理科

「次はもはや効果がない…」民間臨調が今回の新型コロナ「日本モデル」のボール83人の政策当事者が真相を告白| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

福島原発事故の民間事故調で大きな話題を呼んだシンクタンクが緊急出版した “新型コロナ対応・民間臨時調査委員会の調査・検証報告書「(ディスカヴァートゥエンティワン)が話題になっている。19人の専門家が、日本政府の責任者など83人をインタビューしたレポートの書籍化であるので、見えてきた「日本モデル」の正体を同臨調の共同審査、塩崎明久弁護士が言う──。

83人の政府・自治体政策当事者が言った

新型コロナ対応民間一時調査委員会(コロナ民間臨調)による政府のCOVID-19対応を検証する過程で83人に達する政府・自治体の政策当事者たちの証言に明らかになったのは、韓国の伝染病に備え甘み、さらに危機に備える困難なかった。

日本では最近の最大の感染症危機対応作業が実施された2009年の新型インフルエンザ大流行でした。当時の危機対応に当たった関係者がまとめた「新型インフルエンザ(A / H1N1)対策総括会議報告書」は、PCR検査体制の強化、保健所などの感染監視体制の強化、感染の危機管理に対応する人員体制の大幅な強化など、次の流行のために準備として数々の重要な提言が挙げられました。

しかし今回の検証では、これらの多くの提言が棚ざらしにされていた実態が明らかにれました。

「パンデミックもこの程度か」

その理由について尋ねると、厚生労働省や自治体の関係者たちは、2009年の新型インフルエンザは、病原性が低く、結果的に、日本の死亡率も他の国に比べて低かったため、政府・自治体関係者と国民の間に危機意識が十分に高まらず、「パンデミックもこの程度か」という認識が広がってしまった反省を明らかにした。

写真= iStock.com / Easyturn

※写真はイメージです

また、2015年には韓国でMERS(中東呼吸器症候群)の大規模な拡散が発生したが、結果的にMERS日本まで広がっません。 韓国がMERSの経験を通じて検査体制の強化を図る中で、私たちがインタビューした政治家と厚生労働省の関係者は「非常に緊張しましたが、対岸の火事終わってしまったのが反省」「学ぼうとする姿勢がなかった」などと危機に備えるチャンスを逃したことを後悔しました。

今回のような本格的なインフルエンザの到来は、政府は、予期せぬでした。 そして、これらの機能の甘さが、政府支援の足を引っ張って対策の選択を狭める結果となりました。

READ  永久凍土の融解、油流出......地球の炭素貯蔵・北極に「インポート」悲惨な夏| WIRED.jp

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close