技術

【西和久の不定期コラム】3万円台の8インチAndroidタブレット「dtab Compact d-42A」ドコモゼロeSIM内蔵 – PC Watch

NTTドコモ「dtab Compact d-42A」

 NTTドコモ11月6日、eSIMを内蔵指紋/顔認証のサポート8インチWUXGAタブレット「dtab Compact d-42A」を発表し、12月18日に発売した。 ドコモオンラインショップで新規契約の場合、価格は3万5,640円となっている。 あらかじめプロトタイプ使う機会の得ので試験報告書をお届けしたい。

3つのUIを提供して幅広いユーザー層に対応できる中級

Androidは、iOS / iPadOSとは異なり、ランチャーを設定することができますので、標準のUIだけでなく、ユーザーが希望する変更する場合が多い。 同じメーカーにも言える同じAndroidでも操作性は多様である。

これは欠点でもあるが長所でもあり、スマートフォンやタブレットPCをより幅広いユーザー層を使用する。 多くの標準的なUIに問題がありますが、子供や高齢者に他のUIを提供することがより容易になる。 本製品は、保護者が利用範囲を限定することができるキッズモードと大きな文字/アイコンなどを配置したシンプルなメニューモードの合計3つのUIを搭載し、様々なニーズに答えている。

もちろん、それだけでなく、Snapdragon 665、メモリ4GB、ストレージ64GBとミドルレンジの設定、このクラスでは珍しくeSIMを内蔵しています。 会社のプレスリリースによると、レノボ製端末である。

主な仕様は以下の通りである。

[표]NTTドコモ「dtab Compact d-42A」の仕様
プロセッサSnapdragon 665(高性能4コア2GHz、高効率クワッドコア1.8GHz)
GPUAdreno 610
メモリ4GB
ストレージ64GB
それほどアンドロイド10
ディスプレイ8インチWUXGA(1,920×1,200)
ネットワークWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)、Bluetooth、5.0、eSIM内蔵(4Gと3G)
インターフェースUSB Type-C、microSDカードスロット(最大256GB)、スピーカー、高性能内蔵マイク、3.5mmイヤホンジャック
カメラフロント:500万画素/F2.2背面:800万画素/F2.0
バッテリー容量5,000mAh
ネイビー、ゴールド
サイズ約122×8.3×198mm(幅×奥行き×高さ)
重量約326g
その他子供モード/シンプルメニュー搭載指紋/顔認証対応、充電スタンドの部品、Dolby Audio / aptX対応、防水IPX3 /防塵IP5X対応
価格3万5,640円※ドコモオンラインショップで新規契約の場合

SoCはキンギョソウ665。 発表自体は2019年4月と少し古い11nmプロセスで製造されたCPUにKryo 260(高性能4コア2GHzと高効率クワッドコア1.8GHzの8コア)とGPUにAdreno 610は、第3世代のAI Engineを搭載している。 6xx系なので、ミドルレンジになる。

しかしながら、ひと昔前とは異なり、最近6xx系の性能も上がってきており、普段使用して、問題のないレベルになってきた。 メモリは4GB、ストレージは64GB。 OSはAndroid 10。

ディスプレイは8インチWUXGA(1,920×1,200)の。 低コストとHD系が多いが、このクラスでワンランク上の解像度となる。 ネットワーク機能は、Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)対応、Bluetooth 5.0、そして4Gと3GをサポートするeSIMを内蔵しています。 Wi-Fiでテザリングは最大5個、USBテザリングは1個、Bluetoothのテザリングは最大7つに該当する。

インターフェイスはUSB Type-C、microSDカードスロット(最大256GB)、ステレオスピーカー、高性能内蔵マイク、3.5mmイヤホンジャック。 認証方式は、指紋と顔の2種類。 カメラは、前面が約500万画素/F2.2背面が約800万画素/F2.0。

サイズは約122×8.3×198mm(幅×奥行き×高さ)、重量約326g。 バッテリー容量は5,000mAh。 色はネイビー、ゴールドの2色。

そのほかには、まず書いたように子供モード/シンプルメニュー搭載、充電スタンドの部品、Dolby Audio / aptX対応、防水IPX3 /防塵IP5Xサポートなどの特徴を持つ。 今回はプロトタイプだったこともあって、本体のみで充電スタンド(水平用)は入っていなかった。

出荷はネイビーカラーモデル。 ケースはマット仕上げ、かなり渋く、割安感は全くない。 重量は実測327g。 片手で持って操作してもなんとかなる範囲である。

縦の場合、フロントパネルの中央にフロントカメラ。 それほど狭い額縁ではない。 ナビゲーションボタンは、ソフトウェア式である。 背面左側にリアカメラ。 左側面にmicroSDカードスロットとDockコネクタ。 下側にType-Cとスピーカー。 右側面にはボリューム±ボタンと電源ボタン。 電源ボタンは、指紋センサーを兼ねており、側面と同じ高さになっているので、ボタンが突出していない。 上記の側面に3.5mmイヤホンジャックとスピーカー。

8インチWUXGAパネルはとにかく明るい。 明るさ50%で見事。 周囲の照明に応じて自動的に明るさを調整する機能も備えている。 コントラスト、色、視野角も十分。 画素密度は283ppiで、文字の階段現象などもあまり目立たない。 もちろんタッチ反応がスムーズである。

カメラは背面/前面のすべてを試みたが、裏面にはHDRと8倍デジタルズームをサポートしているが、肝心の画質がイマイチ。 フロントは撮るには写らだけどちらかと言えば顔認証である。 とにかくも積極的に使用している場面を連想させる。 スマートフォンで撮影してGoogleフォトなどを使用して共有するのがいいだろう。

発熱は、試験範囲は、上部が少し温まるほど。 あまりにも熱を持たない。 サウンドは横にしたとき、ステレオなる(Type-C側が右)。 パワーも8インチと考えると十分である。 本体のみで音楽も動画も楽しむことができる。 一方、イヤホン出力歩パワーが欲しいところなのか。 Dolby Audioに対応し、必要な音に調整することができる。 BluetoothはaptX対応である。

docomo特有のプリインストールされアプリ群

最初に起動した時の画面3画面。 DockはChrome、カメラ、ドコモメールマイマガジンを配置した。 画面中央のキャラクターはmy daiz。 状況に応じて必要な情報を表示する。

1番目の画面にdメニューdマーケット、d点、My docomo、Playストア、Googleフォルダ。 2番目の画面に写真、my daiz +メッセージdキッズ、キッズモードでは、マイホームスクリーンとdマーケットウィジェット。 3番目の画面は、一定のウィジェットを配置している。 docomo特有のレイアウトである。

Androidのバージョンは10、ストレージは少しのスクリーンショットを含んだ状態で13.62GB / 64GB忙しかった。 docomo LIVE UXモードでは、上から下にスワイプ通知画面/コントロールパネル、デスクトップ、長押しするとホームに設定/ウィジェット/壁紙などの基本操作は、標準的なのAndroidと同じになる。

インストールされたアプリケーションは、「写真」、「安心セキュリティ “、”カメラ “、”カレンダー “、”キッズモード “、”スケジュールに」、「ドコモのデータのコピー」、「データのアーカイブBOX」「ドコモメール」「ドコモの登録簿’、’ドライブ ‘、’マイホームスクリーン」、「マイマガジン」、「地図」、「週」、「ローソン」、「リモートサポート」、「災害用キット」、「時計」、「取扱説明書」、「設定」、「地図アプリ」、「Amazon Kindle」、「Chrome」、「dキッズ」、「d写真 “、” dポイント」、「dマーケット」、「dメニュー」、「Dolby Audio “” Duo “、 「Files」、「FMラジオ」、「Gmail」、「Google」、「Keepメモ」、「my daiz “、” my docomo」、「Playストア」、「Playムービー&TV」「YouTube」、「YT Music “、” +メッセージ」

Android標準のアプリケーションだけでなく、docomo第アプリが山の入っている。 マイホームスクリーンのスクリーンショットに「docomo LIVE UX」というモードと大きなアイコンでシンプルなレイアウト「簡単メニュー」モードの切り替え用である。

キッズモードキッズブラウザと子供ギャラリーをホーム画面に配置。 保護者は、設定の時間制限アクセスすることができるアプリケーションの管理、キッズブラウザの管理、キッズギャラリーの管理、ブルーフィルター……が調整することができる。 FMラジオは、76MHzから108MHzまでをカバーする。 イヤホンをアンテナとするが、スピーカー出力にも対応する。

ウィジェットは、「カレンダー」のスケジュールとメモ」、「ドコモサービス」、「ドコモ電話帳」、「ドライブ」、「地図」、「時計」、「設定」、「天気」、「Chrome」、「Contents Headline」、 「Gmail」、「Google」、「Keepメモ」、「YouTube Music」アプリが多い割に、ウィジェットの数は少ない。

ウィジェット(1/4)

ウィジェット(2/4)

ウィジェット(3/4)

ウィジェット(4/4)

ベンチマークは簡易式で、Geekbench 5とGoogle Octane 2.0を測定。 そしてバッテリーベンチでWi-Fi接続でボリュームの明るさの両方の50%で動画フルスクリーン連続再生を行なった。

性能はミドルレンジ向けには、通常の値である。 それでもWebサイトにアクセス、動画の再生などでストレスを感じることはない。

バッテリ駆動時間は約6時間半。 残り10%で、「バッテリーが少ないため、充電してください」という警告が表示されますWi-Fiもオフになってからテストを中断した。 しかし、明るさ50%は非常に明るく、ボリューム50%は騒々しい目である。 すべての実用レベルに下げるより動作するようです。

Geekbench 5のSingle-CoreとMulti-Coreスコア

Geekbench 5のOpenCLスコア

Google Octane 2.0

バッテリーテストは約6時間で残13%となっていた


以上のように、NTTドコモ「dtab Compact d-42A」は、Snapdragon 665、メモリ4GBストレージ64GBを搭載した8インチWUXGAタブレットである。 画面は明るく綺麗。 このクラスでは、まれにeSIMを内蔵してどこからでも活用することができる。 性能もインターネットや動画、音楽などの一般的な用途であれば問題なく使用できるレベルである。 非常に伝統的な製作であり、8インチでLTEを使用Androidタブレットを探し、ユーザーに使ってほしいかとすることができる。

READ  [빠즈도라]最強アシストアンケート結果発表! ドロー川武器の価値が大幅に向上![2020/9]| AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close