「健康農業」を通じたゼロカーボン農業に向けて

1 min read

日本

日本の穀倉地帯である北島に位置する北海道大学は、日本のグリーン成長への転換とグローバルサステナビリティへの貢献を支援する農業技術のリーダーです。

東京の農林水産省によると、日本の農業部門は2019年に約5千万トンの二酸化炭素に対応する温室効果ガスを排出しました。

地球温暖化排出物と戦うための国家的努力は、植物性食品、環境を保護する再生農業、現在の気候保護よりも利益を優先する農業管理慣行改革などの領域を対象とする新しい技術に基づいています。

2050年まで温室効果ガス削減は、日本が来る5月広島で開かれるG7首脳会議の核心議題でもある。 日本は、炭素中立社会を達成するのに役立つ国家の脱炭素化技術に投資することで先張設予定です。

土壌栄養素を保護し、土地の荒廃を減らす農業の専門家である土壌科学者のYoshitaka Uchidaは、国連持続可能な開発目標を支援するための北海道大学のプログラムに参加しています。 彼は、研究から技術から消費者需要の分析と活用まで、幅広い方法に基づいて全体的なアプローチを奨励しています。

興味深い瞬間

彼は「政府と人々が代替案を探している興味深い瞬間」と述べた。 大学世界ニュース

国連食糧農業機構は現在、世界中の肥沃な農地の11%だけが全世界の人口の80%を食べて生きていると報告し、炭素のない社会に寄与する土壌を通じて残りの89%の肥沃度を改善する必要がある緊急の必要性を強調します。 。

ウチダは、環境に害を及ぼさずに食料を生産する再生農業が重要であると指摘しています。 例えば、土壌で自然に発生する微生物を保護すると、化学肥料の使用による土地の荒廃によって脅かされる作物生産性が向上する。 健康な土壌には、植物の生産に不可欠な多数の細菌や真菌が含まれています。

健康な土壌はまた、そうでなければ地球温暖化に寄与するより多くの二酸化炭素を吸収します。 研究室の研究では、健康な農地における土壌の炭素排出量の変化に関するデータを収集し、土壌栄養素の損失を計算することによって土壌の健康を監視します。 炭素と植物の分離も生態系のバランスを確認するために使用されます。

現場で農家と一緒に働く

農場の生産性を向上させるための健康的な土壌の主な柱は、フィールド農家の知識を活用することです。 「したがって、土壌科学研究は総合的であり、教育は影響を与えるための鍵です」とUchidaは言いました。 土壌教育プログラム 北海道大学で

ウチダは次のように述べています。を表します。」と言いました。

この研究はまた、農家に資金と訓練を提供し、市場メカニズムを確立する日本の影響力のある農業協同組合と共有されています。

様々な利害関係者と科学的研究を共有するワークショップは、「健康な土壌」教育と変化の必要性の重要なプラットフォームになったと彼は言いました。

従来の方法で作業

内田と人文科学と社会科学研究者を含む土壌生物学と気候変動に関する彼の研究チームは、北海道の農村地域に立ち向かい、農夫と村と村の公務員に会い、彼らの活動を聞いて学びます。

彼は、生産性を維持しながら土壌栄養ベースの農業への移行を容易にするために、既存の慣行と協力することが不可欠であると信じています。 「豊富な知識と経験を持つこれらのシステムの継続性は、改革プロセスに役立ちます」と彼は指摘しました。

土壌の栄養素を守ることができない過酷な土壌安全保障はまた、農業人口の減少に寄与し、化学肥料の使用による生産性の損失によって農民が地面を離れて日本の食料安全保障を脅かします。 日本政府は現在、日本農場の6%以上が捨てられたと推定し、これを農民不足と関連付けます。

Uchidaは、特に健康的な農業を支援するための補助金の拡大を含む、地域の村が政策やガイドラインを採用するのを助けています。

これは、政府の炭素排出権制度に参入する畜産農家と酪農業との間の新しいベンチャーのような革新のための道を開くだろう。 参加企業は、農家が健康的な土壌ベースの農業生産に着手できるように、重要な資金を生成できる排出権を設定します。

消費者の役割

健康な農業の消費者支援を活用することは、ウチダが注目するもう一つの機会です。 彼は、市の人口が農村地方政府に寄付を増やす政府の人気のある故郷の税金支援制度が提供する機会を調査しています。 その代価として、自治体は寄付者にプレゼントとしてお返ししますが、通常地域で生産された商品です。

消費者は健康な農業を拡大する役割を果たすことができる。 例えば、化学肥料を使わない農場の牧草飼育牛肉に対するウチダの支援は、北海道に変化をもたらしています。

日本で有名な高価な大理石の品種ではない赤身の牛肉は、地元の畑で自由に歩き回る牛で生産され、北海道南西部の町松松内に一時放棄された81ヘクタール規模の農場で農家が生産します。 地元のレストランは肉を買い、消費者に人気のあるカーボンフリーメニューを作り始めました。

ウチダと彼のチームは、草を養った牛が農場環境に与える影響と土壌の微生物の保有について監視しています。 「自然に基づく畜産業は、本来の生態系を保全することです。 例えば、草原の変化が少なく、牛の糞が畑に化学肥料が含まれているときに消えた昆虫を誘引していることに注目しました」と彼は言いました。

メタンガス削減

牛が排出するメタンガスを減らすことは、日本の脱炭素化努力の核心である北海道大学のもう一つの研究分野です。

北海道大学大学院の動物機能・栄養専門家である柳雄小林教授は、政府統計によると、ほぼ800万トンまたは日本農業から排出される二酸化炭素の16%に相当する牛トリムの排出を制御するプログラムをリードしています。

日本の肉牛飼育は収益性が良い。 生産価値は2020年約7,390億円(米ドル56億ドル)と推定されます。 日本はまた、主要排出源である家畜飼料用トウモロコシを年間1,000万トン以上輸入しています。

小林は筑波大学や東京大学などの日本の最高の大学研究者と協力し、さまざまな面での削減に基づいて、2050年までに排出量を80%まで削減することを目指しています。 大学世界ニュース

北海道大学で進行中の実験結果によれば、輸入カシューナッツの殻から抽出した液体を含む飼料を与えた牛の上でメタンガスが20%減少したことがわかりました。 しかし、小林は高収入コストの多い農家にとって魅力的ではないと認めた。 進行中の研究は、メタンの減少をもたらす地域栽培飼料に焦点を当てています。

「私の研究は、輸入飼料を引き上げたエネルギー価格の急上昇で打撃を受けた日本の畜産業の重要な生存手段です。 [costs] ウクライナ戦争以降」と説明した。

研究チームは、メタン発酵データを測定し、農民の最適飼料供給方法に寄与するために牛が飲み込むことができる小型カプセル装置も開発している。

Kobayashiのプロジェクトは、先駆的な研究を通じて科学技術を強化するために、2020年から拡張されたMoonshot R&Dプログラムの支援を受けています。 Japan Science and Technology Agencyが発足したこの資金は、地球温暖化などの人類が直面する問題を解決するために委任されました。

きれいな地球と食料供給の持続可能性は、プログラムの目標の一つです。

これは、日本の北海道大学と協力して、持続可能な開発目標に関する一連の記事の3番目です。 大学世界ニュース 編集コンテンツに対する完全な責任があります。

READ  興奮すべきこと
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours