ほとんどの日本企業は中国への関税で米国に従う必要はないと思います:Reuters世論調査

1 min read

竹中清志

東京(ロイター) – 木曜日のロイター調査によると、ほとんどの日本企業は、中国産業部門の過剰な生産能力が影響を与えないと言いながら、自国政府が中国産輸入品に対する関税を引き上げるために米国に従う必要がないと考えていることを示している出ました。

ジョーバイデン米大統領は先月、電気自動車、バッテリー、半導体など様々な中国産製品に対する関税引き上げを公開し、中国の寛大な補助金と政策が安い製品で世界市場を氾濫させるのに役立つと非難しました。

欧州連合(EU)も電気自動車の輸入に対して高い関税を課し、日本を含む主要7カ国(G7)は先週中国の有害な非市場慣行に対する懸念を表明した。

しかし6月5~14日に実施されたアンケート調査では、回答者の61%が日本が同様の措置を取る必要がないと答えた。 残りは日本がそうすべきだと言った。 約53%は、中国の過剰生産能力がビジネスにほとんどまたはまったく影響を与えないと答えました。

ある化学会社の関係者は世論調査のコメント欄に「互いに対する対策と対策が激化し、経済状況がさらに悪化する可能性がある」と書いた。

中国は、関税賦課について米国が自国の自由貿易原則を転覆したと非難し、G7の声明には事実上の根拠がないと述べた。

492社を対象とした調査はReuters by Researchのために実施され、企業は匿名に応じて回答しました。 約230社が回答した。

企業はまた、岸田文夫首相がインフレよりも早く賃金を引き上げると公約することができると考えているかどうかを尋ねましたが、7%しかそうではありませんでした。

ある卸売業者管理者は「インフレに合わせて賃金引き上げをすれば食べて生きられない中小企業が多く残念だ」と話した。

半分は目標を達成できないと答え、43%は話すのが難しいと答えました。

インフレ上昇による経済的打撃を緩和するための暫定措置として、岸田政府は納税市民一人当たり年間所得税を30,000円(190ドル)、住民税を10,000円削減しています。 収入が限られた配偶者。

しかし、調査に参加した企業の69%は、この措置が消費者支出を刺激するのにほとんどまたはまったく効果がないと答えました。

国内の政治については、企業の54%が資金調達スキャンダルのため、岸田首相が年末まで総理職を交替すると予想しています。

与党の自民党(LDP)は、80人以上の議員が帳簿に記録されていない募金イベントで収益を受けたと明らかにしました。 検察は国会議員3人を起訴した。

先週実施された朝日新聞世論調査によると、岸田政府に対する支持率は22%に下落したが、これは1ヶ月前より2%ポイント下落した数値であり、2021年10月就任以来最も低い数値である。

石場茂元国防長官は、日本企業が次期指導者として一番先に選んだ人物で、企業の24%が彼を適切な後任者と見なしました。 高一サナに経済安全部長官が14%でその後を継いだ。

セキュリティの専門家である石馬は、次期首相に対する有権者アンケートで定期的に高いランクを占めていますが、党指導部選挙で勝利するために支援が必要な同僚の自民党議員にはあまり人気がありません。

約80%の企業が岸田が今年臨時選挙を行う場合、自民党と連立パートナーである共鳴党が引き続き執権したいと述べた。

ある食品会社関係者は「連立政府が政権を失うと政治的混乱が経済的混乱に発展し、日本の競争力が弱まるか恐ろしい」と書いた。

調査対象企業のわずか6%が、現在第1野党である立憲民主党が率いる政府を望んでいました。

($1 = 158.05円)

READ  Cargo.oneは日本で始まるより簡単な方法を見つけます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours