経済

アメリカ、トランプ時代の鉄鋼、アルミ関税について日本で休戦

米国が2018年、ドナルド・トランプ前大統領執権当時、日本の鉄鋼とアルミニウムに課された関税をめぐる紛争を解決するために日本に提案したと状況に精通した消息筋が伝えた。

去る10月、東京で就任した岸田文夫(Kishida Fumio)首相の新政府管理者に、商務省と米国貿易代表部(USTR)事務所が去る金曜日の提案書を提出したと明らかにしました。 。

商務省はコメントを拒否し、USTRと駐米日本大使館はコメント要求に答えなかった。

金属紛争は、トランプが国家安全保障に対するリスクを理由に、欧州連合、アジアおよびその他の地域の鉄鋼およびアルミニウムに関税を課した2018年に始まりました。 EUはその後、Harley-Davidson Inc. オートバイ、Levi Strauss&Co。 ジーンズやバーボンウイスキーなどの商品を対象に報復しました。

10月に米国とEUは関税破棄貿易協定を締結し、この協定でワシントンは輸入鉄鋼に対する25%の関税とヨーロッパから輸入されるアルミニウムに対する関税10%を特定のしきい値まで中断し、それ以上は依然として追加料金を請求する必要があります。 。 EUはまた報復関税を停止し、最大100億ドルに達するお互いの商品に対する懲罰的措置を効果的に終了します。

決議の一環として、米国とEUは、鉄鋼およびアルミニウム貿易に関する最初の炭素ベースの協定を交渉し、炭素集約度を減らすためのより大きなインセンティブを作成することを約束したと貿易代表部(Trade Representative)キャサリン・タイ(Katherine Tai)が先週述べた。 。

人々によると、米国が日本に提案したのは、過去の平均出荷量に基づいて、一定量の鉄鋼とアルミニウムが関税なしで米国に入国できるという点で、EUとの取引と似ています。

米国は、関税の影響を受けていない最近の年である2017年に約170万トンの鉄鋼を日本から輸入し、2016年には190万トンを輸入しました。 人口調査によると、2020年の日本から米国への鉄鋼インバウンドは合計732,158トンに達すると、Censusは別の報告書で明らかにした。

欧州連合(EU)が米国に報復関税を課した一方、日本はもう少し柔らかい態度を取った。 アジアで2番目に大きな経済は、当時の鉄鋼輸出の5%だけが米国に向けられたため、比較的少ないダメージを受けると予想されていましたが、もっと多くがメキシコを通じて市場に到達すると考えられています。

提案された休戦は、Biden政権が来年、サプライチェーン、輸出管理、人工知能基準の調整など、地域に焦点を当てたアジア諸国との「非常に強力な」経済フレームワーク協定に署名することを目的としています。 先週言った。

バイデン政権が想定することが、一部のアジア経済が要求する経済的参加レベルを満たしているかどうかは不明である。 日本などは米国主導の中国に対する反対を強化するための戦略の核心経済柱だった環太平洋経済同伴者協定(TPT)脱退を決定したトランプ大統領の決定を再考するようワシントンに促した。

Raimondo は CPTPP に「示されているように」再登録することは不可能であることを強調しました。

イギリスから輸入された鉄鋼とアルミニウムへの関税はそのままで、先週、RaimondoとAnne-Marie Trevelyanの英国国際貿易大臣は、来年初めに解決策を見つけることについて議論しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  トランプ政権中国軍関連企業への投資を禁止」米国資本を軍事開発に利用」| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close