ふじっぴー

富士山の世界文化遺産登録をご当地キャラも祝福(静岡県)

2013年6月23日、富士山がユネスコの世界文化遺産に登録され、初めての夏山開山を控えた6月30日、富士山開山式前夜祭が冨士浅間神社(静岡県駿東郡小山町)で開かれ、国内各地の世界遺産ゆかりのご当地キャラクターが祝福に駆けつけた。

IMG_1940

富士山がモチーフの静岡県マスコットキャラクター【ふじっぴー】のもとに駆けつけたキャラクターは、【パゴちゃん】(奈良県・法隆寺地域の仏教建造物)、【しろまるひめ】(兵庫県姫路市・姫路城)、【まゆまろ】(京都市・古都京都の文化財)、【ミナモ】(岐阜県・白川郷・五箇山の合掌造りの集落)
、【ブンカッキー】(広島県・厳島神社・原爆ドーム)【そばっち】(岩手県・平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群)、【とちまるくん】(栃木県・日光の社寺)、【花笠マハエちゃん】(沖縄県・琉球王国のグスク及び関連遺産群)、【う〜まちゃん】(三重県・紀伊山地の霊場と参詣道)、【らとちゃん】(島根県大田市・石見銀山遺跡とその文化的景観)

IMG_1916

各キャラ紹介のあとはグリーティングタイム。かわいいキャラクターとのふれあいに大人も子どもも夢中に。キャラクターたちはプログラム最後の餅まきにも参加。翌日の開山式富士山パレードで須走の町を練り歩いた。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 波多野 仁
続きを読む

富士山を世界遺産に!ご当地キャラも応援(静岡県)

2013年4月29日、青葉シンボルロード(静岡市葵区)にて「だいいちテレビ祭り」が開催され、会場では公開生放送やレポーター体験にクロマキー合成体験、企業PRブースや富士山グルメのブースで盛り上がった。

1

また、今回のテーマ「日本一in静岡」にあわせ「日本一の富士山」にちなんだご当地キャラクターが集結。クイズ大会やグリーティングで来場者とふれあった。

2

そんな富士山キャラクターを紹介。まずは静岡県マスコットキャラクター【ふじっぴー】。2003年に開催された「NEW!わかふじ国体」マスコットキャラクターとして誕生。後に国民文化祭のマスコットもつとめ、県民に広く親しまれている。

3

富士宮市マスコットキャラクター【さくやちゃん】2012年の市制70周年を記念して誕生。富士山本宮浅間大社の主祭神、コノハナサクヤヒメがモチーフ。

4

同じく富士宮市マスコットキャラクター【フーちゃん】こちらはさくやちゃんの20年前、市制50周年の時に誕生したキャラクター。町中の掲示物などにも多く見られます。

5

御殿場市「富士山樹空の森」マスコットキャラクター【じゅくうちゃん】。

時空を超えてやってきた、樹空の森に住む未来型妖精。この日は富士山グルメブースの「御殿場みくりやそばのPR」にも奮闘。

6

御殿場市食育キャラクター【ごてんばこめこ】ちゃん。「御殿場コシヒカリ」がモチーフ。

7

こちらも食育キャラクター。富士市の【むすびん】。富士市の食育推進計画「富士山おむすび計画」キャラクターとして平成22年に登場。かじられた部分は宝永火口をイメージしているとか。

8

こちらはJA富士宮の【茶〜宮ん】(ちゃーみん)富士宮のお茶をPRします。

9

JA静岡青壮年連盟キャラクター【サイちゃん】。

野菜の「サイ」栽培の「サイ」からのネーミング。農業妖精の見習いで5才の男の子。

10

裾野市、すその水ギョーザ倶楽部【すぅちゃん】。

どこが富士山キャラなの?と言うと実は…

11

背中のマントに富士山のイラストが入っているのでした。

12

最後に、山梨県から唯一の参加【武田菱丸】くん。

クイズ大会では静岡県に関する問題が出題されたにもかかわらず高得点をマークした。

13

これだけ富士山にまつわるキャラクターが集まるとやはり壮観。

富士山の条件付きながら世界遺産登録に彼らの応援の甲斐があったことだろう。正式決定の際には今回来れなかった埼玉県にいる富士山キャラも呼んでさらに盛り上げてほしいものだ。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!
Text by 波多野 仁
続きを読む

エコパに静岡キャラ集合!その数23!(静岡県)

2012年8月25日、静岡スタジアムエコパ(袋井市)で開催されたJリーグディビジョン1第23節、清水エスパルス×浦和レッズ戦のイベントとして「静岡ご当地キャラまつりinエコパ〜真夏の運動会inパルちゃんねる」が開催された。参加キャラは昨年よりも大きく増え総勢23体!
 
IMG_7874-001

集まったキャラは【ふじっぴー】(静岡県)、【金太郎】【】(駿東郡小山町)、【ふくっぴー】(御殿場市社会福祉協議会)、【すぅちゃん】(裾野市商工会・すそのギョーザ倶楽部)、【いずっち】(伊豆市商工会)、【みしまるくん】【みしまるこちゃん】(三島市)、【ナポリン】(富士市・つけナポリタン大志館)、【さくやちゃん】【フーちゃん】(富士宮市)、【さくらゆいちゃん】(静岡市清水区・由比商工会)、【かいけつ!ハナミン】(静岡市消費生活センター)、【トロベー】(登呂博物館)、【キー坊】(藤枝市社会福祉協議会)、【おしまちゃん】(島田市商工会)、【チャリムくん】(NPO法人まちづくり川根の会)、【アルル】【プルル】(大井川鐵道)、【マキティー】(牧之原市商工会)、【フッピー】(袋井市)、【ハンバーグマのグーグー】(食べよう!ハンバーグの会)、【えこまいくまー】(山本エコロジーサービス)。また、スタジアム前で行われていた「3000人鬼ごっこin静岡」のプレイベントに【おにっぴー】も姿を見せた。

MVI_8649-002

試合前には障害物競争と相撲大会で盛り上がり。障害物競争に勝利したおしまちゃんとふくっぴーにはそれぞれ30秒のPRタイムが与えられた。相撲大会ではあるキャラの首がもげるハプイングも!

IMG_9265-001

キャラクターたちはハーフタイムにも登場。23000人を超える観衆に愛嬌を振りまいた。試合は残念ながらエスパルスの負けに終わったが可愛いキャラクターたちに両チームのサポーターが和んだ一日となった。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 波多野 仁
続きを読む

静岡初!ゆるキャラメインのイベントにキャラ集結(静岡県)

2012年3月30日から4月1日までエスパルスドリームプラザ(静岡市清水区)にて「第1回ご当地キャラと食のドリームマッチ」が開催され北は北海道、西は九州佐賀からご当地キャラが集結しステージイベントやグリーティングで盛り上がった。

IMG_3068
集まったキャラクターは【ふじっぴー】(静岡県)、【出世大名家康くん】(浜松市)、【うにまる】(北海道奥尻町)、【アルプちゃん】(長野県松本市)、【いなッピー】(愛知県稲沢市)、【ねぎっちょ】(岐阜県岐南町)、【やちにゃん】(彦根市・ひこらぼ)、【わたる】(JB本四高速)、【唐ワンくん】(佐賀県唐津市)、【ケンちゃん】【サキちゃん】(唐津市呼子・スクラム呼子)の11キャラ。主催がフジドリームエアラインということで富士山静岡空港からの航空路線就航先のキャラクターを中心にやってきた。

IMG_5069-001

ステージでは各キャラによるご当地観光PRのほか、ちーむふわふわ隊による寸劇とダンスで大いに盛り上がった。またアルプちゃんやケンちゃん・サキちゃんのような普段地元から出ることの少ないキャラクターの遠征という珍しい光景も見られた。

IMG_3411-001

これまで静岡県内では地域の催しの隅っこにキャラが出たりテレビ局のイベントのワンコーナーで県内キャラの集合などはあったもの広範囲からキャラクターを集めた大きなイベントはおそらく初めて。「第1回」と銘打っていることもあり次回の開催に期待したい。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 波多野 仁
続きを読む

「富士山トレイン117」運転初日にふじっぴーとじゅくうちゃんがお出迎え(静岡県)

冬の富士山観光を目的に2012年1月28日から3月4日までの土日祝、臨時快速「富士山トレイン117」を静岡〜御殿場で運行中。その初日の1月28日、御殿場駅で静岡県マスコットの【ふじっぴー】、御殿場市の富士山樹空の森マスコット【じゅくう】ちゃんが列車に同乗した「富士娘」と乗客のお出迎えを行った。

IMG_4156-001
当日は富士五湖周辺を震源とした地震の影響で御殿場駅到着が40分以上遅れたもののふじっぴー・じゅくうちゃんと富士娘の笑顔に疲れも飛んでいったことだろう。

IMG_4343
ふじっぴーは2003年の国体マスコット。近年の国体キャラ同様「県のキャラクター」になったが、コバトンやももっち、はばタンなど他県の元国体キャラに比べその活躍は少ない。県のHPには登場予定はおろか活動報告すら掲載されていない有様。今回ふじっぴーを呼んだ御殿場市観光協会のスタッフからも「レアキャラ」とまで呼ばれてしまっている。

富士山の世界遺産登録を目指す静岡県にはふじっぴーをもっと活用して欲しいものである。

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。iPhoneアプリも絶賛公開中!Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 波多野 仁
続きを読む

「御堂筋Kappo」にご当地キャラ大集合【後編】(大阪府)

2011年10月9日、大阪のメインストリート・御堂筋で行われたイベント『御堂筋Kappo』には、大阪府以外に他府県からもご当地キャラクターたちがやってきた。前編に続き後編では、大阪でなかなか見ることができないキャラを中心に紹介する。

kappo_10
まずは、大阪・太子町の【たいしくん】と大阪・藤井寺市の【まなりくん】に囲まれた大分県の【めじろん】。


kappo_11
そして、長野県から人気者の【アルクマ】もやってきた。大阪でも早速、若い女性や子どもたちに囲まれる姿が見られた。


kappo_12
そのアルクマに飛びついたのが、大阪ではおなじみの熊本県の【くまモン】。「クマ」つながりのなかなかレアな組み合わせ。


kappo_13
また、新潟県の物販ブースでは“日本スキー発祥100周年記念キャラクター”の【レルヒさん】が登場。他のキャラと一線を画す容貌が注目を集めた。特に、現在開催中の「ゆるキャラ(R)グランプリ2011」で上位争いを展開中のレルヒさん、投票を呼びかけるビラをたくさん配っていた。


kappo_14
一方、石川県のブースで能登の地サイダーなどのアピールに務めていたのが、石川・能登半島の【のとドン】。


kappo_15
そして、静岡県の【ふじっぴー】も、静岡の物産ブースでご当地名物のお茶「藤枝かおり」などをPRしていた。


kappo_16
また、福井からは美浜町の【へしこちゃん】もやってきた。地元名産の「へしこ」がブースで販売されていて飛ぶように売れていた。


kappo_17
さらに、島根ブースで頑張っていたのが、島根県の【しまねっこ】。ブースでは、ご当地グルメと並んでしまねっこのグッズも販売されていた。


kappo_18
岡山ブースでは、蒜山ジャージーヨーグルトなどのご当地グルメがズラリと並んだ。ブース前では蒜山高原の牧場に住む【愛の伝道師ラブリーちゃん】が登場して、子どもたちとの握手や記念撮影で人気だった。

パレード、ステージ、ブースのPRと大忙しだったキャラたち。来年もまたたくさんのキャラたちがイベントに集まるのを期待したい。

【関連記事】「御堂筋Kappo」にご当地キャラ大集合【前編】(大阪府)
【関連情報】御堂筋Kappo2011

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by Aki Shikama
続きを読む

ふじのくに食育フェアでゆるキャラ共演(静岡県)

_MG_0420-1

2011年6月18日、静岡県三島市にて「第6回食育促進全国大会・ふじのくに食育フェア」が開幕、メイン会場の日本大学国際関係学部・三島市立北小学校には開場前からたくさんの来場者で賑わいました。

_MG_0414-1

今年の食育フェアのメインキャラクターは【ちゃっぴー】。2006年に開催された「ねんりんピック静岡2006」マスコットとして誕生。閉幕後は「生きがいと健康づくりイメージキャラクター」として活躍中。昨年の食育促進全国大会でデビューした佐賀県の【たべんばくん】も応援に駆けつけ来場者をお出迎え。早速記念写真を撮る人がたくさんみえました。


_MG_0462-1

ちゃっぴーは同時に日大会場でもお出迎え。ブース出展の花王から【ビオレママ】もやってきました。


_MG_0485-1

デビュー間もない三島市の【みしまるくん】【みしまるこちゃん】もブースをまわったり米飯給食試食体験のお出迎えに活躍。2日目の19日は県内B級グルメ大会会場の楽寿園や三嶋大社にもやってきて来場者とのふれあいを楽しみました。

しかし、日大会場には県内から多くの自治体の出展があったが、キャラクターを持っている自治体で着ぐるみを連れてきたところは皆無。県のメインマスコット【ふじっぴー】すらいなかった。



全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by 波多野 仁
続きを読む

「不毛の地」脱却なるか?葵区あったかフェスタに静岡市キャラ集合!(静岡県)

静岡県は関東地方、中部地方のゆるキャライベントの活発な地域に挟まれながら県内でゆるキャラの集まるイベントがほとんど開催されない、いわば「ゆるキャラ不毛の地」の様相を呈してきた。

実際には牧之原市産業まつりや浜松市博物館での「はまきゃら大集合」など小規模のイベントは行われているし、決して「キャラクターがいない」県ではないのだが「ハンバーグマのグーグーを除く静岡のキャラクターは会う機会が少なくレアキャラ化している」のがファンからも聞かれるようになっている始末。葵区キャラクター「あおいくん」は2008年のゆるキャラまつりin彦根に登場したのにもかかわらずである。

CIMG0893-1
そんな中、2011年2月5日に静岡市葵区役所前「青葉イベント広場」にて「いいじゃん!葵区あったかフェスタ」が開催され「あおいくん」を始め、市内からキャラクターが集まってのイベントが開催された。ステージショーが始まる前。ちらっと顔を出したあおいくんに子どもたちから早くも歓声がわき、地元での人気の高さを感じさせた。


CIMG0895-1
この日のステージに登場したキャラクターは、【あおいくん】(葵区)、【トロベー】(駿河区・登呂遺跡)、【ロッシー君(ホッキョクグマ)】【たいらくん(レッサーパンダ)】(駿河区・日本平動物園)、【ふじっぴー】(静岡県)


CIMG0924-1
そして、【パルちゃん】(清水区・清水エスパルス)エスパルスのチアダンスチーム「オレンジウェーブ」も登場。


CIMG0930
さすが「Jリーグマスコット1のエンターティナー」の異名を持つパルちゃん。オレンジウェーブやオレンジウェーブダンススクールの子供たちとのダンスステージで観客を魅了。「こパルちゃん」が来てなかったのは少々残念なところ。


CIMG0968-1
ダンスステージの前後にはキャラクターとのふれあいタイムが設けられ、それぞれ楽しそうにツーショット撮影に興じていた。


CIMG0979-1
最後に登場キャラクター全員での集合写真を撮ってお開き。ステージが13:00〜13:45の1回しかなかったことやパルちゃん以外のキャラクターがほとんど「出てきただけ」状態だったのは他地域のゆるキャライベントを見慣れた人には若干物足りなかったところか。


CIMG0890
それでも会場ではあおいくんサンバイザーのプレゼントなどもあり「あおいくん」を強く推しているのがよくわかるイベントだった。今後はもっと他地域との連携をはかり、「ゆるキャラ不毛の地」脱却へ進んでいって欲しいものです。


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Photo by 梅原 英久
Text by 波多野 仁
続きを読む

ふじっぴー、札幌の地で静岡をPR(北海道)

yurukyara71

静岡県の人気者【ふじっぴー】が、2010年1月14日(金)〜16日(日)に札幌のジャスコ発寒店で行われた「ふじのくにじずおかフェア」にやってきました。

日本一の総数が243個もある静岡。富士山にお茶などが有名ですが紅茶の輸入量やマグロの輸入量も日本一のようです。イベントでは静岡の特産品の紹介や、B級グルメの実演版場や、静岡県のオススメスポットや観光地の紹介。そしてステージでは、大道芸パフォーマンスやクイズ大会。14日金曜日の12:00〜16:00には、札幌のラジオ番組「カーナビラジオ午後一番」の公開放送も行われました。

「ふじっぴー」は観光PRのブースで静岡をアピールしていました。静岡県のマスコットキャラクターである「ふじっぴー」。静岡のPRに大活躍でした。ポーズもしてくれてサービス精神も抜群ですね。

yurukyara75

富士山静岡空港ができて、札幌からでも気軽に行けるようになったので、これからは静岡が身近に感じられるようになりそうです。

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 松田 典彦
続きを読む

日刊スポーツ静岡版がゆるキャラブームに便乗「キャラリンピック」を開始(静岡県)

http://enjoy.nikkansports.com/shizuoka/archives/201004/06_94503.html

スポーツ新聞が「ゆるキャラ」を取り上げる理由は何なのでしょうか? 日刊スポーツ(静岡版)の場合は、とりあえず「ブーム」という事のようです。

2010年4月6日付日刊スポーツ静岡支局ブログ「静岡もどき隊/ゆるキャラブームに乗っかります」というエントリによると、日刊スポーツ静岡版ではゆるキャラブームに便乗し、静岡のゆるキャラを紹介する連載、その名も「キャラリンピック」を始めたそうです。


記念すべき初回のキャラクターは【ふじっぴー】。やはり静岡といえば、富士山をテーマにしたキャラクターを取り上げるのがマストのようです。

静岡にも沢山のキャラクターがいますから、全部紹介するとかなりの長期連載になるのではないでしょうか? 静岡版なので県外の人が読むのは難しいですが、スポーツ新聞ならではのキャッチーなレイアウトと見出しで楽しい記事を連発してくれる事を期待したいです。

ちなみに、ブログのコメント欄には、読者のこりんごさんからの「記事のふじっぴーがイラストだけなのは弱いです。ちゃんと着ぐるみの写真を載せるべき」という厳しい意見が寄せられていました。


Text by 内田 勉

続きを読む
スポンサードリンク
follow me
feedly RSS twitter mixi
全国ご当地キャラニュースとは?
日本各地に点在する「ご当地キャラ」「ゆるキャラ(R)」「ローカルヒーロー」を愛情たっぷりに紹介する日本初のご当地キャラ専門ニュースサイト。情報提供はこちらまで。記者も募集中運営者情報

外部コンテンツ
YouTube動画
キャラクターイベントカレンダー
全国ご当地キャラマップ
ニュース配信先
livedoorニュース
マピオンニュース
Googleニュース
Bloglinesで閲読登録 ADD TO Hatena::RSS
Subscribe with livedoor Reader Add to Google
ニュース配信協力:メディア・エージェンシー有限責任事業組合
スポンサードリンク

キャラクター関係者の皆様へ

スポンサードリンク
トラベルメディア「Traicy」最新記事
ローカルeye47 最新記事
メディア掲載履歴
BB Watchに紹介されました(2009/10/16)
ポッドキャストジャーナルに紹介されました(2009/10/17)
遊都総研に紹介されました(2009/10/19)
JFN系FMラジオflowersに出演しました(2010/3/22)
日本列島ズラリ!ご当地キャラ大集合!!(笠倉出版社)に掲載されました(2010/5/1)
国際時事新聞で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/3)
ガジェット通信で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/16)

twinavi_banner_200_90
twinavi
に掲載されました。(2010/9/28)