世界

アメリカ、初めて「後退する」民主主義のリストに追加アメリカのニュース

国際IDEAシンクタンクは、米国が2019年に始まった「顕著な悪化」を指摘し、初めて民主主義の年間リストに「後退する」民主主義国家リストに追加されたと明らかにしました。

ストックホルムに基づく国際民主主義および選挙支援研究所によれば、世界中で4人のうち1人以上が後退する民主主義に住んでおり、権威主義または「ハイブリッド」政権が追加されれば3人2人以上に増加します。

報告書で「今年、我々は初めて米国を逆行に分類したが、我々のデータによると、逆転エピソードは少なくとも2019年に始まった」と話した。

同報告書の共著者であるAlexander Hudson氏は次のように述べた。 政府に対する牽制は、民主主義の基本に深刻な問題があることを示しています。」

報告書は「ドナルド・トランプ元大統領が2020年の米国大統領選挙結果の正当性について疑問を提起した2020-21年に歴史的な転換点が来た」と伝えた。

また、ハドソン長官は、警察がジョージ・フロイドを殺害した後、「2020年の夏デモが真っ最中の時、結社及び集会の自由の質低下」を指摘した。

International IDEAは、約160カ国の50年間の民主主義指標に基づいて評価を行い、それを民主主義(「後退」する国を含む)、「混合」政府、および権威主義政権の3つのカテゴリに分類します。

この組織のケビン・カサス・ザモラ事務総長は、「信頼できる選挙結果に対して競争しようとする傾向が増加し、選挙参加を抑制しようとする努力と双極化現象に見られるように、米国の民主主義が顕著に悪化している。 ..最も懸念される発展の一つです。

彼は連鎖効果について警告し、「詐欺の証拠なしに、2020年の選挙の暴力的な議論は、ミャンマー、ペルー、イスラエルなどのさまざまな地域でさまざまな方法で複製されました」と述べました。

退職する民主主義国家の数は、過去10年間で倍増し、世界人口の4分の1を占めています。 米国などの「既成民主主義国家」に加えて、EU加盟国であるハンガリー、ポーランド、スロベニアもリストに含まれています。

昨年リストされていた2つの国であるウクライナと北マケドニアは、状況が改善され、今年排除されました。 他の2つの国のマリとセルビアは、もはや民主主義国家とは見なされなかったので、リストから除外されました。

ミャンマーが民主主義から権威主義政権に移る間、アフガニスタンと乾燥は以前のハイブリッド政府というラベルからこのカテゴリに入りました。

2020年には、5年連続で権威主義を目指す国が民主化を経験した国より多かった。 International IDEAは、この傾向が2021年にも続くと予想しています。

グループの暫定評価によると、2021年には世界が98の民主主義国家(数年のうち最も低い数)とロシア、モロッコ、トルコを含む20の混合政府と中国、サウジアラビア、エチオピア、イランを含む47の権威主義政権を数えました。

カサス・ザモラ(Casas-Zamora)は、ハイブリッドと権威主義国家に退職する民主主義を追加することで、「私たちは世界の人口の約70%について話しています」と述べました。 「それは民主主義の質に根本的に深刻なことが起こっていることを教えてくれます」。

報告書は、民主主義の侵食の傾向がコロナ19ファンデミックが始まって以来、「より深刻になって懸念された」と述べた。

「一部の国、特にハンガリー、インド、フィリピン、米国は民主主義の違反に対応する措置を講じました。

Casas-Zamoraは「ファンデミックは特にファンデミックの前に民主主義と法律が病気になったところでいくつかの否定的な傾向を加速し拡大しました」と述べた。

READ  関係者、プエルトリコの距離で発見されたCovid-19ワクチンボックス調査

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close