スポーツ

【東京大賞典回顧】ライバル不在オメガパフューム3連覇(斎藤修)| 競馬ニュース – netkeiba.com

3連覇を達成したオメガパフューム(撮影:高橋正和)


スロー流れる直線宵お金。 8着馬までコンマ4秒差で凝縮する接戦を制したのは、実績で質のことはできないオメガパフュームであった。

 ワーク・アンド・ラブこの逃げ全州カッツ島クラウンを逃げたカジノフォンテーヌは枠もあり、2回目。浦和記念で良いほど控える競馬を見せたダノンファラオ今回も3回目。 見た目にもゆったりとした速度は、1000m通過が64秒9キュウリ2000mのGIでは超スローペース。オメガパフュームその先行歳の直後に上昇した。

その快適な速度もありワーク・アンド・ラブ4コーナーの直前まで反応十分でしたが、直線を向いて号程度歳に来るとき、果たしていっぱいだった。そして、先頭に立ったカジノフォンテーヌこの強行するかどうかも考えたが、この解雇差捉えることがオメガパフュームであった。

 オメガパフューム実績を勘案すれば、退屈着差であるが、高速抜け出す遊んでしまう可能性があることを考えるとギリギリまで我慢し、そしてレースの上3F 36秒7というクイック位決着は着差がなかったことも仕方ない。

直線半ばから1-8着魔脚色がほぼ一緒になって、最初の8着馬までの差はわずか00秒4.それぞれの立ち上がり時間は勝ったオメガパフュームこの36秒2,2着カジノフォンテーヌこの36秒5で3-5着マウン備え、36秒0,7・8着マウン35招待。 キュウリ2000mという舞台を考え有力数えるそれぞれ究極位を使用した合わせお互いだった。

 オメガパフュームによると、東京大賞典史上初の3連覇は間違いなく素晴らしい記録で直線半ばから追いかけ比較は確かに一見のことだった。しかし、チャンピオンズCペア1匹もいないメンバー構成で勝ち馬との差がない2,3着魔実績を考えると、評価にGIレベルかどうか。スローペースしたがって仕方ないのだが、勝利タイム2分06秒9もキュウリ2000mの告知言葉GI / JpnIは2013年東京大賞典ホットコタルマに(2分06秒6)から2分06秒台の定着した。

それにしても4歳からカジノフォンテーヌ成長はすばらしい。 昨年3歳の時に南関東クラシック戦線で、最終的に掲示板までという成績だったが、秋から今年4月まで休憩を挟んで条件特別4連勝。古馬重傷初挑戦となった川崎マイクロクラスターは着順こそ5着でしたが、何がなんでも逃げサルサ・ディ・オーネに絡んで行き、直線でもあまりバーテルができなかったレースだけで成長を感じさせた。 そして全州、カッツ島クラウンのフォローアップを許さないまま逃げるやっぱり本物だった。船橋所属でダートグレード2勝をあげた母過ぎフォンテーヌカジノドライは、ほこりの血が開花したと言っていいだろう。

3数ウェスタールンドサドルに良い判断。浦和記念しかし、最後の方法を追走していたかのように、今回も2コーナーを回したときに後ろに3回目。 1000m通過の中間地点ぐらいから進出を開始し、「宵のお金 “になる前に位置選定を上げていた。一方、35招待の足を使用しても7,8着だった一つズレジェンドデルマールーブルは勝負での位置選定の違いであった。

 ミューチャリ負けず劣らずの末脚を見せて5着。 今、今年の地方のGI / JpnI 3戦して4,4,5着という成績。 JpnIIの日本のTV杯しかし、4着が相手それなりに高い能力を発揮している。 中のどこかでダートグレードのタイトルを期待したいところ。

4コーナーカジノフォンテーヌを把握しようとするのかという位置にあったダノンファラオしたが、直線半ばに墜落して12着。チャンピオンズCには向かず、浦和記念に勝ったことを期待したが、船級との対戦で、秋の4試合は反動があったのかもしれない。

READ  ヤンキースランド投手Corey Kluber

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close