トップニュース

アフガニスタンの避難民の40%が過酷な支援で日本を去った。

昨年8月、タリバンが執権した後、アフガニスタンから日本に逃げた169人のうち約40%が日本外務省の支援不足で新しい家を去った。

日本は98人に難民の地位を与えたが、タリバンの迫害の危険にもかかわらず、58人はアフガニスタンに戻り、7人はアメリカとイギリスに去った。

日本政府は去る8月98人の難民を新たに難民として認めたが、これは厳しい難民審査政策と非呼応募者収容記録が悪い国としては異例のことだ。

2022年8月31日、アフガニスタン・カブールで米軍撤退1周年を迎え、タリバンが率いる政府関係者とアフガン男性たち。 (アナドルルエージェンシー/ゲッティ/刑務所)

州カブール日本大使館で勤務する職員とその家族で構成された。 残りの6人は日本に残っているが、難民申請をしなかった。

タリバンは20年間の戦争の終わりに米軍が撤退することを決めた後、アシュラフ・ガニー大統領政府を追い出した後、昨年に執権しました。

タリバンが全政府と関係のある外国と協力する者を標的にし、日本政府が介入して日本大使館職員と日本国際協力団職員、そしてその家族を助けた。

外交部は昨年10月から12月まで大使館職員と家族に東京にある宿舎と食事、給与を提供した。

しかし、一部の職員は、刑務所通信に8月末に労働契約が終了するというニュースを聞いて日本を離れなければならないという圧力を受けたと話した。

彼らは日本人に住むことが難しく、日本に滞在するか去るかという決定は家族と話し合うべきだと言った。

彼らはまた、国防総省が彼らがアフガニスタンに戻ったときに旅行費を負担し、給与を20%引き上げると述べたと述べた。

アフガニスタンを脱出した地元の大使館のスタッフは、ほとんどが日本語ではなく英語を話すので、仕事を見つけるのは非常に困難です。 公債「ハローワーク」は、日本で就職する確率が1%に過ぎないと明らかにした。

他の要因が彼らの闘争を重み付けました。 彼らの子供たちは、日本の学期が始まる春まで学校に通うことができず、両親や兄弟姉妹などの他の直系の家族ではなく、配偶者と子供だけが日本に連れて来ることができました。

国防部の第2中東師団は、彼らのアフガニスタンへの帰還を促すことを否定した。

大使館関係者は「1年間支援したが大使館業務と関係のない人々に給料を支給することはできない」と話した。

READ  日本は純外部資産が増加するにつれて、最高債権国のままです。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close