「速度が遅すぎる」 日本の政治圏では、女性が徐々に浮上していますが、深い挑戦に直面しています

0 min read

心から応援してください
独立ジャーナリズム

私たちの使命は、権力者に責任を問い、真実を暴露する偏見のない事実に基づいた報道を提供することです。

5ドルまたは50ドルのすべての寄付が大切です。

私たちがどんな議題もなくジャーナリズムを伝えることができるように支援してください。

8年前、百合子小池は東京を率いる最初の女性となり、男性前任者を倒しました。 彼女は日曜日に知事として3番目の任期を終え、彼女の最も近い競争相手の一人は女性でした。

多くの女性が最高の政治職をめぐって競争するのは依然として日本では珍しいことであるが、日本の世界的性平等ランキングは都合がないが、小池の勝利は強力な女性公務員の漸進的な増加と政治において性平等にさらに開放的な社会を強調します。 ですが、結局女性が首相になっても、ここの政治は依然として圧倒的に男性が支配しており、専門家たちは平等な代表権のために膨大な努力が必要だと見ます。

「女性が政治においてより大きな役割を果たさなければならないという期待が高まっています。」 主な野党である日本立憲民主党の上級幹部である議員のチナミ西村が語った。 「まだほとんどの男性の仕事とされている政治や議会で、女性が自分の存在感を見せ、私たちの声を聞くことは非常に意味があります」

野党の性平等推進チームを率いる西村は、次の総選挙で女性が党候補の30%を占めることを願っています。 岸田文夫首相の保守的自由民主党は、昨年10年以内に30%の女性代表を達成すると約束し、より多くの女性候補を募集するよう努めています。

しかし、野心的な女性候補者を見つけることは容易ではありません。 日本の女性は依然として、子育て、高齢者の世話、その他の家族の責任を負うことが期待されています。

国会議員はまた、東京と地域区の間を定期的に旅行する必要があります。 西村は、元女性の同僚たちが、このような要求のために国家政治をやめ、地方議会に戻ったと言います。

西村は1999年、故郷の新潟県議会で政治キャリアを始め、数十年ぶりにそこで勤務した女性です。 53人の議員で構成された議会には現在5人の女性がいます。

ますます多くの女性が政治のキャリアを追求していますが、まだ女性は少数です。 特に、選挙決定が主に男性が主導する非公開政党政治によって決定される国家政治分野では、さらにそうである。 また、直説的な女性は標的になる傾向があります。

小池の主な競争相手の一人は女性のレンホでした。 レンホは先月の記者たちに東京知事選挙に対する見出しをよく見ましたが、その見出しには「ドラゴンウーマンの戦い」というフレーズが書かれていました。 彼女は「男性候補者間の競争を説明するためにそのような表現を使用しますか?」と尋ねました。

スタイリッシュでメディアに精通した元テレビニュースキャスターである小池は、1992年40歳で初めて議員に選出されました。 彼女は2016年に東京都知事になる前に長期執権した自由民主党で、環境長官と国防長官を含む多くの主要な内閣職を歴任しました。

議会で鋭い質問をすることが知られているレンホは、日本の母親と台湾の父親の間で生まれました。 元モデルでニュースキャスターだった彼女は2004年議会に選出され、現在はなくなった日本民主党が率いる政府で行政改革大臣を務めました。

毎日新聞の社説家であり、政治評論家である佐藤千子子は、レンホの積極的なイメージに対する攻撃は、女性候補に「母のようなまたはかわいい」姿を期待する社会で性的偏見がはっきりと表れた事例だと述べました。

政治における女性の存在感が小さいため、強力な女性は過度の注目を集める傾向があります。 東京知事選挙に女性が登場したのは「女性が政治指導者になることができるという肯定的なメッセージを伝えたが、彼らに対する多くの騒音は日本の悲しい現実を反映したこともありました」とソフィア大学教授でありジェンダーと政治専門家である三浦まりは言った。

例えば、市民団体が2022年に国家および地方議員を対象に実施したアンケートによると、約100人の女性回答者のうち3分の1が選挙運動期間や職場でセクハラを経験したことがわかりました。

今年初め、ミスをよくする元首相阿蘇太郎は女性である横上川外務長官を「有能だが美しくない」と表現した容疑で謝罪を強要された。

女性は東京議会の約30%を占め、都市地域のタウン議会でも女性が参加しています。 平均して1,740を超える日本地方議会で女性が占める割合は20年前より2021年に倍増し、14.5%に達しました。 政治で女性の声をより多く出しなければならないという要求が高まっています。

しかし、内閣府養成平等局によると、より伝統的な性的役割が一般的な農村地域では、昨年全体の226カ所(13%)が「女性が全くない」集会を持っていました。

ジュネーブにある国際議会連盟が4月に発表した報告書によると、第二次世界大戦以後保守的自由民主党がほぼ絶えず議会を掌握しているが、下院で女性議員代表率は10.3%で、日本は190カ国のうち163位を記録しました。

性平等国によると、1946年に最初に39人の女性が議会に選出された当時の数値は8.4%に過ぎず、大きく異なっていませんでした。

佐藤は「地域政治から変化が始まっているが、速度が遅すぎる」とし、女性義務割当を提案した。

1990年代には約20人の長官で構成された内閣で女性が一人であるのが標準でした。 最近では、2人が一般的です。 女性大臣の数を増やすことは、上級女性が不足しているため難しいことです。 さらに、女性に限られたリーダーシップの機会が与えられ、これは性平等法と政策の遅れをもたらします。

「リーダーシップ交代がないため、日本では新陳代謝が悪い。そのため世論が変わっても政治は変わらない」と三浦は言った。

小池は、2008年に自民党代表経選に出馬した最初の女性候補となりました。 2021年には高一真栄と野田聖子が岸田と競争しました。

最近は外務大臣である上川が機会があると考えられる。 自民党は支持率下落と腐敗スキャンダルで困難を経験しながら変化を望んでいるためだ。

自民党議員と党員の投票で決まる勝者は、自民党が議会で優位を占めているため、自動的に首相となります。

しかし、日本のシステムでは、圧倒的な男性の政治的影響力のために女性首相があるからといって、必ずしも性平等が進展するという意味ではありません。 しかし象徴的ではあるが、決定的な進展になると政治評論家の佐藤は言いました。

佐藤は「ロールモデルを持つことは非常に重要です…性平等を見せ、女性も最高の役職を狙えることを示すためです」と話しました。 「政治圏の女性はもはや壁掛けでは期待されていません。」

READ  大阪カジノリゾートの承認手続きが最終段階にあると日本首相は述べた。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours