技術

すべての企業がAIになる。 孫氏とNVIDIAフアンCEOが対談 – PC Watch

10月29〜30日の期間、「ソフトバンクワールド2020「オンライン開催された。テーマは「この時代を克服技術がここにあります。 “

1日目には、ソフトバンク株式会社代表取締役会長兼社長孫正義氏の基調講演が開催された。 基調講演は、NVIDIA創業者/ CEOのジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)氏も登壇して大胆に行われた。 既報の通り、ソフトバンクは2016年320億ドルで買収したArmを今年(2020年)9月14日に400億ドルでNVIDIAに売却すると発表している(NVIDIAがArmを4.2兆円でソフトバンクの買収を参照)。

雲とエッジのAIが統合されている時代に

ソフトバンク株式会社代表取締役会長兼社長孫正義氏は、最初「AIの時代が来た.AIは、大学の研究室、企業の研究開発の場で様々な企業のビジネスに活用することができるようになった.AIは、クラウド側で発展を遂げてきたが、今後の端側に含まれる。エッジとクラウドが相互作用しながら知能を高める時代が来た。

Armはエッジ・コンピューティングの世界最大の企業。 今回、私たちの売却によってArmとNVIDIAが合併する。 そしてソフトバンクは、NVIDIAの最大株主となる。 ジェンスン・フアン氏は述べて夢が現実になる。 AIは、最もエキサイティングな次の10年の時代を迎えた」とNVIDIAのビジョンを紹介した。

NVIDIA創業者/ CEOのジェンスン・フアン氏は、NVIDIAの開発者年次会議GTCの再紹介。 NVIDIAは医学、科学、ロボット工学、自動運転に特に力を入れている。 ツールおよびSDKなど、ソフトウェア開発と生産性を高めるためのチップやシステムにも力を注いでいると語った。

そして「AIこそ現代の最も強力な技術である」と強調した。 現代は「史上初めてコンピュータ自身がソフトウェアを書くことができるようになった」と続け未解決の問題を解決するために、 “人間に書き込むことができないソフトウェアを書く非常に強力なコンピュータを構築することができる」と述べた。 孫が今日を予測していたことを指摘して、コンピュータ科学は新しい時代を迎えていると述べた。

孫もこれ応えコンピュータコーディングを行なうことで膨大な時間を節約することができ、人間は創造的な活動に集中することができていると述べた。 フアン氏も人の創造性の美しさを強調した。 同時に、コンピュータは人間には不可能な膨大なデータを利用した問題の解決が可能だと述べた “AIの利点は、膨大な量のデータから学ぶことができる能力。アルゴリズム自体が万能の関数近似器のようなもの膨大な量のデータから関数を身につけることができ、将来を予測することができる」と付け加えた。

コンピュータ自身がソフトウェアを書く時代

コンピュータの優位性は、規模

AIが次のコンピューティングの主な目的

そして2人の業界に最も大きな貢献は、「AIが最新のコンピュータサイエンスという認識を拡散させたものです。10年前に認識することができたのは画期的な洞察力だった」と振り返った。

NVIDIAは技術開発に合計250億ドル投資しており、200万人の開発者と接続されている。 会社の並列コンピューティングアーキテクチャCUDAは昨年(2019年)1年ぶりに600万回ダウンロードされてCUDAベースのGPUは、10億個出荷されているという。 そして、コンピュータの歴史を振り返ってみると、現在使われている主要なコンピュータは、ArmのX86とNVIDIAのCUDAと述べた。

CUDAベースのGPUは、10億個の出荷

孫は、コンピュータアーキテクチャは、要求される機能に依存してきたと述べた。 孫によると、コンピューティングの第1段階は、演算機能、第2段階は、記憶、第3段階では、検索である。 このコンピューティングの目的の変化によく注意企業が成功してきたと指摘した。

そして今、コンピュータは目と耳できた。 画像認識や音声認識を行うことができるようになり始めた。 コンピュータの目的も、今までと異なることになる。 フアン氏も「知性、つまりパターン認識、推論、計画推定をコンピュータが大規模にすることができるので、今するAIの時代は重要だ」と応じた。 ほとんどの作業で、コンピュータが人間を凌駕し始めている。 人は多くの問題の解決にはそれを助けることができるからである。

すべての企業がAIになっていく

孫氏は、コンピュータがコンテキストを理解することができないと言うことについて、「人々が論理的に理解することができている場合、論理があるコンピュータも脈絡を理解することができるコンテキストは、論理に基づくものであることです」と答えていると述べた。

フアン氏は、飛行機と鳥の比較を例に出して「考えと同様の技術をコンピュータが実行することができる人間と同じように考えることが必要ではない.AIは24時間働くことができ、複製することもあり、大規模な操作が可能である。情報量が多すぎて人には不可能なパターン認識AIならできる」と述べたサイバー犯罪の摘発と詐欺行為の検出にAIは使用されていると述べた。

世界経済規模の140兆ドルのうち、1兆ドルがサイバー犯罪のために失われており、NVIDIAの技術を使用すると、多数の攻撃者が侵入パターンをAIに認識して、ミリ秒単位での侵入をブロックすることができ、すでにアメリカンエキスプレスで使用されてとする。

ソンさん「コンピュータも脈絡を理解することができる」

アメックスはAIを利用した不正検出技術を利用している

また、ショッピングや小売販売も無駄が多いと指摘して決済段階のミス万年の1.5%の損失が出ていると述べた。 ソンさんも「小売業に永遠の課題は、購入を最適化すること」と述べたコンピュータは、そのような考えの専門家になることができ、多くのデータを基にした予測が可能で、個々の顧客のために最適な価格と最高の勧告もあると述べた。

NVIDIAの技術は、ウォルマートでも活用されており、地域や店舗によって異なる購入傾向と季節の変化に応じて自動的に在庫計画を立てているという。 フアン氏は、「将​​来的にウォルマートは、企業は、一つの巨大なAIと同義となる。すべての企業がAIれていくだろう」と述べた。 孫も銀行は、すでに典型的な例と答えた。

フアン氏は、「決定を下すのは人間である。人を助けたいと思ったら、AIが価格変更を提案してそのまま置くのが人間である」と孫氏も「AIは判断や意思決定のためのツールですが、最終的な目標は、人間の幸せ”と述べた。

必要な在庫を膨大なデータをもとに予測可能

AIの最終目標は、人間の幸せ

AIは、企業の基幹システムになる

インターネットに蓄積されるデータ量は急増してすべてを検索することができなくなっている。 したがって、インターネットの主力分野も検索で勧告に移した。 ファン氏は、その勧告エンジンを第1世代のAIと当時は、そのための技術やソフトウェア・スタックを設計したが、すべてのクラウドで行われていたと述べた。 次のステップは、すべての産業で活用されるようになるという。

そしてアストラゼネカとグラクソ・スミスクラインと協力して推進する「CAMBRIDGE ONE」というゲノム研究のためのスーパーコンピュータを導入した。 ケンブリッジ大学のコンピュータサイエンスの故郷であるため、命名した。 目的はAI新薬である。

AzureとNVIDIAのAIをMicrosoft Officeに接続発表件についても言及した。 Officeが手紙を要約し、作業の優先順位を決定したり、してくれるならない。 また、農業機械メーカーのジョンディア(John Deere)と農業に活用日本のファナックとコラボレーション、久保田とのコラボレーションも行っていると紹介。 「AIの第2世代は、企業の基幹システム」と述べた。

ケンブリッジウォン

Microsoft OfficeのNVIDIA AIが導入される

すべてのロボットになり、自動運転は、巨大な産業

そして「すべての企業がAIに変化する。」 それAIの第3世代で「AIが外の世界に開放される時こそ最大のチャンスがもたらされる。すべてのロボットになる。建物も、ロボットになるし、車道ロボット歩行を助ける将来の義足ロボットである。これは、巨大な産業である “と言った自動運転状況を紹介した。 少なからぬ人々が完全自動運転に疑問を持っていますが、孫とフアン氏は、自動運転は絶対に可能だと考えている。

フアン氏は、自動運転は3種類に分けられると述べた。 最初は自動化された運搬車である。 物流センターと倉庫などの屋内の閉鎖環境や屋外での時速8-24km程度でゆっくりと動く。

自動化された運搬車の自動運転が開始される

物流センターや工場でも活用されている

第二は、一定領域の中をバスや電車のように決められたルート上を走るだろう。 彼らは目に見えないデジタルレールの上を走るようなものですみなす。 そして、それが可能だと知っていれば多くの改善とコスト削減および長距離化は非常に迅速に進行される。 それ工学の本質と述べた。

リスクの懸念は消えない。 しかし、二人は、自動運転は、人間の運転よりも安全だと述べた。 ナプドゥクヌン辛抱強く証拠を示していくしかないという。

一度できると分かる改善が急速に進んで

自動運転は、人間よりも安全である

三番目は、乗用車である。 フアン氏は、乗用車は完全自動運転だけでなく、「運転経験を今より快適に楽しくすることができればそれでいい。 乗用車の自動運転とは、実質的に運転支援が高度化したものである。 いくつかの道路状況でも全く人の運転と変わらず走行することができる自動運転車が必要であるとみなす必要がなく、運転する楽しさを提供するために完全である必要はない」と語った。孫は同意した人が運転している次乗馬同じ趣味の領域に残るだろうと述べた。

乗用車の自動運転は運転支援の高度化

人は趣味で運転することになる

ArmとNVIDIAを組み合わせることに合理的

フアン氏は、自動運転車だけでなく、すべての船舶にも自動操縦になって、装置の開発の中で個人的に最も楽しみは、人工装具のように、身体装着装置と述べた。 人工装具を必要とする人は3,000万人で、4,000万人大きくなるものと予想されている。 街では、すべての場所でロボットを見ることができようになると述べた。

ソンさんは、「彼らはすべての端AIである」と指摘してAIはエッジとクラウドを介して通信しながら、大規模な並列処理をする必要が円滑に交換すべきだ。

クラウド側AIの開発に利用されて端側に実装される。 未来の建物との距離、倉庫や工場など、すべてがエッジAIれる。 端から収集されたデータとミスは、クラウドに統合されて学習され、端に伝送される。 フアン氏は、このを「学習の幅を持つ永久機械学習」と呼んだ。エッジは、クラウドの入力であり、出力でもあるわけだ。

身体装着装置の開発も進んで

エッジAIとクラウドAI

エッジとクラウドがスムーズに交換

端側から情報を収集クラウドに集約されてAIが改善される

フアン氏は、再び “コンピュータシステムのアーキテクチャの観点から見れば、今日のクラウドとAIはx86とNVIDIAで構成されている」とし「端側に使われているのは、ArmのでArmとNVIDIAの組み合わせは、合理的な.NVIDIAのAIは、世界で最も普及したエッジのCPUと一緒に使用すること」と述べた。

Armの素晴らしさは、普及率のエコシステムと言わ孫の質問に答える形で、現在Armを使用している500チップセット事業者は、継続Armのライセンスを使用して、同じ目的のために配布するときと述べた。

また、「NVIDIAの夢は、NVIDIAのAIをArmエコシステムに参加させるものである。エコシステムは、既存の顧客やパートナーを介して入るしかない。ライセンシーに、より多くの価値を提供する」と述べた。 最も重要なことは、ビジョンであり、端に含まれているArmにNVIDIAのAIを提供したいと述べた。

ArmとNVIDIAを組み合わせることに合理的

現在のライセンス契約を今後も継続し

AIは、人類の味方

フアン氏は、「次世代のインターネットはさらに巨大化する」と指摘した。 孫は、今後リリースされるべき1組のチップセットにより、迅速かつ大量に生産された知能が自律的に思考し情報提供することができるようになると述べた。

フアン氏は、「数十億の人間ではなく水槽のデバイスが動作24時間、常にインターネットに接続する次世代インターネットは桁違いの規模となる。解決できない問題の解決策があふれる世界がされている」と述べた。

たとえば、今COVID-19によるパンデミック中だが、AIは新薬開発に利用されている。 フアン氏は、「今までの人類の歴史での脅威は戦争だったが、今では生物学的なものとなり、その脅威は目に見えない。唯一の解決策は、早期発見、治療とワクチンを迅速に開発すること。唯一の方法は、AIを使用している多くの国が防衛力を強化している」と述べた。

孫はビジョンファンドの投資対象が心臓発作が起こる14日前に予測できるシステムの開発を行った事例を紹介。 他の病気にもAIを利用して、リスクを下げることができると述べた。 そして「AIは人間の敵という人もいるが正反対の生産性をたけのこ解決難しかった問題を解消することができる」と述べた。

AIが新薬開発をサポート

AIが課題を解決するのに役立ち

革新を認識

フアン氏は、孫氏に「あなたは最初からコンピュータ革命を正しく認識していた唯一の人。コンピュータ革命、インターネット革命、モバイル革命.AI革命に注意も早かった。そうした進歩を逃さず認識し、利益も得た人は一つだ」と絶賛。 ソンさんは「うれしいまだ無力個人である」と謙虚に応じた。

フアン氏は続けて、今回の技術革新は、社会に認識接触を望む影響があると述べた。 現在価値の高い技術は、コンピュータサイエンスやプログラミングですが、それらをない人々は疎外されている。 だから、今まで長い間、多くの人々がコンピュータプログラミングを持たなければならないと考えてきた。 しかし、全人類がスキルを身に着けることができる可能性は低い。

しかし、今回の技術革新は、コンピュータ自身がプログラムを書くことができるようになった。 これにより、万人が同じコンピュータによる利益を得ることができるようになる。 コンピュータ業界だけでなく、多くの業界が利益を享受できるようになると述べた。

そして「ハイテク業界で働いてプログラミングを持っている人は、全体の人口の0.5%しかありませんが、99%の人は、人に物を教える方法は知っている。コンピュータ技術を教えたら、コンピュータはそれを支配自動化も与えることになった。今の技術の民主化が完了した.AIは、ソフトウェアであり、技術を自動化する。様々な事例を見ても、経済に革命を起こすだろう」と述べた。

ソンさんは、「コンピュータ、すなわちAIは、私たちのアシスタントが組む。次のメンターになるでしょう。」と答えた。

そして「個別の人間が成功するために重要なことは、大きな夢と希望を描いていくことができ.AIというヘルパーとパートナーを得て実現していくことができるようになる。このため、未来の成功する人は強い欲望と夢を考えて描く人であるということです私たちは、創造性を提供したい」と語った。

フアン氏も「企業は限界を広げてしまう夢や願望不合理なまでの期待の高さがある」と孫氏は、以前言っていたことについて触れて仲間に加えAIも支援者は夢を実現していくことができるようになると述べた。

熱心と夢を描く人が成功する

人がAIに支えられ夢を実現することになる

デジタルツイン

ここで、日本はAI全盛期に突入しようとしていると確信していると述べた。 日本の産業は、精密工業と機械の中心で、インターネット上であまりにも多くの重量を置いていない。 したがって、コンピュータ科学の恩恵を今まで受けなかった。

しかし、今後は機械、ロボット、工場自動化する。 彼らは、日本が最高の地位を誇る産業であり、これらの産業にAI導入熟したと述べた、NVIDIAの「Omniverse」を紹介した。

「Omniverse “現実のまま仮想世界で、その中で、仮想工場を作り、ロボット技術を教えプログラミング、シミュレーションすることができる。 「夜に人が寝ている間にAIが製造工程を最適化してくれる。最適の段階に達したと考えると、青写真をダウンロードして、現実にそれを作れば良い」と話した。

つまり、物理的な現実と仮想現実デジタルツインで工場のコピーが2つ存在するので、仮想現実での最適化と改善をして、シミュレートし、効果を検証した後、実際の世界で変更することができる。 フアン氏は、「仮想現実とロボット工場でされる将来ロボットがロボットを作る未来、このすべてを変えていく」と述べた。

ソンさんは「AIを電子的に統合したメカトロニクスの経験がない国でも、ロボットを導入することができるようになる.AI世界を変えようとする情熱的な欲望を抱く人々に提供したい」と述べたた。

次の10年が始まろうとしている

次の10年の主役はフアン氏という孫

READ  Amazon Echoユーザーは、ブラックフライデーでFire TV Stick 4Kを絶対に買うことは良い理由。売切注意

孫とフアン氏は、4年前に孫の家の庭で二人だけで3〜4時間の会話を交わした告げる。 その中ジョブズの思い出も語ったそうで、iPhoneが過去10年の間に世界を変えたように、次の10年の主役はあなたと孫は言っていた。 AIコンピューティングの時代が来る、その時代に万人が使用したいと願い、使用していないことができないツールを提供するためだという。

そして「新しい産業、科学、教育、コミュニケーションがそこから生まれた。非常に刺激性がある。次の10年が始まろうとしているから、今のように刺激的な時代はない」と述べた。

フアン氏も「未来がそう意味のある時代になっていくと考えていたのが、今が初めて。描いてきたAI手触れられる程度まで近づいてきた.NVIDIAは、世界各地でAI研究者を雇うている。毎日のように巨大なことが起こっている」と述べた。

Zoom額世界的に使用されているが、インターネットの帯域幅を多く使用する。 しかし、眼との接触が行われないなどの問題がある。 だから動画を転送するのではなく、システムが顔を認識して、ローカルに再構成することにより、通信量を10分の1まで削減することができ、会話する人と目を合わせるように対話システムを実現する。

さらに、将来的には、自然言語理解と音声翻訳を組み合わせてビデオ会議を介して相互に言語の壁を意識せずに会話することができると述べた。

AIビデオ圧縮技術

自然言語理解と音声翻訳を組み合わせることも

孫は最終的に「AIは人間だけでなく、地球上のすべての生物が助けになる。これからの世界は希望がない」と話した。

フアン氏は、「4年前に、私たちは物語の多くが現実だ。自分のAIの将来のために夢も語った。そんなあなたからのArmの未来を任せてくれたことに感謝している.Armは宝の一つだから」と「あなたが電話をいただいたとき、私は最後の、そして最高入札者になると申し上げた。支払った金額をはるかに超える価値を提供してくれるのだ.NVIDIAは、世界で最も普及したCPUとAIコンピューティングを融合させた企業があり、AI時代に適応した企業へと進化.Arm引数したがって興味深い契機になった」と述べたた。

ソンさんは、「4年前に夕食を一緒にしたその時すぐにArm引数を決定しようと考えた。そして、ArmとNVIDIA結合開発について考えていた」と言った、「2人で話し合っするが現実化していくのを見て、本当に嬉しく幸せです。ありがとうございます」と大胆に終えた。

ソフトバンクビジョンファンドが出資しているAI開始

続いてソンさんは「グループでは、AIを実際に活用して、起動が続々と誕生している。100個程度ソフトバンクビジョンファンドに投資している中で、いくつか紹介する」と新型コロナに対する抗体の開発を進めているVir Biotechnology(ビアバイオテクノロジー)、AIとロボットを使った実験で劇的にコストを削減し、新しい素材の開発を進めているZymergen(ザイマゼン)、両者の物理学科AIを結びつけて、ロボットの新しい組み合わせを見つけるために努力して新薬開発企業XtalPi(晶泰科学)心臓病を予測することができるデジタルヘルスチェックBiofourmis、中国の教育開始Zuoyebangインドでスマートフォンのカメラを利用して、眼鏡の選択サポートと視力の診断メガネ販売をしているlenskart.com、ソフトバンクビジョンファンドが筆頭株主であり、カリフォルニア州などでは既に動いている配送ロボットNuro、TikTokを運営するByteDance、AI住宅販売プラットフォームのBeike(貝殼)、AIをすべての工程に導入している韓国の小売coupang(パン)を紹介した。

最後に、「計算は、検索でAIを使用して、コンピュータが認識、理解し、クリエイトところまで行く。情報革命で人々を幸せにしたい.AIは人をより快適に、豊かで快適な生活をもたらす。したがって、この革命は進行。ぜひこのエキサイティングな時代に生まれたのが幸せだと思うが、革命に貢献したい。日本の多くのビジネスマンの皆さんにも革命の潮流に遅れないように一緒に頑張っていきましょう」との基調講演全体を締めくくった。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close