「要塞」日本、厳格な国境対策緩和発表予定飛行

Estimated read time 1 min read

東京は検疫期間を短縮し、日本に入国できる人を1日5000人に増やすと予想した。

日本は木曜日にコロナウイルスの拡散に対応するために施行される国境管理を緩和すると発表する予定です。

人口減少と高齢化国で切実に必要な労働者とともに、約150,000人の留学生が国外に追放され、労働力不足と日本の国際的名声に対する警告が発生しました。

日本は2021年末に2年間非居住者に事実上閉鎖された国境規則をしばらく緩和したが、オミクロン変種が海外で登場し、わずか数週間後に再び強化しました。

報道によると、発表される予定の措置のうち、日本に入国できる人数を現在3,500人から5,000人に増やすことです。

他の人は、人々が旅行している国のコロナウイルスリスクレベル、追加のワクチン接種を含む完全なワクチン接種の有無など、特定の状況で必要な隔離期間を現在の週から3日に短縮することを含むことができます。

日本は82カ国を「高リスク群」と指定し、多くの人々に隔離週間の一環として3~6日のホテル隔離を義務付けました。 1月中旬までに2週間の隔離が必要だった。

岸田文夫首相は木曜日の記者会見で新たな措置を発表する予定だ。 メディアの報道によると、3月から段階的に実施されるだろうという。

Kishidaと彼の政府は、Omicronが世界中で急増するにつれて、日本の時間を購入するための厳しい国境管理を歓迎し、大多数の人々がこれを支持しています。

多くの国民的支持

しかし、現在日本でこの変種が広く普及しており、ブースターショットを実施するために苦労しており、ビジネスリーダーと一部の政治家はこのような措置が役に立たないと警告しました。

政治アナリストである伊藤敦夫は、7月に重要な選挙を控えている岸田に、いつ、どのように措置を変更するかを決めるのが難しいと述べました。

「今、全体的な状況を見ると無意味だ。 あなたはどこからでもウイルスを得ることができます。 しかし、その結果、大衆の支持をたくさん受けた」と話した。

彼らが変わらなければ、伊藤は「長期的には日本が残りの世界に遅れをとるだろう」と付け加えた。

しかし、多くの人々がコロナウイルスのために多くの日本が制限されている間に国境規則が緩和されなければならない理由について疑問を提起して、ソーシャルメディアの反応は圧倒的に過酷でした。

Recklesschamp27」は「Kishida政府は自分が何をしたいのか分からないので、最大の声で叫ぶ声に従うだけです」と書いています。

READ  日本、財政健全性の見通しを2026年度まで引き上げる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours