スポーツ

ほとんどの経済はインフレを心配していますが、日本はそうではありません。

米国やその他の国々で高騰した物価が消費者を悩ませ、経済計画家を混乱させているが、インフレを起こしにくい目標が立証された日本ではそうではない。

連邦と他のほとんどの中央銀行がインフレと戦うモードに移行している間、日本の銀行は金曜日の社債の買収を減らすことにしましたが、最終的に達成するのは難しい目標を達成するために数百億ドルを経済に投入し続けます。 %インフレ目標と経済成長を加速。

世界のさまざまな地域でコロナウイルスのオミクロン変種の発症が迫り、「高い不確実性」が続いていると報告した。

キャピタル・エコノミックス(Capital Economics)のマルセル・ティエリアント(Marcel Thieliant)は、報告書で「まもなくその目標を達成する可能性は薄い」とし、「結局、日本銀行は近い将来緊縮政策を実施しない数少ない。中央銀行の一つになるだろう」と話した。 」

インフレは10月に0.1%でした。 ボラティリティの高い食品やエネルギー価格を除いて、マイナスでした。 BOJは3月に終わる会計年度のインフレを0%と予想している。

対照的に、米国の消費者物価は過去12ヶ月間で10月に6.2%上昇し、これは30年で最も高い数値です。

ファンデミック期間中、連盟と他の中央銀行は日本と同様の通貨浮揚策を展開し、いくつかのケースでは金利を史上最低水準に下げた。 今や米国と他の経済が回復し、物価が急上昇しているため、連盟や他の中央銀行は景気回復を妨げずにこれを緩和するために動いています。

米国のインフレが40年ぶりに最高値を記録したことで、連邦の政策立案者たちは水曜日に中央銀行の月間債権買取を当初計画より2倍速く縮小する計画を発表しました。 これにより、2022年上半期に金利を引き上げるための道が開かれます。

木曜日、ヨンラン銀行は11月までに年5.1%まで上昇したインフレに対抗するために金利を引き上げた主要経済国初の中央銀行となりました。

一部のアジア中央銀行はすでに金利を引き上げ始めました。 ニュージーランドは、10月と11月に基準金利を史上最低水準の0.25%から0.75%に引き上げました。

日本経済は、1990年代初めに金融バブル崩壊とともに鈍化し始め、実際に再び弾力を受けたことがありません。 急速に高齢化する人口が減っている国の暗い成長の見通しを考えると、企業は雇用、給与の引き上げ、または投資を警戒しています。 デフレや物価下落に対抗することが最優先課題でした。

ほぼ10年間、日本銀行は、世界3位の経済大国の借入費用をほぼゼロに近づけ、理論的には消費者と企業が将来の価格引き上げを克服するためにもっと支出するよう誘引するために莫大な量の国債やその他の資産を購入してきました。 基準金利は数年間マイナス0.1%を維持している。

家賃は依然として約30年前の水準であり、ほとんどの消費財価格は上昇しましたが、他の場所ほどではありません。 賃金が停滞したり下落し、税金が引き上げられ、慎重な買い物客はウエストバンドを締め付ける傾向がありました。

東京・慶應義塾大学教授であり、日本銀行(BOJ)政策委員であった佐々里白井は「日本のインフレは依然として低い水準」と述べた。

日本の小売業者、レストラン、その他のビジネスは、価格に敏感な消費者に高いコストを転用することを嫌います。 日本最大の小売大企業であるイオン(Aeon)は、最近「生筆品価格が上がっている時期に顧客を支援するため」、年末までに「価格凍結」を発表しました。

しかし、消費するものの大部分を輸入する日本も、世界中の物価の上昇には全く影響を受けず、他の場所で消費者が支払うより高いコストの一部は、追いつくのが遅いかもしれません。

10月の卸売インフレは、40年ぶりに最高水準の8%を記録しました。 製造業者と農家は、特に燃料コストの上昇の圧力を感じています。

ガソリンやその他の燃料、電気、ガス料金が少しずつ上がっています。 一部の食品ブランドは、輸入小麦、ジャガイモ、その他の商品の高い価格を補うために来年に価格を引き上げる計画を発表しました。

キャピタル・エコノミックス(Capital Economics)のトム・リアムス(Tom Learmouth)は、報告書では、自動車メーカーが部品不足で生産量を減らし、自動車価格がさらに上がったと述べた。 彼はインフレが来年1.3%を超えるだろうが、その後は再び落ちると予測した。

そして、製造業者が同じ製品(例えば、キャンディーバー、弁当箱、ティッシュ、おにぎり)を同じ価格で販売し、利益を大幅に増やすことによって、世界の他の場所では収縮インフレとして知られる「隠蔽インフレ」があります。 多くの場合、日本の高齢化消費者は、より小さな部分がより適切で高く評価されていると主張しています。

特に、今年の携帯電話料金の引き下げの影響が来年4月までに消えた場合、白井は、インフレがやや上昇すると予想しています。

白井は「しかし2%のインフレを見るのは難しい」と話した。 「日本の消費は依然として弱く、企業はこれらのコストを小売価格に完全に転換することはできません。」

READ  日本のシュガー、短期リーダー名簿に参加

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close