世界

「100円ショップで買い物をしたい」知的障害の息子うつ病夫脳梗塞の母を治療する女性の唯一の夢 “ストレスに口が帰ってしまった」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

22歳で結婚した後すぐに妊娠・出産。 生まれた息子は、最重度知的障害・自閉症だった。 言葉が出ず、人とのコミュニケーションがなく暴れることもあった息子の治療に毎日追われる中で、夫が職場でパワハラでうつ病され義父と実父は他界、実母も重病にかかった。 苦労する女性が唯一の癒されるのは、「100円ショップ」だった – 。

写真= iStock.com / Satoshi-K

※写真はイメージです

育児と介護が同時期に発生する状態を「ダブルケア」と述べた。 一般的に、育児は、親がして看護親戚がするのが一般的であるが、昨今の両方の負担が1人に集中している場合が少なくない。 肉体的にも精神的にも大変なダブルケアは誰にでも起こることができる。 取材事例を通じて、これに備える方法と克服のヒントを見つけていきたい。

24年前、最重度知的障害・自閉症の息子を出産した

関東地方に住む清水陽子さん(仮名・46歳・既婚)は高校卒業後、銀行に就職。 7歳年上の夫と知り合い、1996年に22歳​​で結婚した。 翌年妊娠がわかったら出産の時期に退職し決定した。

結局、出産1週間前までに勤務していた清水氏だったが、5月に羊膜が起き産婦人科に行けば看護師 “これは(一般的な)羊膜ない」と耳。 次の日も羊膜があり、産婦人科に行って医師に「なぜもっと早く来ていない?生まれても知的障害とか、肺炎や髄膜炎のようなもの出てくるかもわからない?」と、分娩室に向かいながら内心大騒動になった。

「知的障害者や自閉症は脳に明確な異常が表示されるわけではなく、産後しばらくは違いを知ることができません。しかし、成長に応じて、他の子供との差が明確に示されている「私たちの子供はなぜこのようなこともできないの? 」と考えている場合が多くなっていきました」

息子は抱きしめも背負ってものけ反るためおんぶ紐を抜け落ちそう怖かっ清水氏は、常にタイト強く抱いていた。

また、言葉をかけても、名前を呼んでも、相手の顔を見ようとしない。 絵本を見せても「犬はどんなもの?」と尋ねても関心を示さず、ただ大きな泣きだけ。

1歳半検診時はまだ言葉が出てこなかった息子は、小児科にかかる勧誘される。 ところが脳波を調べてCTを撮ったりしても異常は見られず、「3歳ならない診断はできないので、それまでの成長過程を見てみよう」と医師に告げた。

「当時(1990年代後半)は、水中にPCもスマートフォンもなく、医師も官公庁保健師さんもママ友達も皆母の日気または「どこも悪くない」「普通だ」と言ってきたが、それが辛かった。私夫も「おかしい」と思っているが、何が問題なのかは分からないし、誰も教えてくれない苦しみ続けているが、地獄のように苦しかったです」

銀行の夫は朝早く出勤して夜遅くまで帰ってこない。 清水さんは、朝から夕方までぐずぐず息子に振り回され疲れになっており、夫が帰宅する頃にはくたくた。 部屋は息子が暴れて壊したり、食事をこぼしたりした後、清水さんが疲れ、整理できずにそのままされていることもしばしばであった。

そんな中、息子が二歳になった頃、清水氏は、大量下血。 夫の運転で病院で診察すると、大腸での出血して大学病院に入院することに。 医師の原因は、ストレスと言って入院中は車で2時間ほどの距離にある清水さんの実家に息子を預けていた。

やがて、3セイ目の前にに際し児童相談所を訪問すると、息子を一目見た児童相談所の所長は言った。

「お母さん、この子は自閉症ですね」

それを聞く瞬間清水氏は、訴状の手を握って「やっと言葉をくれました!ありがとうございます!」固く握手をしていた。 3歳になったときのついた診断名は「知的障害を含む自閉症」知的障害レベルは最重度で言葉が出ず、人とコミュニケーションを取れず、頑固な強いという特徴があった。

READ  ビーバーは、ケーブルをかみ砕いて、カナダの村から数百人のインターネットサービスを停止しました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close