経済

「5G機号プレミア」と「ahamo “の違いで見られた2021年の携帯料金競争(佐野正弘) – Engadget日本版

月額2980円均一20GBのトラフィックが使用できる “ahamo」で一躍話題となったNTTドコモ。 2020年12月には、従来の計画の見直しもすると明らかにあったが、ahamo大きなインパクトを残しただけに、その内容に大きな注目を集めていました。

そして2020年12月18日、ついに既存計画の検討過程を発表したが、内容を見て、「悪くないがahamo程度のインパクトはないのに……」と感じた人が多かったのがないでしょうか。 その理由は、多くの人が注目したのだろう、大容量の計画」5G機号」「ギガ号」のリニューアル版である「5G基号プレミア」「ギガ号プレミア」にあるとすることができます。

その内容を簡単に振り返ると、両方の計画は、すべて「5G機号」「ギガ号」のためのキャンペーンに提供され、データトラフィックの増量が正式に適用されたもの。気号プレミアは60GBの高速データ通信が可能、5G基号プレミア無制限の使用がされています。

だから5G機号プレミア月額1000円、基号プレミア月額600円の値下げが行われ、それぞれ月額6650円、6550円でご利用が可能である。 また、サードパーティ製の大容量計画のように、月にデータ通信量が3GB以下の場合は、1500円の値下げが行われる構造も用意されています。

▲NTTドコモが2020年12月18日に発表した新しい料金プランのいずれか “5G機号プレミア」のデータ通信の無制限の使用が策定され、新しいヶ月あたりのトラフィックが3GB以下の場合は、月額1500円割引される構造が設けられた

しかし、二つの計画は一緒に、料金プランが複雑だと感じる要素の一つとなっている既存の割引の構造がそのまま維持されていました。 「1年限定」など期間限定特価こそ存在しないが、家族の契約の数に応じて割引が行われる「すべてドコモの割合」と固定ブロードバンド回線の契約とセットで割引が行われる「ドコモ光セット割引」は、しっかりと残っています。

docomo ahamo佐野正弘
▲「5G機号プレミア」「ギガ号プレミア」料金の詳細。期間限定割引こそが、「すべてのドコモの割合」や「ドコモ光セット割引」などの構造は、残っている

確かにデータ通信無制限の使用が公式となったり、月額1000円割引されている点は、消費者見ればメリットです。 ただahamoで割引を一切なくした晴れ人気があっただけに、なぜahamoだけでなく、複雑な割引、完全な撤廃に踏み切ったのか? という点に不満を感じた人も少なくチェトダないでしょうか。

その理由は、既存の枠組みを維持する必要があるユーザーがいるので、ということ尽きるでしょうか。 それはNTTドコモが今回発表したもう一つの料金プラン「最初スマホプと “で表示されます。

ここでは、フィーチャーフォンを主体にした、3G回線の加入者が4Gと5Gラインに乗り換えること契約することができる料金プラン。 月額1480円で1GBのデータ通信量と1回当たり5分の無料通話をすることができ、 “dカード決済の割合」と「初めてのスマートフォンの割合」の適用を介して1年間、毎月980円で利用できるとされています。

docomo ahamo佐野正弘
▲もう一つの発表された料金プラン「最初スマホプと「3Gで4G・5Gに乗り換えを促進する計画で毎月1480円という低価格で1GBのデータ通信を利用することができるのが特徴である

事実、この計画は、KDDIのauブランドで提供されている「スマートフォンスタートプラン」とソフトバンクの「マホデビュー計画」に非常に近い、サードパーティの後追いともいえる計画もあります。つまりNTTドコモの3G加入者がフィーチャーフォンからスマートフォンに乗り換えるとき、サードパーティ製のような計画に魅力を感じて流出してしまう傾向が強かったので、最初スマホプとを提供するに至ったといえるでしょう。

docomo ahamo佐野正弘
▲ソフトバンクは「初めてスマートホプと “のような”スマートフォンデビュー計画」を2019年6月から提供しており、3Gで乗り換えユーザー獲得が大幅に増加しているとした

このことは、それだけNTTドコモが3G利用者さらにスマートフォン初心者とその予備軍を抱えていることもあり、そのような人々に要求が非常に高いことがドコモショップによる手厚いサポートします。 ahamoがドコモショップでのサポートを丸ごとカット低価格を実現したことでも分かるように、ショップでのサポートコストは非常にお金がかかるが、スマートフォン初心者支援国家も追求するので、これを容易に除去することはできません。

スマートフォンに慣れていない人を支持する上でドコモショップの運営を重視しなければならなので、サポートコストを削減大胆な値下げをすることができないと判断した。 既存の枠組みを維持しながら、可能な限り料金を引き下げる今回の結論に至ったのでしょうか。

docomo ahamo佐野正弘
▲同じNTTドコモブランド料金制とはいえ、5G基号プレミアと初めてスマートホプとのahamo明確に概念が異なり、前者はあくまでも既存の枠組みを維持した内容になりそうだ

実質的に武田良太総務大臣の学一声でahamoこのサブブランドではなく、メインブランドの料金制になってしまったことを振り返ってみると、長官の意向によっては、追加の対応を促すことができるできません。 しかしながら武田長官が、今回の会社の施策に苦言をしないと、5G基号プリミオウルはじめ、携帯3社の大容量計画の競争はとても過激にならない可能性が高いのではない筆者は報告します。

すでにKDDIはauブランド(テザリング転送量に制限があるとはいえ)、データ通信を無制限の「データMAX 5G」を提供しており、ソフトバンクも2020年11月4日に決算説明会で代表取締役社長宮内兼さんが5Gで「無制限使いやすい形にする」と話しており、無制限のプランの提供は、基本路線とすることができます。

docomo ahamo佐野正弘
▲ソフトバンクの宮内社長は2020年11月4日の決算説明会で5G無制限プランの提供に言及近く発表予定であることを明らかにしていた

もちろん、今回のNTTドコモの動きを受けて若干の検討が行われるものとみられ、特に期間限定割引は大幅な見直しが行われています。 しかし、5G基号プレミアムも家族割引の枠組みに大きな差がなかったことを考えると、両社の対応は未修正にとどまる可能性が高いでしょうか。

したがって2021年の料金競争の核心はやはりahamoが打ち出した「青少年」「オンライン」「シンプル」「低価格」というコンセプトを持つプランとみなされます。 KDDIは、MVNOで設立した「KDDI Digital Life」、ソフトバンク傘下の「LINEモバイル」が比較的近いコンセプトのように、その部分を対抗馬にぶつかってくる可能性が高くなります。この場合、「UQ mobile」「ワイモバイル」などのサブブランドのポジショニングをどのようにしていくのか?も気になるところです。

docomo ahamo佐野正弘
▲ソフトバンクの場合は、「LINEモバイル」がahamoとコンセプトが近いので、現在、低用量低価格などのサービスの内容を変えて対応策を出してくる可能性が考えられる

これだけ大きな動きが待っていることを考えると、菅政権の動向をはじめ、2021年にも引き続き携帯電話料金の動向に大きな注目を受けることは間違いないでしょう。 筆者としては、料金より5Gにさらに注目したいところはありますが…

関連記事:


READ  ホリエモン騒動餃子店が販売を開始するためクラウドファンディング開始! 博之さんもサポート "餃子ではなく、店長を1日購入しました」| ガジェット通信GetNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close