技術

さらに上昇ビットコイン! 逃げ慶應義塾追う明治大学と職業台、専修大1足(1)[카소쯔 대학 대항전 제 31 주]:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

2020年11月3日、米国の大統領選挙が終わった。 その際、仮想通貨は、どのように移動したのか – 。 ブルームバーグによると、「大統領選挙の不確実性の影響で、ビットコインが上昇基調になっている」と述べた。 明治大学のITが「大統領選挙によって急激にビットコインの価格が低下する可能性は少なく、逆に上昇材料になる可能性が高い」と展望した。 ただし、この上昇基調に調整が入ることを憂慮したようだ。 専修大学のゆうも上昇の波に躊躇。

果敢に攻撃したのが職業能力開発総合学校のさちん。 確かにプラスを積み重ね塔を走る慶應義塾大学を追う。 その慶應義塾言葉医師金満はビットコインを保持しながら、売りのタイミングを定める。

サンティ・ツー大学対抗戦も最後の2週間。 ますます目が離せなくなった。

  • 逃げ慶応大学、猛追する職業大学

  • 逃げ慶応大学、猛追する職業大学

ビットコイン上昇を続け、「事故」のタイミングは? (明治)

11月3日、米国大統領選挙が投開票し、現在では、バイデン氏が当選確実と言われています。 ブルームバーグ雑誌は、この大統領選挙の不確実性の影響でビットコイン(BTC)が上昇基調になっていると報道しました。

しかしcoindesk記事を見ると、どちらが勝っても数兆ドル規模の景気刺激策が実施される可能性が高く、インフレのリスク回避にビットコインの価値はさらに高まるものと報道していますた。 総合的に、様々なサイトを見ると、少なくとも大統領選挙によって急激にビットコインの価格が低下する可能性は少なく、逆に上昇材料になる可能性が高いようです。

11月5日、ついにビットコインが2019年最高値である1BTC = 1万3850ドルを更新しました。 先週末のチャートは平行チャンネルの抵抗線にかなり近い位置にあったので、今調整が入ることがないかと予想していたが、その期待を裏切って平行チャンネルを上抜けていきました。

率直に言って、10月末時点で少し抵抗線(上値抵抗線)を超えたところもあったので、平行チャンネルに残っていることに陥るかの微妙なほど上昇気配があったが、そのまま上がっていきました。

私の事故のポジションを入れたかったのですが、平行チャネルを抜けた後、4時間足から約10個の引き出しが連続つくほどの急激な上昇に追いつかず気付いた時に瞬時に天井まで上がりました。

しかし、11月7日深夜、さすが調整が入ってこの記事を書いている現在の時点(11月8日5時)は1万4645ドルまで値が落ちました。 この調整がどの程度終わって再び上昇を始めた頃に事故の場所に入りたいと思います。

先週も言いましたが、2019年の最高値よりも高いレートは我慢している平行が少ないため、価格の予測が非常に困難である。 以前と比較して、すぐ別の次元のレベルに突入したと言うことができます。 しかし、そんな中でも意識している貴重なラインで、1万7000ドルがあります。 これは2017年につけた史上最高値に続いて史上2番目に高い記録です。 以前に「年末までにビットコインが史上最高値を更新する可能性がある」との記事で紹介しましたが、こうなってくる、いよいよそれが現実味を帯びてきたように感じます。

◆小山将軍のワンポイントアドバイス
Coindeskの報道通りが大統領選挙が通過するまで景気刺激策が保留されています。 これは160兆ウォンで、最大220兆円規模もあるので、年末から年明けにかけて、金融市場を支える大きな腕に注射されています。 また、低金利の影響で大型消費者である住宅関連指標も良く、GDP(国内総生産)も好調。 米国株式が世界の株価上昇を牽引するでしょうか。
しかし、ビットコインも年初からの性能は200%を誇っており、大規模な金融緩和の影響で膨れ上がっている投資資金の一部が断続的に流入される流れは継続しています。

全州での損益プラスマイナスゼロ
11月6日現在、1万2184円

ビットコイン販売退いを探求(慶應義塾大学)

こんにちは。 おいしい金満です。

今週(11月2日の週)も仮想通貨はかなり上昇した1週間となりました。

ビットコイン(BTC)は6日、164万5000円まで上昇した。 1万5000ドル(約163万円)の到達は、2018年1月のバブル相場の後です。

イーサリアム(ETH)を含むアルトコインも概ねすべて上昇。 特にイーサリアムは前週に比べてプラス19%以上になるなどの仮想通貨は、今週も引き続き強気市場がされています。

また、足元の相場は、今までの天井と大底のパターンとは明らかに異なる点が上昇の勢いが持続余地がまだあると指摘されており、今後も変化が起こることがあると思います。

ところが、今回の取引が、前週はビットコインを売却しようと考えていたが、今週にこれだけ上がってしまったので、結局売れていない。 ビットコインがかなり上がったので、前週に比べて295円プラス1万6239円となっています。 初めて1万6000円を超えるには展開がかなり面白くてきました。

ただし、今週のチャートが上昇して気づいため、新規購入することができなかったのが残念です。 今後ビットコインが低下ちょっと怖いので、一度は売却するか、と思っています。

では、また来週!

◆小山将軍のワンポイントアドバイス
イーサリアム(ETH)2.0に向けて着実に歩を進めています。 技術的な問題は多いが、12月1日までに1万6384検証(承認者)と52万4288ETHが必要ですが、これはおそらく問題ないでしょう。
ビットコインの流れについていくことが難しいようですが、必ずディップを作ってくれています。 「恐ろしい場所で購入いかなければ利益が出ない」という言葉もありますが、怖い買うことは冷静な判断がされていない証拠です。 したがって上手金満氏の無理のないペースで販売すると良いかと思います。

全州での損益プラス295円
11月6日現在、1万6239円

保有している仮想通貨ビットコイン

READ  「GPD WIN 3」予告。 VAIO type UのようなスライダーUMPCに

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close