たけのこまん

【たけのこまん】がグレードアップ?規制用サブアカウントは“和歌山弁を使う陽気で気さくな男の子”!?(和歌山県)

さて、当ニュースでしつこいくらいに追い続けている【たけのこまん】ですが、とうとうツイッターのサブアカウントを取得したという情報が入ってきました。しかも、サブアカウントの名前は【た毛のこまん】。

take001
<こちらがメインアカウントの【たけのこまん】。可愛らしいですね>

記者がサブアカウント【た毛のこまん】に気づいたのは今月(2011年6月)18日のこと。生【たけのこまん】の写真でエントリーされているこちらのサブアカウントですが、実は16日から登場していた様子で、最初の一言目は「にょっきり/◔▽◔\」。新たな【たけ(毛)のこまん】が誕生した瞬間です。


take002
<これがウワサの【たけのこまん】サブアカウント【た毛のこまん】です>

たけのこまん】のツイートによると、【た毛のこまん】は規制用なので普段はあまりつぶやかないとのことでしたが、卑猥なんだかシャレなんだかよくわからないこのアカウントについて突撃取材してみました。

−一体なぜ【た毛のこまん】というアカウントをつくったんですか?−
【たけのこまん】「魔んべくんに憧れてだよ!いつもと違う感じのボクも見てほしいなと思って!」

−では、【たけのこまん】と【た毛のこまん】の違いは?−
【たけのこまん】「メインはかわいくいじられ屋。サブは和歌山弁を使う陽気で気さくな男の子というイメージなんだ(notおっさん)!」

−・・・ファンの皆様に【た毛のこまん】のアカウントPRをお願いします−
【たけのこまん】「いつもと違うたけのこまんをあなたに/◔▽◔\」

確かに、生の【たけのこまん】が和歌山弁でつぶやく【た毛のこまん】のタイムラインを見ていると今までのイメージとはまた一味違った雰囲気です。が、どう見てもおっさんがつぶやいているようにしか見えないのは記者がまだまだ未熟なせいなのでしょう。あくまで、【た毛のこまん】は“和歌山弁を使う陽気で気さくな男の子”だそうですから。
決して、フォロワーから「和歌山弁だとおっさん臭さが増すね」というツッコミがあったなんてことは口が裂けても言えません。

さて、すっかり人気者となっている【たけのこまん】ですが、実は先日、こちらの記事でお伝えしていたイベント中に逮捕されたという証拠写真がネット上に上がっていました。そこで、そちらの件についてもお伺いしたところ

taiho
<こちらが、ネット上にアップされていた衝撃の写真です>

【たけのこまん】「ボクなんにも悪いことしてないよ!変態なんかじゃないのに、なんで逮捕されたのかよく分からないよ!」

とのこと。ご本人は誤認逮捕であったことを主張していらっしゃいました。

そんな、話題に事欠かない今注目の【たけのこまん】は、7月3日(日)に山東にある足守神社のお祭りに参加予定となっているそうです。神社という神聖な場所に登場するとは、これまた一波乱ありそうな気配ですね。

気が付けばフォロワーが2,000人に到達しようとしている【たけのこまん】は、そのたゆまぬ努力のほぼ全リプライにより最近では規制されてしまうことも多くなっていた様子で、フォロワーさんからもサブアカを進める声が出ていました。そんな期待?に応えて登場した【た毛のこまん】。これからの活躍が楽しみです。

【たけのこまん】「いつも応援ありがとうだよ!みんなの期待にこたえられるようにいっぱいがんばるから、引き続き応援よろしくおねがいしますだよ!!!」

当ニュースでも引き続き、【たけのこまん】の動向に目を光らせていきたいと思います!

【関連記事】12日は【たけのこまん】と田んぼでニョッキリ!(和歌山県)
【関連記事】「ボクは変態じゃない!」あの【たけのこまん】のツイッターがすごいことに(和歌山県)
【関連記事】誰もが一瞬目を疑う・・・かもしれない個性的ゆるキャラ【たけのこまん】(和歌山県)

【関連情報】山東まちづくり会 公式サイト
【関連情報】たけのこまん on Twitter
【関連情報】た毛のこまん on Twitter

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by 北島 要子
続きを読む

12日は【たけのこまん】と田んぼでニョッキリ!(和歌山県)

さて、当ニュースでまったりと取り上げさせていただいている、和歌山県和歌山市山東地区の山東まちづくり会マスコットキャラクター【たけのこまん】。

takenoko01
<【たけのこまん】の最新ショットを入手!・・・やっぱり・・・>

やはり、被り物&全身タイツというところでかなり注目度がupしているようで、今ではすっかり時の人となってしまった感すらあります。


takenoko02
<今年の春には個数限定でパンも発売されていたといいます!どんな味だったのでしょうか?>
※編集部注※
情報を検索した結果、このパンは「目がレーズン」「口がサラミ」「中身はたけのこカレー」というものだと判明。
一体どんな味に仕上がっているのか非常に気になります。記者は食べてレビューしたくてたまりません!全国で発売しないのでしょうか・・・。



そこで、ご本人に今のお気持ちをうかがったところ、

「驚くほどたくさんの人に注目されてボクとっても嬉しい!ありがとうだよ!だけど、なんだか前以上に変態扱いされるんだ。なんでだろう……」

と喜びつつも困惑したコメントが。

しかし、まだ生【たけのこまん】にあったことがない!という方も多いはず。

そんな皆さんに朗報です。
たけのこまん】自身もツイッターで告知していますが、今月(2011年6月)12日(日)、山東まちづくり会の田んぼプロジェクト(泥んこ遊び&田植え)に生【たけのこまん】が登場予定であることがわかりました。

前回登場した5月8日のイベントでは、【たま駅長代理】【キノピー】【デーボくん】といった面々が並ぶ中、舞台挨拶に遅れるという大物振りを発揮し皆の話題をさらってしまったといいます。

しかも、あれだけツイッターでは「変態」「変質者」といわれつつも、会場では子供たちに握手を求められたり(泣かれたという報告も入っていましたが・・・)写真をとってとせがまれるなど人気爆発だったとか。しかし、女子高生には逃げられたそうなので、「お調子者で陽気な男の子」である【たけのこまん】にとってはちょっとショックな出来事だったかもしれません。

ただ、和歌山市の観光キャンペーンガールのアゼリアクイーンにはツーショット写真を“懇願”されたそうなので、これは男の子冥利につきますね。アゼリアクィーンが冷静になって後日この写真を見たときに、どう感じられたのかがちょっと気になるところですが。

takenoko05
<多忙な【たけのこまん】ですが、疲れたときには竹林の中に埋まって一日を過ごしているようです>

今後は、夏のコスプレイベントも構想中だということなので、もしかしたら新しい【たけのこまん】ファミリーが生まれたり、新しいコスチュームが登場したりするのでしょうか?

takenoko04takenoko03
<お正月やエイプリルフールには、こんなネタ的変身も。コスプレイベント・・・期待が高まります>


これは、今後も益々【たけのこまん】からは目が離せませんね!
写真提供:山東まちづくり会

【関連記事】誰もが一瞬目を疑う・・・かもしれない個性的ゆるキャラ【たけのこまん】(和歌山県)

【関連情報】山東まちづくり会 公式サイト
【関連情報】たけのこまん on Twitter

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by 北島 要子
続きを読む

「ボクは変態じゃない!」あの【たけのこまん】のツイッターがすごいことに(和歌山県)

先日のこちらの記事の反響があまりにもすごかったので、その後の【たけのこまん】を、ツイッターのタイムラインで追跡してみました。

ちなみに、まだご存じない方のために。
たけのこまん】とは、和歌山県和歌山市山東地区の山東まちづくり会マスコットキャラクターで、たけのこの被り物に肌色の全身タイツ、腰にはみかんのバックルのベルトに作業用長靴、というゆるキャラ(R)というよりも・・・笑いを誘ってくれる個性的なキャラクターです。

当ニュースで取り上げたときはフォロワーこそ1,000を超えていたものの絡みはあまりなく、「おはよう」「おやすみ」という挨拶のほかは、ちょっとした日常をつぶやいていた程度の【たけのこまん】。
しかし、記事掲載後にはフォロワーの急増で勢いづいたのか、日々“イロモノキャラ”として精進?するかのように、サービス側に規制されながらも怒涛のツイートを行っているのです。


take2-001
<この日はとうとう和歌山弁でツイートを!!!>

たとえば、朝の挨拶のレパートリーが増え「おはにょっきり」や「おはばんぶー」といった造語が登場しています。しかし、コレにはフォロワーから「ブレてる!!」という突っ込みも入っているなど、タイムラインはまるで【たけのこまん】がボケ役でフォロワーが突っ込み役という漫才状態。

しかし、フォロワーから一番多く寄せられている突込みは【たけのこまん】の風貌に対するものです。

たけのこの頭部に肌色の全身タイツ、そしてちょっと緩めのみかんベルトに作業長靴。文字で表記するとどうイメージしても“ゆるキャラ(R)”としては受け止めてもらえないですね・・・。しかも、イラストはとてもプリティなのに、それが生写真になると、それはもう・・・筆舌に尽くしがたいといったところでしょうか。

take2-002
<左がイラスト、右が実際の【たけのこまん】です>

そんな、フォロワーから続々と届く“タイツ”にちなんだツイートを拾っていくと、“タイツ”に隠された謎が次々に明らかになってきました。

「(パンツは)全身タイツの下に穿いてるよ!(だから変態とか卑猥ではないということのようです)」
「お父さんはちょっと浅黒い肌色のタイツでお母さんはほんのりピンクの肌色のタイツ(家族全員微妙にタイツの色が違うようです)」
「身内はみんな全身タイツだし……」
「全身タイツしか持ってない」
「全身タイツは一生やめないよ!」
「全身タイツ着てるよ!服着てるのに変態と言われる不思議」
「全身タイツ=変態という認識は、全世界の全身タイツ愛好家の人に対して失礼だよ!(やり取りの中で全身タイツ愛好家や全身タイツ党といった怪しげな名称まで登場していました)」
「(持っているタイツは)10着くらいかな/◔▽◔\」
「全身タイツを脱いだら裸!」
「夏用に薄手の(タイツ)があるから大丈夫!(冬用と夏用があるとは驚きですね)」


・・・子供たちに愛されるはずのゆるキャラ(R)のツイートとは思えない内容ですね。しかし、【たけのこまん】自身はなぜ“全身タイツ”にスポットが当たってしまうのか疑問の様子。そんな想いがこんなツイートに。

「みんな聞いて!全身タイツも服だよ!ボク裸じゃない!」

そうですよね。全身タイツだからといって差別してはいけませんね。
これが【たけのこまん】なのですから。ありのままを受け入れて皆で応援してあげなくては!
最近では、【まんべくん】や【まりもっこり】といった超個性的キャラたちともツイートで絡むことも多くなり、フォロワーからは

「やがて「変態ゆるキャラ(R)」の頂点に立ちそうww」
「日本三大変態ゆるキャラ(R)」


などと称されています。挙句にはTogetterで「ゆるキャラ(R)・たけのこまんが三大変態ゆるキャラ(R)になるまでのまとめ」までが作られてしまいました。

ちなみに、【たけのこまん】は“必殺!バンブーシュート!”という技を持っているそうですが、いまだ

「ヒーローとかロボットとかに憧れて必殺技を練習する日々/◔▽◔\」

なのだそうです。技を極めた【たけのこまん】とイノシシの戦いの日が楽しみですね。

一体【たけのこまん】はドコまでいってしまうのでしょう。記者も影ながら応援していきたいと思います。

【関連記事】誰もが一瞬目を疑う・・・かもしれない個性的ゆるキャラ【たけのこまん】(和歌山県)

【関連情報】山東まちづくり会 公式サイト
【関連情報】たけのこまん on Twitter

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by 北島 要子
続きを読む

誰もが一瞬目を疑う・・・かもしれない個性的ゆるキャラ【たけのこまん】(和歌山県)

今まで数多くのご当地キャラをご紹介してきた当ニュースですが、今までにない笑撃(誤字ではありませんよ?)を与えてくれるキャラクターを発見したのでご紹介したいと思います。

まずはこちら。

take01
<これが、笑撃を与えてくれるキャラクターです!>

たけのこをモチーフにした、かわいらしいキャラクター。
そう。今回ご紹介するのはこちらの【たけのこまん】です。

和歌山県和歌山市にある山東地区の活性化を目指す山東まちづくり会のマスコットキャラクターである【たけのこまん】は、3月10日生まれで血液型は竹酢型。歌とバンブーダンスと写真と農業と食べ歩きなどなどなどの沢山の趣味を持ち、山東とたけのことみかんを愛するお調子者で陽気な男の子。
普段は山東の山奥でひっそりとたけのことみかんを育てており、ときどき里へ降り立ち観光客の案内をしているのだそうです。ちなみに、天敵は「畑を荒らすイノシシ」だとか。

さて、このイラストを見る限りはそんなに笑撃を与えそうにない【たけのこまん】なのですが、こちらをごらんください。

277968082
<どうでしょうか?皆さんはこの姿をみて絶対に笑わない自信、ありますか?>

これは、先月16日に【たけのこまん】のツイッター上で公開された画像です。
二次元が三次元になったときに、これだけ笑撃を与えてくれるキャラクターはそうそういないのではないでしょうか?

そんな【たけのこまん】から、皆さんへのメッセージを頂きました。

「たけのこまんだよ!和歌山県の山東を盛り上げるために、日々頑張ってるから応援よろしくね!あと、どうしてもたくさんの人に伝えたいことがあるんだ・・・。よく勘違いされるんだけど、ボクは全裸じゃなくて全身タイツだからね!その点を間違えないでほしいな!」

この、全身タイツ(笑)の生【たけのこまん】は、山東や山東付近のイベントなどに現れるそうですが、「初見はだいたい笑われてしまう」のだとか。しかし、なかなか評判はよく、大人も子供も親しんでいる様子がみられるということでした。
ちなみに、彼は和歌山電鐵貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)の【たま駅長】に恋焦がれているそうなのですが、この全身タイツ姿ではあの【たま駅長】も思わず警戒して威嚇してしまうかもしれないですね。果たして、彼の恋が実る日は来るのでしょうか?

さて、そんな生【たけのこまん】ですが、今日8日に行われる貴志川線祭(和歌山電鐵株式会社公式サイトへ移動しますにも登場する予定だそうなので、是非この機会に全身タイツの生【たけのこまん】をチェックしてみてください!
イベントに現れる際は、山東まちづくり会サイトたけのこまんツイッターで告知するそうなので、こちらのチェックもお忘れなく!

「山東へたくさんの人が訪れ、その訪れた人々に山東のたけのことみかんを食べてもらい、美味しいと言ってもらう」という野望を抱いている【たけのこまん】。

これからも沢山の人たちに「全身タイツのゆるキャラ(R)」として笑いを届けて欲しいですね!

【関連情報】山東まちづくり会 公式サイト
【関連情報】たけのこまん on Twitter

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by 北島 要子
続きを読む
スポンサードリンク
follow me
feedly RSS twitter mixi
全国ご当地キャラニュースとは?
日本各地に点在する「ご当地キャラ」「ゆるキャラ(R)」「ローカルヒーロー」を愛情たっぷりに紹介する日本初のご当地キャラ専門ニュースサイト。情報提供はこちらまで。記者も募集中運営者情報

外部コンテンツ
YouTube動画
キャラクターイベントカレンダー
全国ご当地キャラマップ
ニュース配信先
livedoorニュース
マピオンニュース
Googleニュース
Bloglinesで閲読登録 ADD TO Hatena::RSS
Subscribe with livedoor Reader Add to Google
ニュース配信協力:メディア・エージェンシー有限責任事業組合
スポンサードリンク

キャラクター関係者の皆様へ

スポンサードリンク
トラベルメディア「Traicy」最新記事
ローカルeye47 最新記事
メディア掲載履歴
BB Watchに紹介されました(2009/10/16)
ポッドキャストジャーナルに紹介されました(2009/10/17)
遊都総研に紹介されました(2009/10/19)
JFN系FMラジオflowersに出演しました(2010/3/22)
日本列島ズラリ!ご当地キャラ大集合!!(笠倉出版社)に掲載されました(2010/5/1)
国際時事新聞で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/3)
ガジェット通信で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/16)

twinavi_banner_200_90
twinavi
に掲載されました。(2010/9/28)