エンターテインメント

「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales “暴露。新しい少年スパイダーマンが目ニューヨークで奮闘

2020年11月12日に発売される「マーベルスパイダーマンマイルモラレス」PS5 / PS4)を一足先にPlayStation 5の実機でプレイすることができますので、その露出を伝えてみよう。 映画のようなカットシーンとリアルな距離でのプレイがスムーズに展開する次世代ゲーム機の魅力を満喫できるゲームである。

「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales “は”別のスパイダーマン」の少年マイルズ・モラレスこの主人公だ。
マイルスは前作「マーベルスパイダーマン「終盤に援助スパイダーマンピーター・パーカー同じ能力を獲得。 ピーターを師と実行に努めている。 ニューヨークの都市、マイルズとピーターは二人のスパイダーマン守っれるようになったわけだ。
その話を描くことが本作「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales」である。高校生になったマイルは、ピーターから一時的にニューヨークを引き受けることになる。

主人公マイル(左)と先輩スパイダーマンのピーター(右)社製のような関係
画像集#002サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

謎の犯罪集団「アンダーグラウンド」携えるハイテク機器は、マイルも圧倒する攻撃力を発揮
画像集#003サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

尊敬するピーターの代わりに適切英雄の使命を果たすべきか……と緊張マイルの前に謎の犯罪集団「アンダーグラウンド」が現れる。 アンダーグラウンドは、ハイテク機器の強敵で明らかに世界に新しいエネルギーをインポートしようとする企業六手と敵対しているようだ。 孤立無援になった新米スパイダーマンマイルスは果たしてニューヨークを守ることができるだろうか。
本稿では、PlayStation 5版を解像度優先モードでプレイした印象を伝えてみましょう。

ゲームシステムは、「Marvel」s Spider-Man」を継承して実写のようなニューヨークの街を簡単な操作で走って京畿道されるのが魅力だ。[R2]ボタンで特殊素材の「蜘蛛の糸」をビルや電柱に貼り押しながら振り子の振動のようにスイングする。 これスパイダーマンを象徴する措置」のウェブスイング」である。東京のウェブスイングを自分の作業を体験することができる感じは前作と同じように。スイング中のトリックを決めることができるシステムも留任されているので、タンブリング、または急降下するなど、いくつかの試験が。

画像集#004サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales 画像集#005サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

今回は、解像度が上がったグラフィックによってニューヨークがさらに魅力的に映る。 昼間は冬の冷たい空気の楽しさも伝わってくるようで、雪化粧された建物が美しい。 夜になると照明が輝く中央に雪が舞うことも。 思わずコントローラでCREATEボタンを押しているだけで、華やかでスクリーンショットを何枚も撮ることが嬉しいところ。

ニューヨークの観光スポットも再現されており、マーベルファンおなじみのアジャズタワーも存在。 残念ながら、特にイベントはないようだが、フォトモードを使用してハメてもいいだろう。
また、地上に降りると、ニューヨーク市民があり、記念撮影とハイファイブでスパイダーマンを歓迎してくれる。 実際の距離に密着した「ご当地ヒーロー」という原作の魅力が再現されている。

画像集#006サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

ゲーム内には、アジャズタワーも存在
画像集#007サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales 画像集#008サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

都市はスパイダーマンの活躍を称える壁の芸術。 世界を救う偉大な英雄ではなく、地域密着型のご当地ヒーローという設定は、1962年の漫画とは思えない高度なもの(左)。 一般市民との交流もある(右)
画像集#009サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales 画像集#010サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

バトルは今回も爽やかである。[□]と[△]ボタンで攻撃、×ボタンでジャンプ、○ボタンで回避などの作業を組み合わせて縦横無尽歩き回って悪役を翻弄ている。
敵の股間をくぐった後流れるか、空中に飛ばして敵をWeb上で取得する態勢を整えて、またはマンホールや木箱を振り回したり……攻撃パターンは非常に多彩である。 このあたりは「Marvel」s Spider-Man」と同じなので、経験者はすぐにでも活躍することができるものである。

画像集#011サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

今回の試合も1台が基本である。 普通の人なら袋叩きされるが、マイルズで提供される特殊能力」スパイダーセンス “があれば、戦いを有利にすることができる。敵の攻撃態勢に入ると頭に独特のサインが出たらいち早く[○]ボタンを押すと、避けることができる。 画面外の撮影を華やかに皮脂面気持ちが爽快である。

とはいえ、敵からの攻撃を受けるとマイルズと無事に終わらず、特に銃は非常に危険である。 目の前の敵を倒すコンボを決めながらも、周囲にある他の敵の動向を冷静に観察して銃を持った者がいる場合は、優先的に処理する予定だ。 つまり前作のように爽快感と緊張感が共存するバトルで荒布外その楽しさを確認できた。

周囲の危機を感知する超感覚が「スパイダーセンス “マイルズ頭に白い光が出る
画像集#012サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

マイルス自分の能力は、生体電気を放出するというもの。 この力を使った「ベノムパンチ」(L1 +□)と「ベノムジャンプ」(L1 +×)のような技術を当てると少ないしびれ “ベノムスタン」状態になる。 ベノム気絶した敵しばらく動けなくなるので、一方的に訴えることができる。
これらの技術は、前作の「フォーカス」ゲージに対応する「ベノムパワー」ゲージが必要であり、攻撃と回避を決定するたまっていく。前述したように、本作の戦闘で敵の攻撃がかなり油断はできない。また、アンダーグラウンドのメンバーは、高度な機器で武装しており、地上から屋根に跳ぶなど、人間離れした能力を発揮するために動きを封鎖されているベノムスターンの存在は大きい。同時にベノムパワーは回復にも使用することができますので、技術と回復のどちらを優先するか、状況判断が要求される。

生体電気を操るマイルス自分の能力。 「ベノムパンチ」(左)と「ベノムジャンプ」(右)から電気を放出敵麻痺させることができる
画像集#013サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales 画像集#014サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

また、一気にとどめを刺す」フィニッシュムーブ」は、前作のようなゲージ消費ではなく、コンボは一定決定および使用できるように変更されました。つまり、回復とフィニッシュムーブ資源が別にされたことで、よりアグレッシブなプレイが可能になった。

敵漢方に決定打を刺す “フィニッシュムーブ」ゲージがなく、コンボ数が一定値を超えると使用
画像集#015サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

スキルツリーの構成も前作のピーターとは異なっている。 例えば、敵に武器を奪って “拳銃&バートンプル」と大きく跳ぶ「充電ジャンプ」のウェブスイングしながらトリックを決める「エアトリック」などの技術は、前作でレベルを上げてスキルポイントを配分する必要があったしかし、マイルは基本技ある。
マイルス場合は、自分の能力であるヴェノム系の技術を強化する「ベノムスキル」とベノムパワーを集めて改善し、技術のヴェノムスタンを付与する「バトルスキル」などのスキルツリーに強化していく。

物語の節目でボスが登場するが、アクションゲームでプレイシーンと映画を彷彿とさせカットシーンがスムーズになっているのも魅力だ。 例えば、サイのような鎧を着た悪・ライノとの試合でライノと肉弾戦や腰にぶら下がって建物を疾走するシーンを実際にプレイすることができる。
後者は、腰からライノの進行方向をうまく調節しなければ、建物や柱にぶつかっマイルスが損傷を受けることになるのだ。 そしてライノイ建物から飛び出して出てきたら、映画を連想させるカットシーンでトランジションが表現されている……式に直接 “映画のようなゲーム」とすることができる。

サイのような鎧を着た悪・ライノ
画像集#016サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

ライノと肉弾戦(左)と暴走シーン(右)は、プレイヤーが操作することができる
画像集#017サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales 画像集#018のサムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

プレイすることができる場面の間には、映画的なカットシーンが挿入される
画像集#019のサムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales 画像集#020サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

本作は、58年の歴史を持つ「スパイダーマン」シリーズを原作にしているが、物語はゲームオリジナルになっているので、本作と前作「Marvel」s Spider-Man」でプレイしてもよい。今回は「師匠であるピーター憧れマイル」という少年の話であり、感情移入もし易い。マイルズが実家暮らしの高校生で、英雄と一般人の二重生活に伴う困難もよりコミカルになっている感がある。

マイルスは実家暮らし。スパイダーマンであることはもちろん秘密なので、いろいろな苦労も多い
画像集#021サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

PS5版は、グラフィックスがより高い解像度されているうえ、競技中のロード画面で待機する必要がなかったのも嬉しいところだ。 この冬は、PS5が描く雪景色ニューヨークを観光しながら、映画のようなアクションを楽しむことも珍しいことかもしれない。

画像集#024サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales
画像集#022サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales 画像集#023サムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales
画像集#025のサムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales 画像集#026のサムネイル/「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales

READ  「MHW:ICEBORNE「セリエや祭り[호러 나이트]が今日から開催。逆転王イブウェルカ私登場するイベントクエストも配信

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close