理科

「プラスティスピア」の中に:科学者たちは、新しい環境の脅威を研究するために日本の海域を急ぐ

ボートの船員は静岡県伊豆半島沖の綺麗な海に網を投げたが、魚を捕まえるためではなく微細プラスチックを放出している。

プラスチック包装、合成衣類、漁網からの小さな浮遊破片は過去40年間にわたって急増しており、現在は世界の海のすべての部分、さらには最も深い海口にも見られます。

昨年発表された研究によると、地球の海底には約1,400万トンの微小プラスチックが散在しており、科学者たちは、生態系、食物連鎖、人間の健康への影響を含め、これに関するさらなる研究が緊急であると述べています。

そこで、フランスと日本の研究者で構成されたチームは、列島沿岸海域のサンプルを分析し、微細プラスチックが海に入る方法と海底にどれくらい浸透するかを研究しています。

彼らはまた、廃棄されるプラスチックの間に微生物が住んでいるいわゆるプラスチフィア(plastisphere)も調査しています。

堆積物サンプルの微細プラスチックが静岡県下田にあるザンビオの研究室に展示されています。 | AFP – サポート

「1970年代以前には存在しなかった新しい生態系です。 それで、私たちはどのような種類の微生物がこのプラスチックに関連しているのかわかりません。」

「靴下」というニックネームの付いた漏斗状のネットを水面の近くで15分間漂流させた後、乗組員は漁獲量を確認するために再びデッキに引き上げました。

Agostiniは「この青い材料は微細なプラスチックであり、それはポリスチレンであると信じています」と述べた。

彼らは2020年4月に研究を開始して以来、200以上のサンプルを集めており、すべて微小プラスチックを含んでいます。

研究に参加しているトリニダード・トバゴ出身のジョナサン・ラムタハル(Jonathan Ramtahal)の学生は、チームが発見した細菌が「より広い食物連鎖に有害かどうか」を決定することを目指していると述べました。

「私たちが心配する必要がありますか? 病気のメディエーターを運ぶのですか? バクテリアの多様性は、さまざまな環境でバクテリアがどのように変化するかについてのアイデアを提供することができます」と彼は言いました。

10月14日、静岡県の海岸で堆積物のサンプルを収集するために、Smith-McIntyreグラブマシンを使用しました。  |  AFP - サポート
10月14日、静岡県の海岸で堆積物のサンプルを収集するために、Smith-McIntyreグラブマシンを使用しました。 | AFP – サポート

他の研究では、微小プラスチックが地球の最も遠い地域に浸透したことが示されており、フランスのTara Ocean Foundationは以前、地中海とヨーロッパの大きな川で微小プラスチックを研究していました。

今、財団は国連によると、一人当たりのプラスチック包装廃棄物を2番目に多く生産する日本にいます。

日本政府は、膨大な廃棄物管理計画がプラスチックが海に流れ込むのを防いでいると明らかにし、業界研究によると、日本でプラスチック廃棄物の85%がリサイクルされることが分かった。 しかし、その多くは実際にエネルギーで燃焼して二酸化炭素を排出します。

環境省の海洋プラスチック汚染管理責任者である中島中井氏は、日本の海も近隣諸国のごみの影響を受けると述べた。

「日本の街と小川は他の国よりもきれいです。

中島は「この国は東南アジアと中国で生産されたプラスチックごみを一掃している主要海流の下流」と付け加えた。

2018年の国連報告書は、米国を一人当たりのプラスチック包装廃棄物の最大の発生国として指摘し、中国は全体的に最も多く発生しました。

10月14日、静岡県下田にあるザンビオ研究所の研究員が海から採取したサンプルを分析している。  |  AFP - サポート
10月14日、静岡県下田にあるザンビオ研究所の研究員が海から採取したサンプルを分析している。 | AFP – サポート

筑波大学の助教授であるアゴスティニーは、この説明に「一部真実がある」と言うが、水密性ではないと述べた。

プラスチック廃棄物が河川や閑静な湾で発見された場合、「数千キロ離れた場所からのものではない」ということは明らかであると彼は言った。

Tara-Jambioプロジェクトは、結果が数年後に発表されたときにその議論を解決することはできないようですが、Agostiniは、日本のプラスチック廃棄物のごくわずかな部分でも海に浸透しても、依然として「膨大な量」と主張しています。

日本はプラスチックへの依存を減らすために小さな措置を講じています。 2019年に2035年までに新しいプラスチックを100%リサイクルするという目標を設定し、昨年店舗でビニール袋に料金を請求し始めました。

日本海上ステーションネットワークジャンビオの責任者である綾波玲奈は、「包装習慣が日本に根を下ろしている」と述べた。 しかし、彼とチームは変更が必要だと言います。

Agostiniは、「先進国が模範を示さない限り、誰もしません。

漏斗形のネット、ニックネーム
フランスのTara Ocean Foundationと日本の海洋ステーションネットワークJambioの努力の一環として、10月14日に「靴下」というニックネームが付いた漏斗状のネットが睡眠に引かれます。 | AFP – サポート

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  新型コロナで民間救急 "今が限界」...無症状や濃厚接触者の移動手段、搬送数は倍増:東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close