経済

「真のバランス」:日本の静かな在宅勤務革命

発行日: 修正済み:

藤沢(日本)(AFP) – 日本の大手日立で働くために家から遠く離れた小嶋智二子の父親は、感染症の間に初めて遠隔勤務を始めるまで「本当に寂しかった」。

Covid-19は世界中でオフィスの日常を揺るがしていますが、長い間紙ファイル、インクスタンプ、ファックスに頼ることが一般的であった日本では、改革が必須だと言います。

日本のコンサルティング会社野村研究所(Nomura Research Institute)によると、ファンデミック以前に日本労働力の9%だけが在宅勤務をしたことがある一方、米国は32%、ドイツは22%だった。

しかし、企業が業務をデジタル化し、従業員にさらに柔軟性を提供するために努力しながら、堅実なビジネス文化で静かな革命が進行中です。

小島は名古屋の家族から新幹線で1時間30分の東京の近くに日立が提供した宿で一人暮らしをしました。

当時は月に2回だけ家に帰ってきたが、今は44歳の彼が家で働いてより生産的で、十代の娘たちに近いと言います。

彼はAFPとのインタビューで、「彼らの勉強を助ける時間が多い。

小島は東京で「私は本当に寂しかった」と言ったが、彼は「真のバランスは家族をあきらめない」ことに気づいた。

古い習慣

日本生産性センターは、日本政府が厳格な在宅命令を出したことがないにもかかわらず、2020年春初のコビッドウェーブの間、日本でほぼ3分の1が遠隔で行われたと明らかにしました。

非営利団体の四半期調査によれば、その割合はその後20%に落ちたが、ファンデミック以前よりはるかに高い水準だ。

在宅勤務を奨励するために、政府と一部の企業はユビキタスファックスだけでなく、文書認証に使用されるカスタムインクスタンプを段階的に廃止するよう努めました。

日本経済が好況を享受していた1970年代と80年代にさかのぼる日本の習慣は、しばしば日本で「事業は書面で成り立たなければならない」とヒト橋大学の人的資源専門教授である大野宏氏が語った。

彼はAFPとのインタビューで「コロナ19がしたことの1つはこの障壁を崩した」と述べた。

企業は、新しい業務方式がより効率的であることを認識していると付け加えた。

「コロナ以前は、従業員が実際に成果を上げるよりも一生懸命働くように見えることが重要でした」。

「新しいバランス」

他のトレンドを反映して、人々も大都市を離れています。

木村和樹と彼の妻は、在宅勤務を受け入れた人の一人です。 フィリップフォンAFP

帝国データバンクによると、昨年記録的な数の会社本社が東京から移転し、首都の人口は26年ぶりに減少しました。

スティックを上げた人の中には、窮屈な東京のアパートを離れ、海の近くのカスタムハウスを見つけた和樹と静香木村があります。

この夫婦は現在、東京で在宅勤務をするために苦労した後、首都南西の藤沢で遠隔でコミュニケーション及びマーケティング業務を主にしています。

両親の家やカフェ、鉄道駅に設置された遠隔作業箱、さらに別の会場まで探していたキムラ・カズキは、「この決定を下したのは本当にコロナウイルスでした」と言いました。 カラオケブース。

「たまに横ブースで歌声が聞こえる」と集中しにくかった彼は今サーフィンを学んでいる33歳を思い出する。

静香木村(29)は「これからますます多くの人々が仕事より自分のウェルネスを優先視している」と思うが、より広い範囲で状況がどれだけ早く変わるのかについては疑問を提起しています。

これは、リクルートワークス・インスティテュート(Recruit Works Institute)の専門家である村田弘美(Hiromi Murata)が共有する懸念です。もっと遅くなると言います。

鈴鹿(R)と柏木村は東京に戻り、ビーチ村藤沢に向かいました。
鈴鹿(R)と柏木村は東京に戻り、ビーチ村藤沢に向かいました。 フィリップフォンAFP

村田氏は、遠隔勤務が「職務で学ぶ」ため、新入社員の教育に問題があると述べた。

「以前は、オフィスで会うことが非常に重要でした。各企業は、それぞれの方法と時間に新しいバランスを見つけなければなりません。」

READ  日産、エンジンにCO2排出削減の突破口宣伝

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close