福島県

「指さしナビ」がサービス提供エリア拡大へ!全国のご当地キャラ登場の期待高まる

現在、福島県を中心にサービスを提供している「指さしナビ(会津ラボ)」が、平成27年1月15日より全国の地方自治体向けにサービスの提供をすることが明らかになった。

f9a081 

「指さしナビ」とは、スマートフォンなどのカメラ機能を利用し、実際の風景を見ながら目的地までの案内をしてくれるアプリ。

761d175a64 

アプリ内では、ナビゲーターとしてご当地キャラが登場しており、目的地へ到達するまで方向を指をさして教えてくれるのだ。

fa6a642b81
<二本松市バージョンでは、二本松の菊人形【菊松くん】がナビゲーターをしている> 

現在は、福島県内の14市町村に加え鳥取県鳥取市でも運用されており、会津若松市の観光スポットを案内する“会津若松ナビ”には会津若松市公認キャラクター【若松っつん】が。

鳥取市の“鳥取市観光”には、「とっとり山の手物語 華貴婦人」オリジナルキャラクターの【チャールズ君】がと、各地域のご当地キャラクターがナビゲーターとして登場している。

今後、導入する地方自治体が増えれば、その自治体ならではのご当地キャラクターたちがナビゲーターとして登場することは想像に難くない。

ナビゲーターとして登場するキャラクターたちは3Dデータ化されているので、これまで2次元でしか展開していなかったキャラクターも立体的に楽しめる可能性がある。

今後、導入自治体が増えることを楽しみにしたい。

●関連情報
株式会社 会津ラボ
・指さしナビ〜二本松市〜(Google Play)(App Store

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。また、記事を執筆するご当地情報員ヘッダーバナーもゆる〜く募集しています
Text by 北島 要子
続きを読む

福島県白河市で「萌えおこし」キャラクター、小峰シロが誕生!(福島県)

「萌えおこし」という言葉をご存知だろうか。「萌えおこし」は萌え系美少女キャラクターを全面に押し出すことによって地域おこしを行う一種のマーケティング手法。

2011年8月28日、ご当地萌えおこしキャラ初となる変身ヒロイン【小峰シロ】が誕生した。

【小峰シロ】は福島県白河市の小峰城にある「おとめ桜」と白河市の観光スポットをPRするために誕生。実際にあった歴史エピソードと「子犬」と「桜の精」が融合するというオリジナルストーリーをうまくつなぎ合わせてできたキャラクター。

小峰シロその1

名前は、
・ 白河市にある日本100名城の1つ、小峰城の城(じょう)を音読みして 【小峰シロ】
・ 「おとめ桜」の根元で寝ていたとされる子犬のシロ(ストーリー上のオリジナルキャラクター)と小峰城を合わせて【小峰シロ】
・ 観光地の力を借りて様々な「色」に変化するため(変身して色がつく)、変身前は「真っ白」=「白(シロ)」というイメージで【小峰シロ】
と3つの由来がる。

小峰城の石垣は江戸時代の改修工事の際、何度も崩れたため、人柱を立てたという伝説が残されています。この人柱になった人物の名前が「おとめ」。石垣の完成後、「おとめ」が埋められた場所から1本の桜の木が花を咲かせるようになり、その木はいつしか「おとめ桜」と呼ばれるようになりました。

2011年3月11日の東日本大震災で小峰城の石垣が崩壊し、現在、復旧工事が行われています。この復旧工事開始の2011年8月27日に「おとめ供養祭」が行われました。その「おとめ供養祭」にちなんで誕生したのが萌えおこし美少女キャラクターの【小峰シロ】。

小峰シロその2

人柱伝説と東日本大震災を合わせた、なんとも悲しくて壮大なエピソードを背負ったキャラクターなのです。

キャラクターの設定やストーリー展開などが緻密に練られており、ご当地キャラもついにここまできたかと思うほどのクオリティーに仕上がっている。


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 佐々木 勇夫
続きを読む

【頑張れ!東北】あいづじげん、ゆる友達募集中(福島県)

「会津美里町ふくしま復興キャラバン隊」ではキャラバン会場で【あいづじげん】くんとお友達になってくれるゆるキャラを募集中だそうです。

1314344944653
これまで2011年8月27日にイオンモール京都で【まゆまろ】と

DSCN3292
9月8日は長浜市「道の駅塩津海道あぢかまの里」で【あぢかもくん】と


DSC_0310
14日には「風とロックSUPER野馬追in奥只見」会場で福島県のキャラクター「キビタン」の娘【キビィ】と共演しました。

キャラバン隊は10月は2日に千葉県市川市「市川まつり」に参加のあとは九州方面へ、11月は9月と同じ中部〜近畿地方を廻る予定とのこと。直近の予定は公式ブログに掲載されます。興味のあるキャラクター関係者は一度問い合わせてみてはどうでしょうか。Twitter(@aizu3310caravan )もやっていますよ。

写真提供:会津美里町ふくしま復興キャラバン隊

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!

Text by 波多野 仁
続きを読む

2011年05月22日〜05月28日のキャラクターブログ更新情報(No.062)

今週もブログ更新情報の時間がやってまいりました。実は更新作業の途中に急な仕事が入ってしまい、いつの間にか日付が変わって朝の4時……。というわけで、今週のピックアップブログは1つだけですが、このブログエントリッ!


http://t-ginjiro.jugem.jp/?eid=522
[写真] 品川区長といっしょに『ビックパレットふくしま』へ行...

銀ちゃんこと、戸越銀次郎が東京都品川区の浜野健区長と共に福島県に行って救援物資と義援金を届けてきたそうです。MSN産経ニュースでも取り上げられています。

品川区長が福島・富岡町に支援物資 「戸越銀次郎」も激励

銀ちゃん自身が集めた義援金もかなりありますから、自分で届けに行く事に意義はあるなと思います。

それでは今週のブログ更新情報です。

続きを読む

2010年10月のヘッダ画像は、こゆりちゃんです(福島県)

koyuri

2010年8月から始まった、月替わりのヘッダ画像でのキャラクター紹介。8月は【ハッスル黄門】、9月は【ハンバーグマのグーグー】でした。

10月分は公募制にして、以下の3つのキャラクターの応募がありました。

nyappage
ニャッパゲ

全国ご当地キャラニュース(10月)(ニッコりん)
ニッコりん

koyuri
こゆりちゃん


どうですか、どれもなかなか素敵なデザインだと思いませんか?

複数応募があった場合に、どうやって選ぶかは決めていなかったのですが、今回はご当地情報員の方に投票していただきました。その結果、【こゆりちゃん】が最も多くの票を集めたので、10月のヘッダ画像には、こゆりちゃんになっていただく事にしました。おめでとうございます。

簡単にプロフィールを紹介すると、こゆりちゃんは今年4月に誕生した福島県西会津町のイメージキャラクター。霊峰・飯豊山からの使者で、オトメユリの妖精(女の子)。頭の触覚で楽しいことを探し、背中の葉っぱでできた羽で飛び回り、足には町の特産品「桐下駄」をはいています。西会津町で生活するうちに町や、そこに暮らす人々が大好きになり、すっかり居ついてしまったそうです。


全国ご当地キャラニュースではヘッダ画像を毎月募集します
全国ご当地キャラニュースでは、ヘッダ画像を毎月募集しています。キャラクター関係者のみなさん、ぜひPRに使って下さい。以下の条件に合う画像を編集部までメールフォームで送って下さい。

1:サイズは970x150pxのJPEGかGIF
2:写真ではなく、イラストを使ったもの
3:全国ご当地キャラニュース、http://yurui.jp の文字が目立つように配置。大きさは今までの画像を参考にして下さい
4:トラブル防止のため、キャラクターの運営者自身が編集部にデータを送付する事。
5:送っていただいた画像は、他の記事等でも利用する可能性があります

掲載は無料ですが、応募多数の場合は何らかの方法で掲載画像を選ばせていただきますので、必ず掲載されるとは限りません。11月掲載予定分の締切は10月20日です。ご当地情報員の方に投票していただき、もっとも得票数の多いキャラクターが掲載される権利を獲得します。

今回残念ながら落選してしまったニャッパゲ&ニッコりんは、11月分の選考対象にしたいと思います。沢山の応募をお待ちしています。


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!

Text by 内田 勉
続きを読む

【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:ダルライザー(福島県)

2009年11月1日にアリオ亀有で行われた子どもを守れ! ローカルヒーロー首都決戦 児童虐待防止啓発ヒーローショーの動画リポートの続きです。

今回のヒーローは、福島県白河市の名産品、だるまがモチーフのヒーロー【ダルライザー】です。今回が東京初登場! です。


http://www.youtube.com/watch?v=5P5nrTW9JKQ

司会のお姉さんが解説を始めた途端、白河の夜を黒くする存在ダイスが登場。丸い形をしたダルマとは正反対の四角い悪役だ。そこに颯爽と登場した、ダルライザー。「ダルマ野郎!」と罵られつつも、早速ダイスを懲らしめたところ、「虐待だ!」と責められ苦悩してしまう。

一方のダイス(5)も、仲間にいじめられ、辛い思いをしていた。



http://www.youtube.com/watch?v=LEjBXFcj8jU

会場のお客さんに、どうしたらいいのか訊くダルライザーとお姉さん。握手して話し合いというアイデアが出た。暴力を使わないと宣言するダルライザー。

そこに現れたダイス(5)。でも様子が変だ。ダルライザーに助けを求めてきた。そこでダルライザーは虐待という言葉を使わなくていい世界を作ろうと提案する。

そこにダイスのメンバーが現れ、裏切りものの5を「それでもダイスか!」と教育的指導で殴りつけるが……。結局ダイスにやらてしまうダルライザー。この先どうなってしまうのか?



http://www.youtube.com/watch?v=yoPlb3dKpTA

意外な結末を迎えてショーは終了します。

なんといってもダイスの6人が格好良すぎます! 特に(1)は小林克也似の美声です。ダルライザーはちょっと苦悩しすぎだったかもしれません。


■関連記事
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】フォトリポート(前半) 本日デビューの新ヒーローも登場!
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】フォトリポート(後半) 首都決戦に意外な人が乱入!?
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:クルメイザー(東京都)
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:みずすましげんごろう
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:幸戦隊コウタレンジャー(愛知県)
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:幕間のマブリットキバのトーク
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:転成合神ゲンキダーJ(東京都)
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:精霊法士トチノキッド(栃木県)、天草子織姫ヒメル(栃木県)、風天狗リューマイン(群馬県)
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:渦戦士エディ(徳島県)
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:防犯戦隊フリコマン(東京都)
【特集:ローカルヒーロー首都決戦】動画リポート:マブリットキバ(岩手県)

Text by 内田勉
続きを読む

ゆるキャラの制作費っていくらぐらいなの?

http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000000911300004

ひこにゃん」のように全国区のキャラクターもあれば、「ぼっくりん」のように地元でもイマイチ認知度がないキャラクターもいます。いずれも「PRの役に立ちたい」という共通の思いからこの世に生を受けたわけですが、そこは資本主義の世の中、費用対効果というのも気になります。東京都のように10分のPR映像に5億円もかけると、やはり常識を疑われてしまいます。

お金にまつわる事なので、どのキャラクターがどれくらいの予算をかけて作られているのかはなかなか公になる事はありませんが、朝日新聞によると、現在福島県郡山市で制作中のキャラクターは、150万円ほどの予算がつけられているそうです。
デザイン採用者に50万円、愛称採用者に10万円の賞金を用意し、さっそく8月からキャラクターの全国公募を始めた。東京のデザイン系の大学や専門学校に集中的にチラシを配ったり、公募雑誌にアピールしたりした結果、首都圏を中心に全国から1456点の応募作品が集まった。
との事で、2009年12月20日まで候補を3つに絞り込むための人気投票を行っています(なぜ最終決定でないのでしょうね)。

ちなみに記事の中では桜美林大学の鈴木勝教授(観光マーケティング論)が、
キャラクターを生み出すのに、そんなに税金を使うのは意味がない。(略)
人気が出るかわからないキャラクターの制作より、誕生後の仕掛けやアイデアに、金と労力を使うべきだ。
とやや批判的なコメントを寄せています。150万円の予算のうち、60万円はキャラクターや愛称のコンテストに使用するので、残りは90万円。さらに特別審査員として、郡山市出身のクリエイティブディレクター、箭内道彦さん(超有名人!)が参加したりしているわけですし、そんなに沢山お金を使っているわけではない、と筆者は思うのですが。ただ、作るよりも作った後の事を、というのは同感です。みなさんは、どう思いますか?

【関連情報】リポートふくしま:ゆるキャラ作り真剣(今回紹介した記事)
【関連情報】郡山市イメージキャラクター人気投票!
【関連情報】「ぼっくりん」4割知らぬ 高砂のゆるキャラ


Text by 内田 勉
続きを読む
スポンサードリンク
follow me
feedly RSS twitter mixi
全国ご当地キャラニュースとは?
日本各地に点在する「ご当地キャラ」「ゆるキャラ(R)」「ローカルヒーロー」を愛情たっぷりに紹介する日本初のご当地キャラ専門ニュースサイト。情報提供はこちらまで。記者も募集中運営者情報

外部コンテンツ
YouTube動画
キャラクターイベントカレンダー
全国ご当地キャラマップ
ニュース配信先
livedoorニュース
マピオンニュース
Googleニュース
Bloglinesで閲読登録 ADD TO Hatena::RSS
Subscribe with livedoor Reader Add to Google
ニュース配信協力:メディア・エージェンシー有限責任事業組合
スポンサードリンク

キャラクター関係者の皆様へ

スポンサードリンク
トラベルメディア「Traicy」最新記事
ローカルeye47 最新記事
メディア掲載履歴
BB Watchに紹介されました(2009/10/16)
ポッドキャストジャーナルに紹介されました(2009/10/17)
遊都総研に紹介されました(2009/10/19)
JFN系FMラジオflowersに出演しました(2010/3/22)
日本列島ズラリ!ご当地キャラ大集合!!(笠倉出版社)に掲載されました(2010/5/1)
国際時事新聞で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/3)
ガジェット通信で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/16)

twinavi_banner_200_90
twinavi
に掲載されました。(2010/9/28)