経済

【大河原克行の「PC業界では、東奔西走 “シャープ事実上10年ぶりのPC事業再参入。GIGA学校のためのChromebookを発売 – PC Watch

LTE対応のChromebook」dynabook Chromebook C1 “

 シャープDynabookはGIGAスクール構想によるLTE内蔵Chromebook」dynabook Chromebook C1」を共同開発した。ブランドは、「dynabook」であるが、商品企画や開発の一部であり、販売サポートは、シャープが行っているこのPCの成否は、鮮明にかかっている事業ある。大きな意味でシャープに事実上のPC事業の再進出という見方もあるようだ。

シャープは、今回の製品の反応に基づいて、継続的な製品の市場投入も検討していくだろう。 なぜシャープとDynabookはChromebookを共同開発し、教育の分野のためのPCの発売を決定したのか。 その目的に従った。

Snapdragon 7cを搭載したChromebook

シャープとDynabookが共同開発した「Dynabook Chromebook C1」は、11.6インチのタッチLCDを搭載したコンバーチブルタイプのChromebookであり、CPUはSnapdragon 7cを採用。4GBのメモリ、32GBのeMMCを搭載している。

ユーザー陳列カメラと呼ぶ​​約100万画素のフロントカメラとワールド陳列カメラと呼ぶ​​約500万画素の背面カメラ2つのカメラを内蔵しています。 LTEに対応しており、Wi-FiまたはBluetoothにも対応している。 重量は1.35kg以下を想定しており、価格は4万5,000円程度が予想されている。 2021年2月下旬に発売する予定だ。

シャープ通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部参事の大山修二氏

シャープ通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部参事の大山修二氏は、「ディスプレイ部の反対側に入っ使用することができますので、ノートパソコンだけでなく、タブレットにも使用することができる。開始が速く、管理が容易なChrome OSの特徴と性能とエネルギー節約を両立するSnapdragon 7cの特徴を生かし、大気早く開始し、すぐに使用することができるとともに、高い性能の維持と長時間のバッテリーグリップを実現している。鐘と折りたたんだ状態で開くと、すぐに起動し、インターネットに接続などの利用が可能で、1時間目から放課後まで快適性能を続けることができる」告げる。

ユーザー陳列カメラはHDR(High Dynamic Range)に対応。 照明が透けても白飛びを抑え、オンライン授業の大江戸受講する児童や生徒の自然な表情を捉えることができており、スレートなどに利用するワールド陳列カメラは500万画素の特徴を活用して、室内外の観察授業などに便利に活用可能である。 本体の周囲に滑りにくい素材を採用。 携帯配慮した安心設計となっている。

オプションで用意しているスタイラスペンは本体に収納が可能で、必要なときにサッと取り出して使用することができる。 4096段階の筆圧検指摘に対応しており、傾き検出、およびパームリジェクションなどをサポートする高性能ペンで「子供が好きなように線を描くことを追求した」と述べた。 収納時には、自動充電が可能で、15秒の充電で約45分の間に使用できる高速充電にも対応。 授業中に使用することができなくなるという状況を回避している。

シャープ通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部長林孝之氏

そしてLTE内蔵しているのがこの製品の大きな特徴である。 シャープ通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部長林孝之氏は「教育現場では、LTE内蔵モデルの要求が高い。通信環境がない家庭での学習にも活用できるメリットは大きい」と述べた。

また、「LTE搭載を前提に設計されたSnapdragon 7cを搭載して、スマートフォンのようにすぐに続いてすぐに使用できる環境を提供しています。省エネと安定した通信性能の実現にも役立つ授業開始お待たせすることができない.ChromebookにLTEを組み合わせることで、 Always Connected PCを実現することができる。瞬間的に上昇すぐ接続、すぐに通信がある」と述べた。

Snapdragon 7cは、最新の8nmプロセス設計を採用。 システムをワンパッケージ化しているのが特徴である。 GIGAスクール構想のためのPCに採用されているCeleron N4000に比べて、ブラウザの性能が約1.3倍、バッテリー持続時間約1.7倍に達する性能を誇る。

「長時間利用という面でSnapdragon 7cの採用が大きく寄与している。ここでシャープがモバイルで蓄積された省エネ技術を惜しみなく投入し、高い性能を維持しながら、一日中使用しても安心バッテリーグリップを実現することができる.LTE内蔵Chromebookで断然良いものを作っていた自負がある」(シャープおおさん)という。

スマートフォンで蓄積された通信技術を活用

今回の共同開発は、シャープの通信事業本部とシャープが2018年に買収したDynabookによって行われている。 通信事業本部が担当しているのは、AQUOSブランドのスマートフォンです。 AQUOSスマートフォンはChrome OSと同じGoogleが開発したAndroidを採用。 Qualcommのチップセットを活用してきたことがある。

「スマートフォンとChromebookは、製造するという点で意外に近いところがある.LTE対応は、通信事業で蓄積されたノウハウを生かすことができた」(シャープリン氏)という。

スマートフォンでの実績を持つシャープ通信事業本部が担当Chromebookということもあり、開発初期からLTEを搭載を前提としていたという。 ChromebookにSnapdragon 7cを搭載するのは、日本エイサーに続きものであり、GIGAスクール構想専用と明確に謳ったのは、シャープが初めてだ。

「35年間、PC事業での実績を持つDynabookと日本のキャリアのネットワークをよく知っているシャープの通信事業が結合して、日本企業連合による強い製品を市場に投入することができるかある」(シャープおおさん)と自信を見せた。

今回の製品は、共同開発であるが、シャープのブランドは全く入っていない。 ケースに記載されているのは、「dynabook」のロゴだけだ。

「シャープグループのコンピュータという点で実績のあるdynabookのブランドを前面に出すのが最善だと思っていた.dynabookブランドをChromebookに使用することにより、相乗効果を出すことができ、 “(シャープリン氏)というのがその理由である。

また、dynabookパーソナルコンピュータの父であるアラン・ケイ氏が提唱したDynabook Conceptが土台となっている点もGIGAスクール構想のこの製品にdynabookブランドを採用した理由の一つがあると説明する。

「直感的で理解しやすい対話型のGUIを提供し、子供も操作することができ、片手で携帯できる未来のパーソナルコンピュータがdynabook子供が使用するGIGAスクール構想のためのChromebookには、最高のブランドだと思った」(シャープおおさん)とする。

シャープとDynabookの分担は?

シャープの通信技術とDynabookのIT技術を融合して共同開発を進めたことが、今回の「dynabook Chromebook C1」であるが、その役割分担を細かく見ると、次のようになる。

  • 商品企画(コンセプト):シャープ
  • 商品企画(仕様を含む):シャープ/ Dynabook
  • 商品開発:Dynabook
  • 通信部開発:シャープ
  • 品質保証:シャープ
  • 生産:Dynabook
  • 販売:シャープ
  • サポート:シャープ

ハードウェアの設計、開発、生産Dynabookが行っコンセプト作りや通信分野の開発、学校現場での販売サポートは、シャープが行われる。 Dynabook生産拠点は中国にあり、それを利用した。 シャープのサポートシステムは、スマートフォンで提供される構造を利用して、コールセンターの体制も整備する。

商品開発の堅牢性と品質の確保については、MIL Standard 810Gへの対応に加えて、dynabook自体の厳格な品質基準を採用。 コネクタねじれ試験とヒンジ開閉試験、振動試験、100kgf面加圧試験、26の方向に76cm落下試験、30cc防滴試験など各種耐久試験を実施しており、Dynabookの品質基準を満たしているものとされている。 想定外の利用でも安心して長期間継続して使用できるようにするのが特徴である。

また、今回の製品では、コストなどの観点から、シャープではなく、LCDを採用している。

この役割分担の中で注目したいのは、コンセプト作りはシャープが行ったこと、Dynabookの販売ルートは使用せず、シャープがある販売網を活用するという点である。

つまり、売上高の計上は鮮明になるというものであり、シャープ主導で行われたPC事業と言えるだろう。

シャープのICTグループ内では、このコンピュータの成否は、鮮明にかかっている事業になるというのが一般的な認識であり、大きな意味でシャープに事実上のPC事業の再進出という見方もあるようだ。

一方、GIGAスクール構想はChromebookが約50%のシェアを占めているとも、Windowsでのみ展開していたDynabookは半分市場にアクセスすることができない状況となっていたが、今回の製品でシャープグループで自然のままの市場にもアクセスすることがようになった点も見逃せない。

もちろん2021年2月下旬の出荷であることを考えると、GIGAスクール構想に関する相談は、ほぼ完了している状況にあるとすることができる。 しかし、教育分野の事業は継続市場であり、その市場についてdynabookブランドでChromebookの選択を新たに用意したのは、意味がある。

Chromebook市場ではフバルヌンが、Snapdragon 7cを搭載しLTEによる提案は先行のグループ。 大きな差別化されて存在感を発揮しやすいことができる。

今後の共同開発は、どのようになるか?

両社は、今回のChromebookを「今後の展開において、最初の一歩」と評価している。

現在、企業向けと消費者向けPCを発売する予定はなかったが、まず第1弾製品の市場での反応を踏まえ、今後のシャープとDynabookの特徴を生かした共同開発した製品展開を検討していくことになるという。

シャープの親会社である鴻海グループの調達能力と生産拠点を活用したり、今回は実現していシャープ液晶パネルの採用に加え、dynabookが開発、生産、販売しているPCに鮮明通信事業本部がある通信のノウハウを活用することも可能になるだろう。 そして5Gが本格化すれば、その技術ノウハウの蓄積に先行するシャープとの共同開発は、Dynabookは大きな武器になる。

Dynabookコンピューティング・サービス事業本部商品統括部長の辻裕之氏

Dynabookコンピューティング・サービス事業本部商品統括部長の辻裕之氏は、「シャープがスマートフォンの発売で培った通信技術と小型化、軽量化のノウハウをdynabook中生かしたい通信を安定させるためのアンテナの設計とレイアウトのノウハウも活用したい」告げる。

2020年11月Dynabookは新しいコンセプトで「Remote X」を発表した。

Dynabookの覚道清文社長兼CEOは、「ニューノーマル時代に要求される必要性を考える上で重要なキーワードがリモートである装置もソリューションもサービスもリモートを前提とした商品が重要視されている.Dynabookは、今後のリモート生かすことを考えて商品化を推進する。それRemote Xの基本的な考えられる」告げる。

Dynabookが掲げる「Remote X」の実現では、シャープの通信技術は、必要不可欠なツールとなるだろう。 今回の共同開発をきっかけに、シャープの通信事業本部とDynabook関係が緊縮コンピュータの進化に寄与することが期待される。

様々な組み合わせが予想されるグループの連携

シャープは、8Kエコシステム、スマートライフ、ICTの3つの事業グループがある。 その中ICT事業グループは、AQUOSスマートフォン、Dynabookのほか、通信サービスLINC Bizなどを展開するAIoTクラウド、新しいビジネスで、今後本格化させる健康・医療事業で構成されている。

「シャープのICT事業グループは、8Kと5G、AI、IoTデータセンターは、個々の技術を活用して、業務、学習、生活などの領域についての生活を豊かにするソリューションを提供しています。通信、IT、クラウドなどICTグループを構成する要素を活用して、相乗効果を出していくことが強みになる」とシャープ林氏は言う。

シャープは、2020年12月までAIoTクラウドをDynabookの子会社で、両社が緊密な連携をとる体制を構築していくことを明らかにしている。

AIoTクラウドは独自のクラウドプラットフォームを運営してAIoT家電製品の各種サービスを提供しており、Web会議などが可能なコラボレーションツール「LINC Biz “テレマティクスサービス「LINC Biz mobility」などを展開している。

また、Dynabookは現場作業支援ソリューション」Vision DE Suite」やテレワークに対応した「簡単テレワークスターターパック」などのソリューションを組み合わせた提案を加速しており、ニューノーマル時代の新たな提案をテーマに、デバイスとクラウドソリューションを強化する姿勢を強めている。

AIoTクラウドの子会社化を介してDynabookのPCとAIoTクラウドが持つクラウドソリューションとセンサーデバイスとGPSデバイスを搭載したハードウェアなどの組み合わせの提案を期待できるというものである。

そしてDynabookの子会社となるAIoTクラウドの社長がソニーからVAIOの開発責任者を務めていた赤羽良介氏であることも、「何か」を期待する。

このように見ると、鴻海、シャープ、Dynabook、AIoTクラウドの組み合わせのバリエーションは幅広く、それを縦横無尽組み合わせづくりも進めることができる。 今回の共同開発の第一歩は、そのような組み合わせを大きく移動1ステップとなるようだ。

シャープとDynabookの共同開発によって生まれたChromebook」dynabook Chromebook C1」は、単にChromebookの新製品が発売された把握する方法ではなく、今後のシャープとDynabookのPC事業に大きな変化を及ぼす事件と捉えておくほうがいいかもしれない。

READ  AirPods Maxが高いって? 高いですよね。 高価ですが。 | ギズモ・ジャパン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close