、今からでも間に合いますよ! 案外自分の案が採用されるチャンスかもしれません。

キャラクターの命名を巡っては、以下のような記事を過去に書いた事があります。参考までに。

【関連記事】市民投票1位が12位に負けた…。PRキャラ選考における南足柄市の決断(神奈川県)


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャ ラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を 募集しています! Twitterでもつぶやき中!

Text by 内田 勉
続きを読む
スポンサードリンク
follow me
feedly RSS twitter mixi
全国ご当地キャラニュースとは?
日本各地に点在する「ご当地キャラ」「ゆるキャラ(R)」「ローカルヒーロー」を愛情たっぷりに紹介する日本初のご当地キャラ専門ニュースサイト。情報提供はこちらまで。記者も募集中運営者情報

外部コンテンツ
YouTube動画
キャラクターイベントカレンダー
全国ご当地キャラマップ
ニュース配信先
livedoorニュース
マピオンニュース
Googleニュース
Bloglinesで閲読登録 ADD TO Hatena::RSS
Subscribe with livedoor Reader Add to Google
ニュース配信協力:メディア・エージェンシー有限責任事業組合
スポンサードリンク

キャラクター関係者の皆様へ

スポンサードリンク
トラベルメディア「Traicy」最新記事
ローカルeye47 最新記事
メディア掲載履歴
BB Watchに紹介されました(2009/10/16)
ポッドキャストジャーナルに紹介されました(2009/10/17)
遊都総研に紹介されました(2009/10/19)
JFN系FMラジオflowersに出演しました(2010/3/22)
日本列島ズラリ!ご当地キャラ大集合!!(笠倉出版社)に掲載されました(2010/5/1)
国際時事新聞で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/3)
ガジェット通信で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/16)

twinavi_banner_200_90
twinavi
に掲載されました。(2010/9/28)