NHK

フォロワー100万人達成まであと少し!達成の瞬間は今週末か!?(千葉県)

今や、ご当地キャラというよりタレント的な存在となっている、千葉県船橋市在住の梨の妖精【ふなっしー】。

funa
ふなっしー公式Twitterより>

コラボフードやコラボグッズだけでなく、CMやTV・劇場版アニメへの出演など、とにかく日々メディアに登場している感があるが、そんなふなっしーのTwitterフォロワー数がまもなく100万へと到達する。



すでにフォロワーからは100万人を祝うコメントなども寄せられているが、現在のふなっしー公式Twitterのフォロワー数は996,095人(2014年11月11日現在)となっており、いまも着々と増え続けている。

フォロワーの増加スピードをウォッチしてみたところ、大体、1日で1,500〜2,000人程度増えているようだ。

現時点のフォロワー数でもご当地キャラクター内でぶっちぎり1位を独走しているふなっしーだが、100万超えとなれば、bot系やキャラクターカテゴリでフォロワー数トップを目指すことも夢ではない。

今月(2014年11月)15日には、NHK Eテレで放送される「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」にも登場するふなっしー。

阿川佐和子との「史上最も予測不能なトークバトル開幕!」が見どころとなっているだけに、同番組の前後あたりが100万超えに向けてのひとつのポイントになりそうだ。

まだふなっしーをフォローしていないという皆さん、ぜひ、100万人目を狙ってみては?

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。また、記事を執筆するご当地情報員ヘッダーバナーもゆる〜く募集しています
Text by 北島 要子
続きを読む

本日やなながNHK全国ネットでたっぷり放送されるよ!録画を急げっ!(岐阜県)

http://yanana87.blog49.fc2.com/blog-entry-507.html
http://yanana87.blog49.fc2.com/blog-entry-507.html


早速ですが、【やなな】がリポーターとなって岐阜の工場を紹介するNHK番組「やななと行こう!ぎふの工場見学」が全国ネットで放送されます。今日(2011年8月17日)の午後3時15分からです。まずは録画を急げっ!

何気に「自分の名前が入った」看板番組となっております。そうです、芸能人として一流でないとなかなか作ってもらえない名前の入った番組ですよ!

番組のページはこちら。やななが岐阜のすごい工場をいろいろ紹介するそうです。


そしてもう1つ、全国ネットの放送が待っているんです。

痛くても、笑顔で 〜線維筋痛症と闘う美少女読者モデル〜 という番組で、こちらは8月22日(月) 15:15〜 NHKでの放送になっています。

岐阜美少女図鑑モデルでやななの広報担当のあかりさんが主人公のドキュメンタリーで、番組Webサイトによると、
全身に激しい痛みが生じる原因不明の病、線維筋痛症。医師の間でもあまり知られていない上、治療法も確立されていない重い病気だ。岐阜県に住む塚本明里さんは5年前、突然この病を発症。生きる希望を失った。しかし、大好きなオシャレをきっかけに少しずつ街に出始めた彼女は、その後、地方誌のモデルになり、一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと活動を始めた。痛みと闘いながら懸命に生きる女性の姿を追う。

という真面目な内容のようです。

どちらもローカルで放送された後、番組内容が評価されて全国ネットでの放送が決まったとの事です。


全国ご当地キャラニュースでは、地震で被災した地域を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。

また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by 内田 勉
続きを読む

蓮花ちゃん 7月23日にNHKの情報番組「西日本の旅」出演(奈良県)

奈良・葛城市の【蓮花ちゃん】が、NHKの四国、中国、近畿、九州・沖縄ブロックの各放送局が共同制作する紀行番組『西日本の旅』に出演することとなった。近畿以西のエリアで視聴できる。


NHK_1

番組のロケは2011年7月16日に行われた。蓮花ちゃんは、同市にある道の駅「ふたかみパーク當麻(たいま)」で販売されているさまざまな特産品について取材を受けた。レポーターが投げかける質問にも、これまで数多くのテレビ出演を行なってきた蓮花ちゃんは慣れた様子で対応。このテキパキとした対応に、番組ディレクターらを喜ばせた一面も。


NHK_2

さて、番組内で蓮花ちゃんが紹介したものはいったい?

蓮花ちゃんが登場する回の放送予定は7月23日(土)で、各放送局が土曜朝に放送しているローカル番組の中で登場する。それぞれの番組情報は、以下の通り。

■ ウイークエンド関西(近畿、土 7:30〜8:00)
■ おはようちゅうごく(中国、土 7:30〜8:00)
■ おはよう四国(四国、土 7:30〜8:00)
■ おはようサタデー九州沖縄(九州・沖縄、土 7:35〜8:00)

情報提供:葛城市役所


全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter(@yurui_jp)。国際版(英語版)もあります!
Text by Aki Shikama
続きを読む

富田林市「とっぴー」 5月13日にNHKデビュー(大阪府)

46c579a9

大阪・富田林市をアピールするご当地キャラクター【とっぴー】が今週末の2011年5月13日、NHKに初めて登場することになった。

とっぴーが出るのは、NHKの「ぐるっと関西おひるまえ」という生放送の番組。ただし、放映エリアは関西でのローカル番組になる。番組内にある“ひとコーナー”で、11時40分ごろから出演予定とのこと。
※初出時11時50分→40分に訂正

このコーナーは6分ほど。富田林市にあるサバーファーム、錦織公園などの市内の一押しスポットでとっぴーは撮影をすでに行った。果たして、とっぴーはどういった登場になるのか、ぜひとも番組をチェックして欲しい。

【関連情報】富田林市ウェブサイト

全国ご当地キャラニュースでは、被災地を応援するキャラクターを応援する頑張れ!東北キャンペーンを実施中です。
また、記事を執筆するご当地情報員も募集しています。 Twitter( @yurui_jp )。国際版(英語版)もあります!
Text by Aki Shikama
続きを読む

枚方の観光大使「くらわんこ」 12/10 テレビ出演 & 12/12 お茶屋登場(大阪府)

大阪・枚方の観光大使を務める【くらわんこ】が今週、続々とテレビにイベントに登場するので要チェック!

くらわんこ_1

まず、2010年12月10日(金)は、NHK総合「ぐるっと関西 おひるまえ」(11:30〜12:00、関西ローカル)の“関西 ゆるキャラガイド”コーナーに出演する。ちなみに、このコーナーでは、関西のゆるキャラたちが順番に紹介されている。

そして、12月12日は、枚方にある「鍵屋資料館」2階大広間で開かれる“大広間茶屋”に登場する。毎月第2日曜の「五六市」にあわせた茶屋で、くらわんこの出番は14時と15時の2回(予定)。
 

くらわんこ_2

最近、枚方以外でも活動しているくらわんこは、子どもたちの人気者。江戸時代、淀川三十石船に「食らわんか〜!」と物を売っていた「くらわんか舟」の船頭で、いつも手にくらわんか舟を漕ぐ櫓(ろ)を持っている。チャームポイントは「フンドシ」。

そんなくらわんこは、枚方のさまざまな情報が詰まった「くらわんこ新聞」にも登場する。現在、第5号まで発行中。


くらわんこ新聞

さらに、枚方にはもう1体、ゆるキャラがいる。くらわんこの友だち【ひらにゃんこ】だ。まだ残念ながら着ぐるみはまだないとのことだが、グッズではすでに登場している。ちなみに“くらわんこがくらわんか舟で働いているとぴょんぴょん飛んできてたまに手伝ってくれる”という設定。

【関連情報】枚方文化観光協会


全国ご当地キャラニュースでは、ご当地キャラニュースを一緒盛り上げてくれるご当地情報員を募集しています。 Twitterでもつぶやき中! 国際版(英語版)もあります!
Text by  Aki Shikama
続きを読む

シロモチくんのノウハウを生かせ! 来年のNHK大河ドラマのイメージキャラを募集(三重県)

web_「江」を応援する会

シロモチくん】といえば、最近【ゆるキャラメル】にもなった人気キャラクターですが、その産みの親が中心になって、新しいキャラクターの募集を開始しました。

今回募集するのは来年(2011年)のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の主人公「江(ごう)」のイメージキャラクター。江は浅井三姉妹の末娘として生まれ0歳から9歳までを三重県津市で過ごしたといわれ、「幼年期の江をイメージしたゆるキャラ系のキャラクターを募集」するという事です。

主催は、大河ドラマ「江」を応援する会。「ドラマの脚本の中に、津が舞台として書かれるか未定」(同会Webサイトより)ながら、「脚本に書かれて津での物語が放映されることを期待して」PRの為の活動を開始しています。NHKとは関係ない団体で、いわば勝手連のようなもの。現在125名の方が会員として登録されています。そして、会の事務局長を務めるのが村田義信さんです。

ゆるキャラメル_シロモチくん電話でお話をおうかがいしたところ、村田さんはシロモチくんの産みの親ともいえる人だそうで、今回の「江」についても、シロモチくんを人気キャラクターに育て上げたノウハウを存分に使っていきたいとの事。さらに、かつてシロモチくんを「藤堂高虎公入府400年記念事業マスコットキャラクター」に公認してもらったように、今回募集するキャラクターについても行政に働きかけて何らかの公認をしてもらえるように働きかけていくという事でした。

放送開始の1年以上前から準備を進める皆さんの、地元愛に感服します。ご当地キャラクターの人気は、キャラクターの造詣もさる事ながら、裏方さんの力が非常に大きいもの。どんなキャラクターが選ばれるのか、今から楽しみになってきました。

【関連情報】浅井三姉妹の末娘「江」キャラクター募集要項

Text by 内田 勉
続きを読む

NHK「cool japan」でゲンキダーJはこんな風に紹介された

SANY0548_small

この秋誕生したばかりのローカルヒーロー、【ゲンキダーJ】(東京都八王子市)が、NHKの番組「cool japan」のヒーロー特集に登場するとお伝えしていましたが、ようやく観る事ができましたのでその概要を紹介します。ちなみに筆者はこの番組を観るのは初めてです。

番組は、鴻上尚史、リサ・ステッグマイヤーの2人が司会。ご意見番に慶応大学の中村伊知哉教授。そして、8人の外国人が、リポーター兼スタジオ討論の出演者です。英語と日本語の両方の言葉が飛び交いながら番組が進行していきます(海外で放送したりするのでしょうか?)。

まずは、どんな人物が日本人にとってのヒーローなのか、番組独自でアンケート。「100人に聞きました! 日本人のヒーローBEST5」と題されたアンケートの結果は……。

1位:ウルトラマン/父親
2位:アンパンマン
3位:仮面ライダー/イチロー
4位:夫(妻)
5位:シンケンジャー

意外にも父親や夫(妻)など身近な人物が上位にランキングされるという結果になりました。実在の人物ではなく架空のキャラクターなどをヒーローにあげた人が約半分いた事もあわせて紹介。

そしていよいよゲンキダーJ(以下GJ)のコーナーです。

GJを取材していたのは、イギリス出身の39歳のデザイナー、ポール・ヴィンセント(Paul Vincent)さん。自らヒーローになった人を紹介する、という趣旨でした。


http://www.youtube.com/watch?v=XK-0oJ3sO5w

まずは2009年11月1日のに行われたイベント「ローカルヒーロー首都決戦」の紹介。来場者へのインタビュー。そして、GJのショーの様子。しかしこれは一瞬で終了(笑)

続いて、イベント終了後の楽屋に潜入。GJの中の人にインタビューし、名前の由来や八王子の高尾山の烏天狗がモチーフなどという情報を聞き出します。

そして中の人の自宅を訪問。なぜローカルヒーローをやろうと思ったのか、その秘密に迫ります。

GJは実世界では2児のの父。子供の頃は宇宙刑事ギャバンが好きだったとか。地元で保育士をしているGJ。日々子供たちと接していて、ヒーローショーを見てきた子供たちが戦闘シーンにばかり目がいってしまっている事に気づき、戦うだけでなく、思いやりと勇気にあふれるヒーローの存在を伝えたいとGJになる事を決意したのです。

GJの妻は、子供の頃から憧れていたヒーローになる夢を手伝っていけたらと健気に応援しています。

場面は変わってGJが地域活動の芋ほりに参加しているところを紹介。最後に子供だけでなく大人も元気にしたいと地元商店街を元気付けたい、と、名刺配りをしている様子を生暖かく密着して6分弱のVTRが終了します。どちらかというと、取材者のポールさんがオタクっぽい雰囲気なのが印象的でした。

スタジオでは、ローカルヒーローを大人がやるのは恥ずかしい。理解できないなどの意見が続出。一方で、日常の多くは退屈なのに、それを楽しくしてくれる、遊び心を大人になっても忘れていないなどの意見が。

さらにGJの衣装が手作りである事に突っ込みが入り、あれでは変な人と疑われてもしかたがないという意見が出ます。しかし、GJがヒーローを始めたばかりでお金をかける事ができないとポールさんがいうと、鴻上さんの同情していました。

続いて、全国にローカルヒーローが400組いる事をパネルと討論で軽く紹介してコーナーは終了。全体的に取材は良くまとまっていたものの、スタジオ討論の部分がなんとなく練り上げられていないなぁ、というかローカルヒーローそのものが理解できない、という人がいてそこで議論がストップしがちな感じがしました。

ちなみに番組ではその後、歴女ブームを紹介。こちらは、新宿の歴史居酒屋?に集まる女性たちを紹介。そのうちの1人に密着していました。

全体を通してマニアよりでも醒めた目線でもない「中立的スタンス」の取り上げ方に、筆者は好感をもった番組でした。


【関連情報】転成合神 ゲンキダーJ(Blog)
【関連情報】動画リポート:転成合神ゲンキダーJ(東京都)
【関連情報】フォトリポート(前半) 本日デビューの新ヒーローも登場!
【関連情報】明日放送! ゲンキダーJの誕生秘話を見逃すな!


Text by 内田勉
続きを読む

明日放送! ゲンキダーJの誕生秘話を見逃すな!

http://www.nhk.or.jp/cooljapan/

UPDATE!
放送された概要を紹介する記事を書きました
NHK「cool japan」でゲンキダーJはこんな風に紹介された


ローカルヒーロー首都決戦にNHKのスタッフが取材に来ていた事は以前にもお伝えしましたが、その時の模様がいよいよ放送されます。

NHK cool japan:ヒーロー
Bshi 12月15日(火) 午後10時00分〜10時44分
BS1 12月20日(日)(19日深夜)0時10分〜0時54分

テーマがヒーローという事で、2009年11月1日にデビューを飾った新ヒーロー【転成合神ゲンキダーJ】の誕生に密着した様子が放送されるそうです。他の番組では二度と撮れない貴重な内容となるのではないでしょうか。今から放送が楽しみですね!



http://www.youtube.com/watch?v=XK-0oJ3sO5w


※情報を下さったみなさん、ありがとうございます。

【関連情報】転成合神 ゲンキダーJ(Blog)

Text by 内田勉
続きを読む

えべチュン、NHKのど自慢に挑戦も「だめでちた...」

http://twitter.com/ebechunBreeders/status/6137798906

 前回の記事「NHKのど自慢はご当地キャラが好き?」で、NHKの人気番組「のど自慢」の予選に【えべチュン】とえさやり班長さんがチャレンジする事をお伝えしましたが、その結果が予告通り Twitterでつぶやかれました

だめでちた...

との事で、とっても残念ですが、つぶやき具合がとてもかわいいですね。予選には 250組も参加していたそうなので、かなりハードルが高かったのではないでしょうか。ちなみに、予選で落ちると、あの有名な鐘が「カーン」と鳴るのではなく、

予選会では全員、鐘の代わりに「ありがとうございました!」というSEが入って終了でした

という事になるのだそうです。「へぇ!」ですね。

それからもう1つ、えべチュン関連でニュースが!
Googleが作っている Webブラウザ「Google chrome」用のえべチュンテーマが出来たそうです。筆者もやってみましたが、ブラウザの壁紙部分?と枠の部分が、えべチュンに変わります。1クリックでインストールできるので、簡単ですよ!

【関連記事】ひこにゃんからえべチュンの地へ NHKのど自慢はご当地キャラが好き?


Text by 内田勉

続きを読む

ひこにゃんからえべチュンの地へ NHKのど自慢はご当地キャラが好き?

http://www.nhk.or.jp/nodojiman/
 
全国各地のホールを回りながら放送している NHKの国民的歌番組「のど自慢」。先日(2009/11/22)の放送では、ゆるキャラ(R)大集合の会場にもなった滋賀県彦根市のひこね市文化プラザを舞台に放送が行われ、もちろん【ひこにゃん】も登場し放送を盛り上げていました。

Koringooさんがつぶやいて教えてくれたところによると、次(2009/11/29)ののど自慢の開催地は【えべチュン】の北海道江別市だそう。これはえべチュンの出番もあるに違いない、と編集部が問い合わせたところ、なんと予選会から参加し本戦出場を狙っているとか。予選では、えべチュンのえさやり班長さんが歌って、一緒にえべチュンが踊るスタイルになるそうです。予選会は、江別市民会館で11月28日(土)午後1時から行われ、どなたでも見る事ができます。予選結果の発表は夜7時半ぐらいで、えべチュンが本戦に出場できるかどうかの結果は Twitterで速報するそうです。

彦根市→江別市というロケ地選定は、どう考えてもスタッフにご当地キャラファンがいるとしか思えないのですが、みなさんどう思います?


http://www.youtube.com/watch?v=aOCnCxUNroI

Text by 内田勉
続きを読む

えっ! あのNHKキャラクターが使い放題!!

http://cgi2.nhk.or.jp/creative/cgi/page/Top.cgi

NHKの代表的なマスコットキャラクターといえば【どーもくん】ですが、今日(2009/10/31)からどーもくんの映像がダウンロード可能な形で公開され、非営利、著作者名の表示などを条件に誰でも自由に創作活動ができるようになりました。自分の Blogでの使用や、動画共有サイトへの投稿なども OKだそうです。

どういう事かというと、今日からNHKのカメラマンが撮影した映像素材をインターネットを通じて無料で提供する「NHKクリエイティブ・ライブラリー」(プレオープン中)という新サービスが始まり、その中に「どーもくん」の映像も含まれているという事なんです。NHKが撮影した映像は“国民共有の財産”という事でその利益還元と、家庭や学校で利用してもらう事により次世代の子供たちに「創造性」「映像リテラシー」「著作権意識」を覚えて欲しい、という事から公開となったようです。その他の映像は、動物や風景・空撮などで、キャラクターの映像というのはかなり異色です。ちなみに、2009年度はおよそ3000本の映像提供を予定しているといいますから、太っ腹です。


http://bit.ly/3eU8NI

というわけで早速「どーもくん」のライブラリにアクセスしてみました。白バックで撮影され、簡単に合成などができるようになった映像が20本ほど。うさじい、たーちゃんというキャラクターと3人で映っている映像もあります。既に、ユーザーが作った作品が何本か登録されていました。

ご当地キャラクターには自治体の職員さんが考えたもの、公募で選んだものなど様々なものがありますが、2次創作に対する考え方はそれぞれです。そんな中、「どーもくん」の映像を無償で公開したNHKの先進的な行動は、今後のご当地キャラクター界を考える上で、マイルストーンと呼べるものではないでしょうか。


■NHKクリエイティブ・ライブラリー
http://cgi2.nhk.or.jp/creative/cgi/page/Top.cgi

続きを読む
スポンサードリンク
follow me
feedly RSS twitter mixi
全国ご当地キャラニュースとは?
日本各地に点在する「ご当地キャラ」「ゆるキャラ(R)」「ローカルヒーロー」を愛情たっぷりに紹介する日本初のご当地キャラ専門ニュースサイト。情報提供はこちらまで。記者も募集中運営者情報

外部コンテンツ
YouTube動画
キャラクターイベントカレンダー
全国ご当地キャラマップ
ニュース配信先
livedoorニュース
マピオンニュース
Googleニュース
Bloglinesで閲読登録 ADD TO Hatena::RSS
Subscribe with livedoor Reader Add to Google
ニュース配信協力:メディア・エージェンシー有限責任事業組合
スポンサードリンク

キャラクター関係者の皆様へ

スポンサードリンク
トラベルメディア「Traicy」最新記事
ローカルeye47 最新記事
メディア掲載履歴
BB Watchに紹介されました(2009/10/16)
ポッドキャストジャーナルに紹介されました(2009/10/17)
遊都総研に紹介されました(2009/10/19)
JFN系FMラジオflowersに出演しました(2010/3/22)
日本列島ズラリ!ご当地キャラ大集合!!(笠倉出版社)に掲載されました(2010/5/1)
国際時事新聞で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/3)
ガジェット通信で国際版(英語版)が紹介されました(2010/8/16)

twinavi_banner_200_90
twinavi
に掲載されました。(2010/9/28)