まりもっこり

「ボクは変態じゃない!」あの【たけのこまん】のツイッターがすごいことに(和歌山県)

先日のこちらの記事の反響があまりにもすごかったので、その後の【たけのこまん】を、ツイッターのタイムラインで追跡してみました。

ちなみに、まだご存じない方のために。
たけのこまん】とは、和歌山県和歌山市山東地区の山東まちづくり会マスコットキャラクターで、たけのこの被り物に肌色の全身タイツ、腰にはみかんのバックルのベルトに作業用長靴、というゆるキャラ(R)というよりも・・・笑いを誘ってくれる個性的なキャラクターです。

当ニュースで取り上げたときはフォロワーこそ1,000を超えていたものの絡みはあまりなく、「おはよう」「おやすみ」という挨拶のほかは、ちょっとした日常をつぶやいていた程度の【たけのこまん】。
しかし、記事掲載後にはフォロワーの急増で勢いづいたのか、日々“イロモノキャラ”として精進?するかのように、サービス側に規制されながらも怒涛のツイートを行っているのです。


take2-001
<この日はとうとう和歌山弁でツイートを!!!>

たとえば、朝の挨拶のレパートリーが増え「おはにょっきり」や「おはばんぶー」といった造語が登場しています。しかし、コレにはフォロワーから「ブレてる!!」という突っ込みも入っているなど、タイムラインはまるで【たけのこまん】がボケ役でフォロワーが突っ込み役という漫才状態。

しかし、フォロワーから一番多く寄せられている突込みは【たけのこまん】の風貌に対するものです。

たけのこの頭部に肌色の全身タイツ、そしてちょっと緩めのみかんベルトに作業長靴。文字で表記するとどうイメージしても“ゆるキャラ(R)”としては受け止めてもらえないですね・・・。しかも、イラストはとてもプリティなのに、それが生写真になると、それはもう・・・筆舌に尽くしがたいといったところでしょうか。

take2-002
<左がイラスト、右が実際の【たけのこまん】です>

そんな、フォロワーから続々と届く“タイツ”にちなんだツイートを拾っていくと、“タイツ”に隠された謎が次々に明らかになってきました。

「(パンツは)全身タイツの下に穿いてるよ!(だから変態とか卑猥ではないということのようです)」
「お父さんはちょっと浅黒い肌色のタイツでお母さんはほんのりピンクの肌色のタイツ(家族全員微妙にタイツの色が違うようです)」
「身内はみんな全身タイツだし……」
「全身タイツしか持ってない」
「全身タイツは一生やめないよ!」
「全身タイツ着てるよ!服着てるのに変態と言われる不思議」
「全身タイツ=変態という認識は、全世界の全身タイツ愛好家の人に対して失礼だよ!(やり取りの中で全身タイツ愛好家や全身タイツ党といった怪しげな名称まで登場していました)」
「(持っているタイツは)10着くらいかな/◔▽◔\」
「全身タイツを脱いだら裸!」
「夏用に薄手の(タイツ)があるから大丈夫!(冬用と夏用があるとは驚きですね)」


・・・子供たちに愛されるはずのゆるキャラ(R)のツイートとは思えない内容ですね。しかし、【たけのこまん】自身はなぜ“全身タイツ”にスポットが当たってしまうのか疑問の様子。そんな想いがこんなツイートに。

「みんな聞いて!全身タイツも服だよ!ボク裸じゃない!」

そうですよね。全身タイツだからといって差別してはいけませんね。
これが【たけのこまん】なのですから。ありのままを受け入れて皆で応援してあげなくては!
最近では、【まんべくん】や【まりもっこり】といった超個性的キャラたちともツイートで絡むことも多くなり、フォロワーからは

「やがて「変態ゆるキャラ(R)」の頂点に立ちそうww」
「日本三大変態ゆるキャラ(R)」


などと称されています。挙句にはTogetterで「ゆるキャラ(R)・たけのこまんが三大変態ゆるキャラ(R)になるまでのまとめ」までが作られてしまいました。

ちなみに、【たけのこまん】は“必殺!バンブーシュート!”という技を持っているそうですが、いまだ

「ヒーローとかロボットとかに憧れて必殺技を練習する日々/◔▽◔\」

なのだそうです。技を極めた【たけのこまん】とイノシシの戦いの日が楽しみですね。

一体【たけのこまん】はドコまでいってしまうのでしょう。記者も影ながら応援していきたいと思います。

【関連記事】誰もが一瞬目を疑う・・・かもしれない個性的ゆるキャラ【たけのこまん】(和歌山県)

【関連情報】山東まちづくり会 公式サイト
【関連情報】たけのこまん on Twitter

全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by 北島 要子
続きを読む

これは貴重! パルコ限定の「ゆるキャラCAN」にせんとくん、まりもっこり

canペーン

前の記事に登場したPARCOでしか手に入らない期間限定のゆるキャラ缶ジュースが今日(2009/12/19)から登場です!

これは「池袋パルコ」の開店40年を記念する謝恩企画「PARCO 40th ALL-STARS 史上最大のCANぺーン」で、人気アーティストやキャラクター、出店ブランドとコラボした限定缶をプレゼントするというもの。そのキャラクターに【せんとくん】と【まりもっこり】が含まれているのです。せんとくん、まりもっこり共に中身は緑茶になっています。

ちなみに、プレゼントの条件は結構厳しく、全国のパルコ館内で4,000円以上買い物をすると、コインが1枚もらえ、そのコインを使って店内に設置された自動販売機でオリジナルデザインの缶ドリンクがもらえるというもの。全部で40種類のうち、どのデザインが出るかは分からないので、せんとくん缶とまりもっこり缶の両方を手に入れようとしたら、一体いくらかかるんでしょうか?

そう思った人のために、全缶入りのコンプリートボックスのプレゼントが Web限定で行われています。情報の記入も少ないので、すぐ応募できますよ。


Text by 内田勉
続きを読む
スポンサードリンク
follow me
feedly RSS twitter mixi
全国ご当地キャラニュースとは?
日本各地に点在する「ご当地キャラ」「ゆるキャラ(R)」「ローカルヒーロー」を愛情たっぷりに紹介する日本初のご当地キャラ専門ニュースサイト。情報提供はこちらまで。記者も募集中運営者情報

外部コンテンツ
YouTube動画
キャラクターイベントカレンダー
全国ご当地キャラマップ
ニュース配信先
livedoorニュース
マピオンニュース
Googleニュース
Bloglinesで閲読登録 ADD TO Hatena::RSS
Subscribe with livedoor Reader Add to Google
ニュース配信協力:メディア・エージェンシー有限責任事業組合
スポンサードリンク

キャラクター関係者の皆様へ

スポンサードリンク
トラベルメディア「Traicy」最新記事
ローカルeye47 最新記事
メディア掲載履歴
BB Watchに紹介されました(2009/10/16)
ポッドキャストジャーナルに紹介されました(2009/10/17)
遊都総研に紹介されました(2009/10/19)
JFN系FMラジオflowersに出演しました(2010/3/22)
日本列島ズラリ!ご当地キャラ大集合!!(笠倉出版社)に掲載されました(2010/5/1)
国際時事新聞で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/3)
ガジェット通信で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/16)

twinavi_banner_200_90
twinavi
に掲載されました。(2010/9/28)