小峰シロ

福島県白河市で「萌えおこし」キャラクター、小峰シロが誕生!(福島県)

「萌えおこし」という言葉をご存知だろうか。「萌えおこし」は萌え系美少女キャラクターを全面に押し出すことによって地域おこしを行う一種のマーケティング手法。

2011年8月28日、ご当地萌えおこしキャラ初となる変身ヒロイン【小峰シロ】が誕生した。

【小峰シロ】は福島県白河市の小峰城にある「おとめ桜」と白河市の観光スポットをPRするために誕生。実際にあった歴史エピソードと「子犬」と「桜の精」が融合するというオリジナルストーリーをうまくつなぎ合わせてできたキャラクター。

小峰シロその1

名前は、
・ 白河市にある日本100名城の1つ、小峰城の城(じょう)を音読みして 【小峰シロ】
・ 「おとめ桜」の根元で寝ていたとされる子犬のシロ(ストーリー上のオリジナルキャラクター)と小峰城を合わせて【小峰シロ】
・ 観光地の力を借りて様々な「色」に変化するため(変身して色がつく)、変身前は「真っ白」=「白(シロ)」というイメージで【小峰シロ】
と3つの由来がる。

小峰城の石垣は江戸時代の改修工事の際、何度も崩れたため、人柱を立てたという伝説が残されています。この人柱になった人物の名前が「おとめ」。石垣の完成後、「おとめ」が埋められた場所から1本の桜の木が花を咲かせるようになり、その木はいつしか「おとめ桜」と呼ばれるようになりました。

2011年3月11日の東日本大震災で小峰城の石垣が崩壊し、現在、復旧工事が行われています。この復旧工事開始の2011年8月27日に「おとめ供養祭」が行われました。その「おとめ供養祭」にちなんで誕生したのが萌えおこし美少女キャラクターの【小峰シロ】。

小峰シロその2

人柱伝説と東日本大震災を合わせた、なんとも悲しくて壮大なエピソードを背負ったキャラクターなのです。

キャラクターの設定やストーリー展開などが緻密に練られており、ご当地キャラもついにここまできたかと思うほどのクオリティーに仕上がっている。


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 佐々木 勇夫
続きを読む

follow me
feedly RSS twitter mixi facebook
全国ご当地キャラニュースとは?
日本各地に点在する「ご当地キャラ」「ゆるキャラ(R)」「ローカルヒーロー」を愛情たっぷりに紹介する日本初のご当地キャラ専門ニュースサイト。情報提供はこちらまで。記者も募集中運営者情報

外部コンテンツ
YouTube動画
キャラクターイベントカレンダー
全国ご当地キャラマップ
ニュース配信先
livedoorニュース
マピオンニュース
Googleニュース
Bloglinesで閲読登録 ADD TO Hatena::RSS
Subscribe with livedoor Reader Add to Google
ニュース配信協力:メディア・エージェンシー有限責任事業組合



キャラクター関係者の皆様へ

トラベルメディア「Traicy」最新記事
メディア掲載履歴
BB Watchに紹介されました(2009/10/16)
ポッドキャストジャーナルに紹介されました(2009/10/17)
遊都総研に紹介されました(2009/10/19)
JFN系FMラジオflowersに出演しました(2010/3/22)
日本列島ズラリ!ご当地キャラ大集合!!(笠倉出版社)に掲載されました(2010/5/1)
国際時事新聞で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/3)
ガジェット通信で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/16)

twinavi_banner_200_90
twinavi
に掲載されました。(2010/9/28)